酒田湊温泉 酒田ポートサイドリゾートSPA GARDEN

酒田湊温泉(本町温泉) 酒田ポートサイドリゾートSPA GARDEN
Dsc09803
(*2013年2月中旬訪問)
山形県酒田市の旧市街地に建つ、スーパー銭湯的な立寄り入浴施設です。
外観はとてもシンプルで、ホームセンターのようにも見えます。
浴室に入ると綺麗なエメグリ色のお湯が目に入ってきます。

 (つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

フルーツショップ青森屋

フルーツタルト@フルーツカフェ青森屋
Dsc09770
(*2013年2月中旬訪問)
山形県の鶴岡駅前にある果物屋さん『青森屋』に美味しいフルーツタルトがあると訊いたので、早速行ってみました。
『青森屋』はその名前の通り、初代が青森県からこの地へ,りんごを持ってきて始めたお店とのこと。
お店に入ると贈答品等を扱っている普通の果物屋さんですが、向かって右手壁際の階段を上っていくと…
シャレオツな雰囲気のカフェがありましたΣ(・ω・ノ)ノ。

 (つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

湯田川温泉 九兵衛旅館 ~お風呂編

湯田川温泉 九兵衛旅館 ~お風呂編
Dsc09523
(*2013年2月中旬訪問)
湯田川温泉の老舗、九兵衛旅館に宿泊しました(立寄り入浴は不可)。
大浴場は2つあり、時間により男女入替制になっています。

 (つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

湯田川温泉 九兵衛旅館 ~食事編

湯田川温泉 九兵衛旅館 ~食事編
Dsc09631
(*2013年2月中旬訪問)
夕食は食事処でいただきます。部屋毎に個室形式の席へ案内されるので、落ち着いて食事を楽しむことができます。テーブルは掘りごたつ状になっているのでとても楽です。
今回は温泉だけではなく、冬季限定メニュー、『寒鱈づくし』の料理も目的でした。テーブルにはお品書きが置いてあるのも嬉しいです。

 (つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

湯田川温泉 九兵衛旅館 ~宿泊編

湯田川温泉 九兵衛(くへえ)旅館 ~宿泊編
Dsc09480
(*2013年2月中旬訪問)
山形県湯田川温泉の温泉街から 甚内旅館の細い脇道に入ると、共同浴場「田の湯」があります。それに隣接するように、本日宿泊する『九兵衛旅館』がありました。こちらも創業300年余という老舗とのこと。
客室は落ち着いた和室となっていました。壁は漆喰で、8畳の和室の奥には2.5畳くらいの広縁があります。
広縁を仕切る障子には下半分にガラスが入っていて障子部分を上下に動かすことができる”雪見障子”になっています。

 (つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

湯田川温泉 甚内旅館

湯田川温泉 甚内旅館
Dsc09439
(*2013年2月中旬訪問)
山形県湯田川温泉にある鄙びた外観の旅館です。こちらも創業300の老舗旅館らしいです。
館内も昭和の設備&雰囲気といった感じです。
浴室は男女別の内湯が各1つあります。浴室には3~4人程が入れる かまぼこ型の浴槽が1つあります。41℃の適温で、さらキシキシの浴感が気持良い。

 
(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

湯田川温泉 理太夫旅館

湯田川温泉 理太夫(りだゆう)旅館
Dsc09409
(*2013年2月中旬訪問)
山形県の湯田川温泉にある温泉旅館です。3階建てで比較的新しい建物ですが、こちらも創業300年以上という老舗です。
玄関に入ると、土間が長い!落ち着きのある和風旅館の風情があります。
受付を済ませて早速浴室へ向かいます。
浴室の扉を開けると、あまり広くない浴室に円形の浴槽が1つ設置してあります。そして正面には、もう1つ扉が・・・。

 
(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)



| | コメント (0)

湯田川温泉 旅館 隼人

湯田川温泉 旅館 隼人
Dsc09361
(*2013年2月中旬訪問)
開湯1300年という古湯,山形県の湯田川温泉にある、創業300余年という老舗旅館です。
浴室は男女別の内湯が各1つあります。入口には「源泉100% 天然かけ流しの湯」の札が下がっており、期待が膨らみます。

 (つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

湯田川温泉 ますや旅館

湯田川温泉 ますや旅館
Dsc09331
(*2013年2月中旬訪問)
山形県鶴岡市にある湯田川温泉は、庄内三名湯といわれており、和銅5年(西暦712年)に白鷺によって発見されたという古湯です。そのため昔は「白鷺の湯」と呼ばれていたとか。
ますや旅館は、小ぢんまりとした温泉街の通り沿いにある客室11室の小さな旅館です。
立寄り入浴をお願いすると快く承諾して頂き、浴室へ向かいます。
浴室は男女別の内湯が各1箇所ずつあります。

 (つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

鶴岡駄菓子 梅津菓子舗

元祖 からからせんべい @梅津菓子舗
Dsc09274
(*2013年2月中旬訪問)
東北では駄菓子が各地で郷土菓子として発達し、特に仙台,会津,鶴岡のものが有名です。
山形県鶴岡市に、江戸・元禄時代創業の鶴岡駄菓子のお店があります。
鶴岡駄菓子の代表的な『からからせんべい』は、このお店が元祖といわれており、当時のままの製法でひとつひとつ手作りされています。

鶴岡駄菓子を守り続けて300余年,現在の店主で十代目という老舗 『梅津菓子舗』は、正面の大きなガラス引き戸を開けると、いきなり板の間になっており、駄菓子が木箱の中に並べて陳列されています。
老舗でありながら敷居は全然高くなく、庶民の生活に密着している雰囲気があります。

 
(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

«クラゲラーメン&クラゲアイス @加茂水族館