さんない温泉 三内ヘルスセンター

さんない温泉 三内ヘルスセンター (再訪)

100_9571_512 青森県の三内丸山遺跡の近くにある温泉です。
比較的大きな建物で、鄙びた湯治場的な風格がある外観です。
駐車場に車を停めた時点で硫黄臭が漂ってきますが、前回訪問時よりも臭いが弱いような気がします。

  

  Dscf2233_512

浴室には大きくて深めのプールのような浴槽がドーンとあり、ドバドバとお湯が掛け流しになったいます。

とりあえず浴室内に充満した湯気までもが濃厚で、浴室全体がサウナ状態。湯に浸かる前に体を洗っているだけで湯あたりしそうになります(笑)

お湯は淡緑色白濁(透明度30cm)で,強塩味があります。

以前訪問した時は,油臭混じりの濃厚な肥溜め系硫黄臭が浴室内を充満していたのですが、今回はマイルドな硫黄臭で、臭気も弱くなっていたので ちょっと拍子抜けしました。

でもお湯は以前と変わらず とにかく力強い入浴感で、1分間くらい浸かっただけで どーっと疲れて大汗をかきます。そのくせ つるつるすべっとした気持ちの良い浴感で、何度でも入りたくなってしまいます。
神がかり的に温まるお湯なので、自己管理が重要です。早めに休憩をしないと確実に湯あたりすると思うので注意が必要です。

浴槽周辺は白~アイボリー色硬質の析出物でコーティングされており、成分の濃さが感じられて「素敵」と思う反面、浴槽内部は成分によってコンクリートが荒されてボロボロになっており、座ると痛い箇所があるので お気を付けあそばせ。

ちょっと残念なのは、洗い場の場所取りマナーが良くないこと。多量の汗をかくので、洗い場を確保しておきたい気持ちはわかりますが、道具やタオル等を広げたまま長時間入浴している人が多すぎ。
地元の方々は気にせずに横から使用していますが、観光客風の方々は洗い場難民になっていました。そういう意味で よそ者には ちょっと敷居が高い温泉のような印象を受けました。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪♪ 
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 ようござんす度:A(鄙びセンター系のパワフル湯。)

****  施設データ ************* 

源泉名:三内ヘルスセンター温泉
泉質:含硫黄-Na-塩化物泉,46.0℃,成分総計:14680mg/kg
住所:青森県青森市三内字沢部306-1
電話番号:017-766-0185
営業時間
:8:30~21:00 \350 

| | コメント (0)

浪岡温泉 浪岡駅前温泉

浪岡駅前温泉

100_9487_512青森市(旧浪岡町)にある公衆浴場です。比較的新しい温泉銭湯といった外観です。

  

  

  

  

Dscf2224_512浴室には12人くらいが入れそうな深めのL字型浴槽が1つあり、静々とお湯が掛け流されています。

モール系の黒湯ですが,湯口では卵臭味があり、見かけよりもつるすべ感が弱いです。わずかに気泡が浮遊していましたが付きは良くありませんでした。
湯温は43℃ですが、ちょっと熱めに感じるトンガリ湯で、浴後さっぱり感がありました。

Dscf2227_512_2Dscf2230_512こちらの湯口は大顔のライオンげーで、頬がこけたファラオ系でした。   
眉間にしわを寄せて苦しそうに静々とお湯を吐いていました。

  

  

  

Dscf2228_512浴槽内は小さな黒タイルでできているので、底が見えぬ程の濃い黒褐色をしていますが,カランから出てくるお湯は薄い色をしていました。こちらのお湯からは硫黄系の臭いはしなかったなあ。

後から地元の方らしいお客さんが2人程来ましたが、一言も発する事がなく、とにかく静々とした雰囲気の温泉銭湯でした。 

  

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 ようござんす度:B(閑静な駅前の黒湯銭湯。)

****  施設データ ************* 

源泉名:浪岡温泉
泉質:アルカリ性単純温泉
住所:青森県青森市浪岡大字浪岡字細田87-14
電話番号:0172-62-7879
営業時間
:6:00~22:00 \300 

| | コメント (0)

浪岡温泉 花岡荘

浪岡温泉 国民保養センター 花岡荘

100_9481_512100_9482_512_2 青森市の浪岡温泉にある公共の温泉です。
外観は鄙びた公民館のようですが、何故か廊下には「BATH→」のモダンなデザインの壁があったり,その模様の上に無造作に貼り紙がしてあったりします(笑)。

  

100_9485_512_2浴室には深めの15人くらいが入れる大きさの浴槽が1つあり、アメリカンコーヒー色のお湯が掛け流されています。
この掛け流し量が尋常ではなく、常時床にお湯が流れている状態で、ついついトドになってしまいたくなります。

つるすべした浴感と温泉鉱物臭,やや濃い目の塩味があります。湯温が44℃とやや高めで、浴室内がサウナ状態のこともあり、よく温まります。  

Dscf2216_512Dscf2217_512  

  

  

  

  
  

湯の成分により湯口周辺や浴槽周りは赤茶色に染まっていました。
勢いよく大量にお湯が注がれているので、湯口ではぶくぶくにお湯が泡立っていて 迫力がありました。

カランのお湯も源泉で、浴槽のお湯よりも新鮮で肌触りがよいです。カランの水がすごく冷たくて,温まり浴室の中のオアシスに感じました。
泉質,鮮度が良く,多量掛け流し,低料金の温泉が、街角に当たり前のようにあるというのは何とも羨ましい。ビバ!青森。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 ようござんす度:A(モール系ドバドバかけ流し温泉。)

****  施設データ ************* 

源泉名:花岡源泉
泉質:Na-塩化物泉,47.3℃,成分総計:6254mg/kg
住所:青森県青森市浪岡大字女鹿沢字野尻14-1
電話番号:0172-62-3023
営業時間
:7:00~20:00 \250 3水曜休

 

| | コメント (0)

神原温泉 弘前市老人福祉センター 瑞風園

神原温泉 弘前市老人福祉センター 瑞風園

100_9478_512100_9475_512  

  

  

  

  
   

弘前市にある福祉センター系の温泉です。地元の老人は無料で入浴できるらしく 羨ましい限りです。
市外の人も\250とお安い料金で入浴することができます。受付で料金を支払い、名前と住所を記入して早速浴室へ向かいます。

脱衣所はコンパクトで無駄のない造りですが、ちょっとした小上がりがあり、老人の方々がゆっくりと着替えができる仕組みになっています。

100_9474_512

小ぢんまりとした浴室には12人くらいが入れそうな浴槽が1つあります。
ほぼ無色澄明で、茶褐色コケ状の湯花が少々と多量の気泡が浮遊しています。
43℃の適温のお湯で、微卵臭味,極微松ヤニ臭があります。

湯口は浴槽内にあるので源泉投入量を見ることはできませんが、浴槽から ざあざあと多量のお湯が溢れ出ています。

Dscf2211_512_3お湯の鮮度が良く、気泡の量,付きともに良好です。浴槽に入ると あっという間に 気泡に包囲され、アワアワ状態になります。それを手で拭うとぬるっとした浴感があり、かなり気持ち良いお湯です。

適温な上、柔らかくて入り心地が良いお湯なので、ついつい長湯をしてしまいます。温まり過ぎないように自己管理しながら休み休み入りました。この温泉に毎日無料で入浴できる弘前市の老人は幸せだなあ。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 ようござんす度:A(老人福祉系アワアワ温泉。)

****  施設データ ************* 

源泉名:神原温泉
泉質:Na-塩化物・炭酸水素塩泉,39.8℃,pH7.8,成分総計:1049.5mg/kg
住所:青森県弘前市大字高杉字神原93-2
電話番号:0172-95-3535
営業時間
:4月~10月:10:00~20:00  11月~3月:10:00~17:00  \250 

 

| | コメント (0)

板柳温泉 板柳温泉旅館

板柳温泉 板柳温泉旅館

100_9460_512100_9461_512 

  

  

  

 
   
JR五能線 板柳駅のすぐ近くにある温泉旅館です。隣に建つ昭和レトロな外観の「板柳公衆浴場」は 以前入ったことがありましたが、こちらの旅館部は初めてです。

かなりの鄙びっぷりで、外壁などは壊れかけています。営業しているようには見えませんが勇気を持って訪ねてみると、宿泊はできないが 入浴は可能とのこと。
家族風呂と混浴の大浴場があります。

【家族風呂】

100_9468_512100_9463_512  

  

  

  

 
  
家族風呂の扉が4つ並んでいます。手前から「角風呂」「りんご風呂」「岩風呂」「寝風呂」と名前が付いています。一番手前の「角風呂」は人の気配は無いのに何故か扉が開きませんでした。その隣は「りんご風呂」。りんごの形をした浴槽です。

100_9469_512100_9471_512   

  

  

  

 
  

その次は「岩風呂」。湯口付近に岩風の石が積んであります。
「寝風呂」は少し浅めの浴槽で、湯口付近のタイルが枕状になっています。
この他、大浴場の隣にもう1つ家族風呂がありますが、先客が入っていたので見学はできませんでした。

Dscf2197_512折角なので青森らしい「りんご風呂」をチョイスしました。1人用の小ぢんまりとした浴槽があり、湯の成分で赤褐色に染まったタイルが、りんごっぽさを演出しています。
淡黄を帯びた透明のお湯で、卵臭味と塩味があります。

  

  

  

Dscf2195_512Dscf2187_512 小さな浴槽に充分過ぎる程のお湯がかけ流しになっており、鮮度抜群でやや強いつるつる浴感が楽しめます。

43.5℃の適温ですが、かなり温まりの良い食塩泉です。

しかし建物の老朽化は著しく、脱衣所と浴室の間の扉が自然に開いてしまうので、扉に重りとして水道の蛇口が吊るされていました。

【大浴場】

100_9467_512_2Dscf2199_512脱衣所は男女別ですが 浴室は混浴です。女性用の脱衣所は便所のすぐ近くなのでアンモニア系の刺激臭がしました。

丸型の大きな脱衣篭が置いてありました。隣の板柳温泉公衆浴場で使われているのと同じ篭です。経営者が同じなのかな? 

  

100_9464_512窓が大きく明るい浴室の中央に10人くらいが入れそうな浴槽が1つあります。

浴室の床はタイル製のようですが、灰色硬質の析出物に薄くコーティングされていてコンクリート製のように見えます。  

  

  

  

100_9466_512Dscf2201_512 

  

  

 

 
   

結構な量のお湯がかけ流しになっている鮮度の良いお湯で、42.5℃と適温です。
浴槽周りにもコッテリとした灰色析出物があり、見た目よりも濃い成分のお湯であることを確認できます。
他にお客さんが来なかったので貸切状態で広い浴槽でまったりとすることができました。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 ようござんす度:A(激鄙び系。鮮度良好温泉)

****  施設データ ************* 

源泉名:板柳温泉
泉質:Na-塩化物泉
住所:青森県北津軽郡板柳町大字福野田字実田47-13
電話番号:0172-73-2152
営業時間
:8:00~19:00 \400 

| | コメント (0)

前田観光タクシー 桜温泉

前田観光タクシー 桜温泉

100_9446_512100_9453_512 

  

  

  

 
   

弘前市郊外の住宅地にある温泉旅館兼 公衆浴場です。同経営のタクシー会社と同じ敷地内にあります。
外観,内装ともに綺麗で立派な施設です。ロビーも広々としています。

100_9451_512 主浴槽は肌触りの良いヒバ製で、2つに区切られています。手前側は15人,42℃の浴槽、 奥側は6人,45℃の浴槽で、湯口から源泉がドバドバかけ流しになっています。 

温い方の浴槽は薄い緑褐色半濁,熱い方の浴槽は濃い緑褐色濁(透明度30cm)のお湯で、土類塩臭味,まろ甘塩味,金気味,ピリっとした炭酸味と すべキシした浴感があります。中々力強いお湯でよござんす。

100_9450_512100_9447_512   

  

  

  

 
    
老齢のご婦人がヨロヨロと浴槽に近づいたかと思うと、2つの浴槽の細い区切りの上に寝転んでトドになっていました。すごいトド根性ですな。いつ落っこちるかとドキドキしました。

露天風呂は3人くらいが入れる大きさの樽風呂で、囲いがある上 天井には葦簾が掛かっているので景観は望めませんが、和風の良い雰囲気です。
施設も綺麗で お湯も良く,料金も安いので、万人に喜ばれる公衆浴場だと思います。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 ようござんす度:A(お湯も雰囲気も良い公衆浴場。)

****  施設データ ************* 

源泉名:桜温泉
泉質:Na-塩化物・炭酸水素塩泉,48.0℃,pH6.6,成分総計:6566mg/kg
住所:青森県弘前市大字賀田2丁目11-2
電話番号:0172-82-4332
営業時間
:6:00~22:00 \350 

| | コメント (0)

羽黒温泉 民宿 ぶなこ (お風呂編)

羽黒温泉 民宿 ぶなこ (お風呂編)

【内湯】

100_9444_512_2100_9407_512 

  

  

  

 
   

料理民宿  ぶなこの内湯。脱衣所から既に手作り感が漂っています。

100_9408_512

浴室には浴槽が2つありますが、奥の小さな方は軽く50℃を超えていましたので入れませんでした。

手前の1.5人用の浴槽は48℃の高温。申し訳ないが加水して…と思ったら、水がちょろちょろとしか出てきません。(運が悪いことに,この日は水道トラブルがあって夜中~朝方まで水が止まってしまっていたらしい。)
その間にも高温の源泉がダバっとかけ流しになっているので、湯口の近くに置いてあったパイフ管を使い 源泉を浴槽外へ出しながら湯もみして やっとのことで47℃まで下げて入浴しました。  

100_9409_512Dscf2140_512  

  

  

  

 
   

緑褐色微濁(透明度30~40cm),香ばし鉱物臭と鉄+土類塩味があるお湯です。
淡茶コケ状の浮遊物が多く,浴槽や湯口周りには淡茶硬質の付着物がコテっとあり、湯の成分の濃さを覗えます。
すべキシした浴感で、湯上りは さらりとするベビーパウダーの湯です。

内湯は1つしかないので、各部屋でゆずり合って使用します。入浴後は脱衣所の扉を開けて電気を消すルールになっています。次の人にお風呂が空いていることを知らせるサインだそうです。

  

【露天風呂】

100_9422_512 露天風呂は食堂広場の隅にある、小さな扉から庭に出ます。少し歩くと 川沿いのちょっと高くなった所に白い小屋があります。
夜に行く時は懐中電灯を持って行かないと、周囲が真っ暗なので危険です。(これらの しきたりについては、最初に女将が館内を案内してくれる時に細かく説明してくれます。)

 

100_9419_512100_9417_512白い小屋の川側の側面に脱衣所があります。
ちなみに この白い小屋はご主人のアトリ工工房になっていました。   

  

  

  

100_9404_512_2川沿いにある岩風呂もご主人作で、7~8人くらい入れるような大きさです。
自然豊かな環境を生かした 素朴な浴槽で、すぐ傍らを流れる川を眺めつつ、せせらぎを聞きながらの入浴は とても癒されます。

45℃と熱めのお湯なので、岩に腰掛けての森林浴と交互で入浴を楽しみました。   

  

100_9430_512100_9429_512    

  

  

  

 
  

湯口付近は析出物でコテコテになっており、源泉を受け止める皿のような造形物ができていて芸術的です。
シャンプーや洗面器が置いてありますが、どこで洗うんだろう?浴槽から川の方へ一段下りた所に、わずかな平地がありますが、ここが洗い場でしょうか? 

100_9436_512100_9437_512  

  

  

  

  
  

露天風呂と母屋の間の庭に、残雪があり,青いコンテナが埋まっていました。りんごを保存する天然の冷蔵庫らしく、女将が「味が落ちているのでも良ければ、帰りに持たせるから。」と言ってくれました。
その奥には 宿所有の雪上車があり、冬になるとお客を乗せて、岩木山の方にスキーへ行く事もあるそうです。

Dscf2239_512Dscf2179_512   

  

  

  

 
   

↑こんなに沢山のりんごを持たせてくれました。酸味は薄くなっていますが、甘さ,歯応えが相方A氏好みなので大喜びです。
もう一つ,りんごジュースもお土産に頂きました。このカート缶のデザインはご主人がされたのだそうです。すごいなー。

「こんな(個性的な)宿だから 様子を知らない初めての人は断ることもあるのよ 」と女将談。「次回来る時は、予約の時に「泊まったことがある」と言ってくれればいいから。」と言って頂きました。

私的には「個性派経営者のおもてなし宿」ベスト3に入る逸材と思います。(ちなみにその他2つは 山形県の海老鶴温泉,熊本満願寺温泉のバックパッカーズ山肴です。)
商売っ気がなくマイペース。経営者の人柄がそのままに 自然体のサービスになっている。こういう宿,大好物です。

Dscf2180_512 弘前から この宿へ向かう途中には「岩木山麓の世界一長い桜並木」があります。
季節が丁度良かったらしく、全長20km,6500本の「オオヤマザクラ」が花盛りでした。(訪問時:2009.5初旬)

  

  

  

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 ようござんす度:A(コテコテ系温泉の超個性派もてなしの宿。)

****  施設データ ************* 

源泉名:秋田2号泉
泉質:Na・Mg・Ca-塩化物・炭酸水素塩泉,55℃,pH6.3,成分総計:3537mg/kg,湧出量:132L/分
住所:青森県弘前市大字常盤野字黒森18
電話番号:0172-83-2428
宿泊:\3500

日帰り入浴:不可

| | コメント (0)

羽黒温泉 民宿 ぶなこ (建物編)

羽黒温泉 民宿 ぶなこ (建物編)

100_9444_512 嶽温泉の程近く,岩木山のふもとにある食堂民宿です。
三角屋根が印象的な外観で,看板がなければ温泉民宿とはわからないでしょう。  

こちらは日帰り入浴不可なので宿泊しました。GW中だったので多分ダメだろうなと思いつつ前日に宿泊予約の電話をかけたら「丁度キャンセルが出たのでいいですよ。」とのことでした。ラッキー。

100_9405_512100_9406_5121階の玄関に一番近いお部屋に通されました。随分と長細い10畳間で,出入口が2つ,電灯が3つあります。

テーブルにお茶セット,テレビ,ストーブと必要最小限の備品があり、布団はセルフで敷きます。   

  

  

100_9410_512100_9413_512   

  

  

  

 
    
部屋の内装は手作りチックで、壁は乾燥した木の切り株を薄くスライスしたような素材を貼り,天井は葦簾のような素材が貼られています。津軽凧絵のような絵が飾られていて とても個性的です。

Dscf2138_512100_9421_512   

  

  

  

 
  

テレビが乗ってる台の上に 浴衣やシーツが並んでいました。この台はご主人作で、下には温泉が流れるパイプが通っていて温かいのです。
青森の5月はまだ寒いですから、浴衣やシーツを このように温めておいてくれるのは嬉しいです。この温熱台は食堂広間にもあり、こちらにはお客さん用の座布団が温めてありました。これぞ本当の温かいおもてなしだなあと思います。

100_9420_512_2

竹を割った話口の女将さんが、テキパキと館内を案内してくれました。

この食堂広間の素敵な放射状の食卓もご主人作。大工仕事の他にも,露天風呂を作ったり,料理をするのもご主人なのだそうです。
「何でもできるカッコイイ旦那さんですね。」と言うと 女将は「この宿はお父さんがいないとダメなのよ。私は案内するだけ。」とちょっと誇らしげに笑っていました。仲良しご夫婦ですね。

館内に飾ってある大きな風景写真も、ご主人が撮影したもので、寡黙で多趣味な御仁でした。

100_9443_512折角食堂民宿に泊まるということで,朝食付にしました。 

一般的な朝食メニューで、目玉焼き,ハム付野菜,鱒の塩焼き,山菜小鉢3種,納豆,味付け海苔,梅干,ご飯とみそ汁でした。
山菜小鉢の味付けが良く、他の宿泊客が山菜の種類について訊いていました。

飾り気のない温かい雰囲気で、この食卓を囲んで食事をすると、知らないお客さん同士でも会話が弾むから不思議です。  

(お風呂編へ つづく)

| | コメント (0)

小松野温泉 旬楽

小松野温泉 旬楽

100_9401_512100_9399_512 

  

  

  

  
  

弘前市百沢にある食堂に併設した温泉施設です。ここは食事を兼ねて立ち寄るつもりでしたが,食堂は食事会で貸切のような雰囲気だったため,今回は入浴だけ利用しました。
食堂部の奥に男女別の浴室があります。

100_9397_512 明るい浴室には 6人くらいが入れそうな大きさのタイル製浴槽があり,淡黄土色半濁,何故かワカメのような爽やかな香りと土塩類味があるお湯がかけ流されていました。

浴槽まわりはアイボリー色硬質の析出物でコーティングされており,お湯の成分の濃さが覗えます。

  

  

Dscf2131_512Dscf2134_512 

  

  

  

  
  

44.5℃の熱めのお湯がドボっとかけ流しになっており、お湯の鮮度も良好です。すべキシとした浴感があり,よく温まる力強いお湯でした。

  

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 ようござんす度:A(食堂併設型 すっきり系の力強い温泉。)

****  施設データ ************* 

源泉名:佐藤温泉2号
泉質:Na・Mg-炭酸水素・塩化物泉,45.8℃,pH7.0,成分総計:2000mg/kg
住所:青森県弘前市大字百沢字小松野87-505
電話番号:0172-83-2050
営業時間
:要確認 \300 

| | コメント (0)

あいのり温泉 羽州路の宿 あいのり

あいのり温泉 羽州路の宿 あいのり

100_9392_512100_9379_512  

  

  

  

 
   

国道7号線の矢立峠の近くにある温泉です。以前は大きな建物からウォータースライダーが飛び出しているような、独特な外観のホテルの廃墟がありましたが、その隣の敷地に新しく平屋建て和風の宿泊施設ができていました。

内湯は 清潔なタイル製の10人程が入れそうな浴槽が1つあり、湯温42.5℃のお湯がかけ流しになっています。無色澄明の単純泉で 特に大きな特徴はありませんが,柔らかい浴感の心地良いお湯です。

100_9388_512露天風呂は15人以上は入れそうな立派な岩風呂で、内湯と同じ無色澄明,41℃の単純泉がかけ流しされています。
大きな庭園風の露天風呂で、こんなに雰囲気の良い温泉に\300で入浴できるとは、さすが青森県のレベルは高いです。

  

  

  

100_9387_512100_9381_512   

  

  

  

  
  

露天の入口付近には もう1つ露天風呂があり、こちらは別源泉の赤湯を使用したお風呂です。2人くらいが入れる小ぢんまりとした木製の浴槽には緑褐色微濁のお湯がボコッとかけ流しになっています。
近くにある古遠部温泉に似ている印象のお湯で、古遠部温泉と比較して投入量が少ないため、鮮度は良くないですが,塩分,土類エグ味が強く,炭酸・金気が弱い感じです。

100_9383_512Dscf2129_512  

  

  

  

 
   

常連客らしき人がず~っと入っていて中々空きませんでしたが、隙を見てやっと入れました。
炭酸入りのため,湯口からはボコッボコッと不規則な音をたててお湯が出ています。湯温は42℃の適温で炭酸の清涼感とキシキシした浴感があります。
湯面からは濃い炭酸の危険な香りがするので長湯には注意が必要です。置いてある砂時計は長湯防止のためかな?
炭酸鉄泉の宿命ともいえる吸血系の虫対策のため、近くに蚊取線香が置いてありました。それでも「隙あれば」という感じでスタンバイしている吸血系の小虫の視線を感じながら入浴しました。

100_9393_512広い駐車場の片隅には無料で入れる足湯があり,地元の女子高生?がおしゃべりを楽しんでいました。
地元の人も観光客も両方楽しめる,設備,お湯ともに良好な温泉でした。 

  

  

  

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 ようござんす度:A(2種類の泉質が楽しめる。)

****  施設データ ************* 

【赤湯】
源泉名:相乗1号源泉
泉質:Na-塩化物泉,43.4℃,pH7.23,成分総計:1030mg/kg,自然湧出
【澄明湯】
源泉名:相乗2号・3号・4号源泉
泉質:単純温泉,52.4℃,pH8.35,成分総計:523mg/kg,湧出量:83L/min(自噴)

住所:青森県平川市碇ヶ関字西碇ヶ関山185
電話番号:0172-49-5005
営業時間
:6:00~20:00 \300 

  

| | コメント (0)