御所湖温泉 ホテル花の湯

御所湖温泉 ホテル花の湯

Dsc01077_512

岩手県雫石町の御所湖の近くに建つ温泉ホテルです。広々とした敷地にある綺麗なお宿です。 

Dsc01095_512Dsc01093_512

エントランスも広々として気持ち良いです。脱衣場もピカピカで綺麗。 

Dsc01078_512

浴室に入ってまず驚くのは、床を流れる大量のお湯。湯尻とか関係なく,浴槽縁全体からお湯がかけ流しになっています。
長方形の18人程が入れる42.5℃の浴槽で、ほぼ無色澄明,コク卵臭味,重曹系の清涼薬味があるお湯です。細かい気泡が舞っていますが 泡付きはあまり良くなく,じっと待つと少し付く程度。つるっすべ!とした浴感がすごぶる良い。

Dsc01084_512Dsc01083_512

湯口からはお湯がドボドボ注がれており、鮮度良好です。床に転がってトドになりたい衝動に駆られますが、恥かしいので我慢です。

Dsc01086_512_2Dsc01088_512
Dsc01087_512

露天風呂は屋根付きで10~12人程が入れる39℃の岩風呂。ドボーっとお湯が注がれかけ流しになっています。囲いがあるので景観はあまり望めず、ただ外にあるお風呂といった感じです。鮮度抜群の内湯の方が好みですね。
立寄り\800はちとお高めですが、鮮度,質ともに良好なお湯を楽しめるので良いでしょう。時間のある時にゆっくりと過ごしたい温泉でした。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪
総括:山間の広々温泉ホテル型 ドボドボかけ流し系つるすべ温泉
ようござんす度:A(大量掛け流しの新鮮湯。)

****  施設データ *************

御所湖温泉 ホテル花の湯
住所:岩手県雫石町西安庭27-4-1
源泉名:大勲の湯
泉質:アルカリ性単純温泉,45.5℃,pH9.1,湧出量:183L/min(動力揚湯),成分総計:0.7140g/kg
電話番号:019-692-1050
営業時間:10:30~19:00
入浴料:\800 

| | コメント (0)

鶯宿温泉 川長山荘

鶯宿温泉 川長山荘

Dsc01026_512Dsc01058_512

岩手県の鶯宿温泉のお宿ですが、温泉街から少し離れた所に立地しています。鶯宿川沿いにある鄙びた温泉街とは異なり、比較的新しく,敷地も広々としています。

Dsc01057_512Dsc01029_512

内装は純和風で、木製の床がピカピカ光っており清潔です。奥には湯上がり休憩に使用できる小上がりもあります。 

Dsc01028_512Dsc01031_512

木のうろを使用したような回転椅子は中山平の琢秀にもあったなあ。男女別の浴室には小さな暖簾が下がっています。 

Dsc01033_512Dsc01035_512

脱衣所も広々しており清潔。区切られたスペースの中はベビーベットがあり、授乳もできるようになっています。 

Dsc01036_512

広々とした浴室には休憩用のイス・テーブルが置かれています。浴槽が2つあり、正面窓際には20人程が入れる大きさの43℃の浴槽があります。

Dsc01039_512Dsc01041_512
Dsc01042_512

ほぼ無色澄明で つるすべ浴感がある鮮度の良いお湯です。三角形の山型湯口からはトポっとお湯が注がれ静かなかけ流しになっています。
湯口にはコップが置いてあるので飲泉可かしら?ほんのりコク卵臭味と薄ーい塩味があり、うまいお湯です。ベビーバスと専用の湯桶も置いてあり、幼児連れのお客さんにも優しい浴室になっています。 

Dsc01037_512Dsc01038_512

浴室に入ってすぐ右には6人程が入れる45℃の浴槽があります。蛇口状の湯口からはイイ感じにお湯が注がれ,かけ流しになっています。
湯温が高いのと,湯気がこもっているので、温まり過ぎて長湯ができないのが残念。カランのお湯からもなんとなく温泉鉱物臭がしました。

Dsc01044_512      

露天風呂は屋根付きの立派な岩風呂で、やや深め(60㎝)の18人程が入れる42.5℃の浴槽になっています。 

Dsc01047_512Dsc01049_512
Dsc01056_512

囲いがありますが、周囲の木々を眺めながらの入浴を楽しめます。
湯口のホースは浴槽の中にありますが、持ち上げてみるとダポダポと結構な量のお湯が注がれていることがわかります。

Dsc01050_512

湯尻からはお湯がかけ流されており、鮮度良好。つるつるした浴感があり、この浴槽のお湯が一番気持ち良かったかな。露天は湯気がこもらないので快適に入浴することができました。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪♪
総括:広々純和風温泉宿型 卵風味鮮度良好系温泉
ようござんす度:A(お湯よし,設備よし。)

****  施設データ *************

鶯宿温泉 川長山荘
住所:岩手県岩手郡雫石町鶯宿10-31-23
源泉名:あさひの湯
泉質:アルカリ性単純温泉,51.9℃,pH8.9,湧出量:475L/min(動力揚湯),成分総計:0.6075g/kg
電話番号:019-695-2171
営業時間:9:00~20:30
入浴料:\500

| | コメント (0)

鶯宿温泉 うぐいす湯の里公園 足湯

鶯宿温泉 うぐいす湯の里公園 足湯

Dsc00988_512 Dsc00989_512

鶯宿温泉の小枝旅館の向かいくらいに、綺麗に整備された公園があります。 

Dsc01020_512

その一角には屋根付きの立派な足湯がありました。

Dsc01019_512Dsc01023_512_2 

湯温は43℃と適温,かけ流しで鮮度良好のお湯を無料で楽しめます。訪問時は11月初旬だったため、渓谷の木々の色付きも美しく快適な足湯でした。 

Dsc01025_512_2

鶯宿川沿いには遊歩道も整備されているので、湯上がりに散歩を楽しむのも良さそうですね。
 

鶯宿温泉 うぐいす湯の里公園 足湯
源泉名:鶯宿温泉 杉の根の湯 (混合泉)
泉質:アルカリ性単純温泉,57.9℃,pH8.7,ラドン含有量:0.521×10^-10ci/kg,成分総計:0.6446g/kg
入浴自由   

| | コメント (0)

鶯宿温泉 小枝旅館

鶯宿温泉 小枝旅館

Dsc00990_512_2Dsc00991_512   

岩手県盛岡の奥座敷と呼ばれる鶯宿温泉の小ぢんまりとした旅館です。ド派手なタイル仕立ての外観と、「小技」と呼んでしまいそうな旅館名に惹かれて、こちらで立寄り入浴をお願いすることにしました。
玄関横には掛け流しの飲泉所もあり、湯量豊富なところを見せつけています。

Dsc00993_512Dsc00998_512

館内も…何かすごく派手な感じ?特に建具関係が赤!「ごめんください」と2~3回声を掛けると女将が出てきたので立寄り入浴をお願いすると快く歓迎ムード。 

Dsc01003_512Dsc01004_512_2

浴室の前まで案内して頂き、「貸切風呂にできますよ?」と言われましたが、別浴で入浴しました。基本男女別の浴室ですが、「家族で入っています」の貼り紙を扉に貼れば、家族風呂に早変わりです。
この貼り紙が浴室の向かい壁の,配管を塞いだ金属の上にガムテープで貼ってある大らかさがよござんすね。

Dsc01005_512Dsc01015_512

女湯の脱衣所は狭くて古びていますが、きちんと清掃されています。
浴室への扉は自動で閉まるようになっていますが、よく見ると下にはパンツのゴム!が仕掛けられていました(爆)

Dsc01006_512Dsc01011_512

浴室も派手ですね!鮮やかな赤と群青のタイルが市松柄に配置されています。
6~7人程が入れる長方形の浴槽は44℃とやや熱めになっていました。湯口は浴槽内にあり,56℃くらいのお湯が注がれています。投入量はよくわかりませんが、湯尻からお湯がトロトロと溢れており、少量掛け流しになっているようです。

Dsc01010_512Dsc01012_512

ほぼ無色澄明,ほぼ無味無臭の綺麗なお湯です。細かい灰色膜状浮遊物がちらっと舞っており、さらキシっとした浴感があります。大きな特徴のあるお湯ではありませんが、鮮度も良く,湯上がりは芒硝泉っぽいさっぱり感がある気持ちの良いお湯でした。
それにしても素敵な浴室です~。浴槽周りのタイルは赤色のみが褪色しているのが面白いですし、窓ガラスもヒビが入っていますが、切り子っぽいガラスを使用しています。

Dsc01014_512Dsc01016_512

洗い場のカランは硫化水素系の成分によって黒っぽく変色しています。シャンプー,ソープ類も家庭サイズで,子供用に象さんジョウロが置いてありました。

【男湯】

Dsc00994_512  

男湯は一回り大きい正方形の浴槽だったようです。

Dsc00999_512Dsc01017_512

掲示板には「源泉かけ流しの湯っこです」という頼もしいお言葉が。バスタオルも\50で借りれるようなので、手ぶらで訪問できますね。自転車も貸してくれるようで、家庭的なサービスが嬉しい温泉旅館でした。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪♪
総括:個性派外観系温泉旅館型 新鮮さっぱり系温泉
ようござんす度:A(手頃な料金でさっぱりしましょう。)

****  施設データ *************

鶯宿温泉 小枝旅館
住所:岩手県岩手郡雫石町鶯宿第6地割24-4
源泉名:鶯宿温泉 (杉の根の湯)
泉質:アルカリ性単純温泉,57.9℃,pH8.7,湧出量:788L/min(動力揚湯),ラドン含有量:0.521×10^-10ci/kg,成分総計:0.6446g/kg
電話番号:019-695-2126
営業時間:要確認
入浴料:\300      

| | コメント (0)

八幡平南温泉 旭日之湯 ~お風呂編

八幡平南温泉 旭日之湯 ~お風呂編

Dsc00984_512_3

岩手県の八幡平市(旧松尾村)にある温泉宿です。今回は宿泊で利用しましたが、日帰り入浴客にも人気があるようです。

【浴室1】 

Dsc00892_512Dsc00891_512 

浴室利用時間は夜~22:00。日帰り客と同じ時間なので大賑やかでした。浴槽は男女日替わりで、翌日朝は別の浴室を利用することになります。
暖簾をくぐると、左右に同じような脱衣場があります(??)。

Dsc00893_512Dsc00889_512

脱衣棚に挟まれてある洗面台も何か個性的。
浴室は向かって右側が長湯用浴槽で、湯口の投入量を絞って湯温を下げた浴槽とのことです。

〈右浴槽(長湯用浴槽)〉

Dsc00919_512

では早速浴室へ。5人程が入れる大きさの浴槽が1つあり、湯温は40℃と温めになっています。

Dsc00915_512Dsc00916_512

緑褐色を帯びた微濁,弱金気臭味と薄まろ塩味があります。さらキシとした浴感でよく温まるお湯です。湯口からはお湯がトポトポと注がれており、飲泉可能なのかコップが置いてあります。

Dsc00918_512Dsc00917_512  

洗い場にはシャワー付カラン1つの他,掛け湯槽がドカッと置いてあり、その両側に水蛇口が2つあります。何とも豪快な洗い場ですね(笑)。大窓は露天風呂への入口になっています。

〈左浴槽〉

Dsc00922_512

向かって左側浴室は5人程が入れる大きさで,44℃とやや熱めの浴槽が1つあります。先程の長湯浴槽の左右対照バージョンといった感じですが、湯温が高いことと,より一層湯気がこもっていることで、よく温まり,ヘロヘロになります。

Dsc00923_512Dsc00903_512

こちらの洗い場も同様に掛け湯槽が置いてありました。
こちらの大窓からも露天風呂へ行けます。温まり過ぎた頭を冷やすのに最適そうな露天風呂ですね。
左右の浴室へ移動する際,脱衣所側から行くと一旦 土間を下りる必要があるので、皆さん露天風呂経由で移動していました。窓から出入りするB級感が素敵です。

〈露天風呂〉

Dsc00899_512

窓の外にあるベランダ状の場所に木で造られた露天風呂がありました。
屋根や囲いはありますが、昼間ならば周囲の緑を眺めながらの入浴ができそうです。 

Dsc00912_512Dsc00901_512

浴槽は4人程が入れる大きさで39℃と温めになっていました。湯口の他に掛け湯槽内部から余剰分がこちらに注がれるシステムになっているようです。頭を冷やしながらじっくりと入浴できる露天風呂でした。
地元の常連さんらしきご婦人とお話をさせて貰いましたが、痛みに効く温泉らしく,体に痛い所があると この温泉に入りに来るそうです。

 

【浴室2】

Dsc00939_512Dsc00943_512

翌朝はもう1つの方の浴室へ。立寄り入浴時間は9:00~なので、朝はゆっくりと入浴を楽しめます。暖簾をくぐり階段を下ると、正面にはマッサージチェアと扇風機が。 

Dsc00944_512Dsc00945_512

脱衣所はやや古びて傷んでいますが、普段使いの温泉といった雰囲気が伝わってきます。
 

Dsc00950_512

大きな窓があるので明るく,木立を眺めながらの入浴を楽しめます。横長浴槽は10人+深いエリア6人程が入れる大きさです。60cm程の深さですが、最も深いエリアでは1m程あるので注意が必要です。 

Dsc00957_512

適温のお湯ですが、浴室に湯気が充満しているので少々息苦しく,実温よりもよく温まる感じがします。 

Dsc00954_512Dsc00959_512

湯口からはお湯がドボっと注がれ、反対側にある湯尻から大人しく退場していく掛け流しの浴槽で、柔らかいながらも力強く,よく温まる湯でした。 

Dsc00953_512Dsc00951_512

こちらの洗い場にもドンっと存在感のある掛け湯が配置されています。 

Dsc00968_512Dsc00964_512

ラウンジには薪ストーブ(暖炉?)があり、木材を多用した落ち着いた雰囲気で小休止ができます。
小ぢんまりとした売店コーナでは 飴やスナック菓子の他,産地直送の野菜や卵等がお手頃価格で売られているので、帰りがけにちょっと買っていこうかな。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:郊外の一軒宿型 温まり系温泉
ようござんす度:A(常連客にモテモテ入浴施設兼,閑静な もてなしのお宿。)

****  施設データ *************

八幡平南温泉 旭日之湯
住所:岩手県八幡平市八幡平温泉郷1-135-2
源泉名:八幡平南温泉 (湧宝の湯)
泉質:Na-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉,45.6℃,pH7.6,ラドン含有量:1.60×10^-10ci/kg,成分総計:1.342g/kg
電話番号:019-575-2340
日帰り入浴:9:00~22:00,\450
宿泊料金:1泊2食付\7950

| | コメント (0)

八幡平南温泉 旭日之湯 ~宿泊編

八幡平南温泉 旭日之湯 ~宿泊編

Dsc00984_512_2

岩手県の八幡平市(旧松尾村)にある温泉宿です。東北自動車道 西根ICの近くにあるのですが、訪問時は日没後で暗い上に 周囲には何もなく,田畑や草原の中の細い道を小さい看板を頼りに進むので心細かったです。宿の建物の灯りが見えた時はホッとしました。
こんな辺鄙な場所にあるのに駐車場はほぼ満車状態。近隣の方々がお風呂代りに利用する人気のある温泉のようです。この日はこちらに宿泊しました。 

Dsc00983_512Dsc00982_512

建物の中には食事処「山麗守(さんらいず)」があり、お昼の営業では温泉を使って打った「手打ち温泉十割そば」や温泉ラーメン,温泉卵などのメニューがあります。うまそう(´ρ`)じゅるる。
内装は木材を基調とした落ち着いた和の雰囲気です。 

Dsc00839_512

客室は2階にあります。吹抜けのラウンジには薪ストーブが置いてあり、2階の廊下までポカポカと温かいです。若かりし頃,実家が薪ストーブだったので、木が燃える音と炭の香りがとても懐かしい。相方A氏の実家も大工だったので現場で木っ端を焚き火にして暖をとっていたそうで、しばし薪ストーブの前でぬくぬくしていました。 

Dsc00830_512

今回宿泊した201号室は角部屋で10畳+踏込み半畳+床の間の広めな和室。トイレ,バス,洗面は共用です。チェックイン時に既に布団が敷かれていました。 

Dsc00834_512Dsc00933_512 

客室にはテーブル,TV,エアコン,ストーブ,小さな冷蔵庫,湯沸かしポット,お茶セット,浴衣,貸バスタオル,手拭いタオル,歯ブラシが備えてあります。浴衣には旭日之湯オリジナルキャラクター「あさひくん」(緑色の球体)が印刷されています。食事処の名前等から推察するとガンダムの「ハロ」を意識したものか?(公式HPでは緑色の球体がシャアのコスプレしているし(笑))

Dsc00837_512Dsc00838_512

共用の洗面所は小奇麗で、女子トイレもびっくりする程広いです。

Dsc00929_512Dsc00928_512

「ダヤンの切り絵」が額に入ってあちこちに飾られてあるのもオシャレです。

Dsc00979_512Dsc00980_512

部屋の窓外にはログ風のベランダがあり、緑を眺めながらお茶など啜るのも良いのではないでしょうか。でも他の部屋とベランダ伝いでつながっているのがちょっと…。何か衝立状の障害物を置いて置くと良いかもしれませんね。   

【夕食】

Dsc00883_512Dsc00840_512

夕食は食事処で頂きます。各テーブルには囲炉裏が切ってあり、目の前の炭火で煮炊きしてアツアツの状態で頂く趣向になっています。各座席には懐石風に「本日の献立」が書かれた紙が置いてあるのも嬉しいですね。 

Dsc00841_512Dsc00850_512

前菜は「安比舞茸と旬野菜の焼サラダ」。焼き目をつけた舞茸,かぶ,ブロッコリー,なす,トマト,パプリカに、野菜(玉ねぎ,大根,きゅうり)のみじん切りドレッシングがかけられています。野菜そのものの味を爽やかなドレッシングで味わいます。

造りは「季節の二点盛り」。ホウボウはコリっとした歯応えと上品な旨みがある白身。イサキは光り物っぽい脂が乗った旨味があります。
大きめの皿の真ん中に上品に盛られた料理が、一品一品運ばれてきます。供される間隔が空いているので待ち時間が多かったです(我々が食べるの早過ぎとういう話も…)。

Dsc00853_512Dsc00846_512

焼物は「朴葉焼」。朴葉の上に焼豆腐,チンゲン菜,鱈,なす,椎茸が乗せられ、刻み茸入りの朴葉味噌が乗せられています。あまり塩辛くなく,豆味噌系?のコクがある味噌で、焦げた部分が香ばしくて美味しい。
お鍋は「けるぷ農場幻の鶏使用 芋の子鍋」。こちらは温まるまで もうしばらくお待ち下さい状態。

Dsc00847_512Dsc00851_512

蒸し物は「けるぷ卵の茶碗蒸し」。白っぽく,トロトロ柔らかい茶碗蒸しで、最後の方は飲み物と化しますが、さっぱりしたコクがあり美味しいです。具は鶏肉,銀杏,南瓜,舞茸,三つ葉,ゆず等。 

Dsc00855_512Dsc00856_512

ポットの中にはアツアツのほうじ茶が入っているのも嬉しいです。(”夕方以降のお茶は煎茶でなく,ほうじ茶を用意してくれる宿は信用して良い”というのが自論なもので…。)
先程から献立に出てくる「けるぷ鶏」とは何ぞやということですが、説明文を読んでも長いし難しくて…とにかく健康で美味しい鶏らしいです!(゚▽゚*)

Dsc00866_512Dsc00867_512 

鍋がようやくできあがったようです。常温から炭火で加温していたため、30分以上たっても煮立ちやしませんでしたが、鶏肉に火が入ったようだったので見切り実食です(笑)。
鍋の中は けるぷ鶏,里芋,椎茸,ボリボリ?(内地ではナラタケという),舞茸,白菜,大根,人参,ごぼう,長ネギ,こんにゃく,三つ葉と具沢山でヘルシー。上品な醤油味で、鶏と茸のダシが出て旨し。煮詰まるごとに味が濃縮されて更に旨し。 

Dsc00860_512Dsc00861_512

揚げ物は「南瓜饅頭」。南瓜入りのもっちりした寄せ饅頭を揚げたもので、中に けるぷ鶏のレバーが入っています。焼き舞茸とわさびが添えられ、あんかけタレがかかっています。
ご飯物は後で出されると知っていましたが、おかずがあるうちに白い米が食べたかったので、お願いすると香の物と一緒に快く持ってきて頂きました。

Dsc00880_512Dsc00872_512

料理2種に炭火を使っているので、食事処が結構暑くなっています。でも我々は炭火大好きなのでついつい大人の火遊びをしてしまいます(笑)
食事としては「手打ち蕎麦」と「秋刀魚押し寿司」が供されました。薄く開かれた秋刀魚は軽く〆られた後 炙ってあり,、酸味が控えめな酢飯によく合います。
手打ちそばは二八で細麺。透明感があり茹でたてのツヤツヤです。喉越しが良く,しっかりとしたコシとコツっとした歯応えがあり、噛みしめると蕎麦の味がきっちりと楽しめます。きりっとした辛めのつゆも美味しく、宿の夕食でこんな本格的なお蕎麦がいただけるとは思っていなかったので、びっくりしました。おかわりしたかったぜ。

Dsc00881_512   

水菓子は「蕎麦アイス」。蕎麦とフレッシュミルクのアイス。甘さ控えめで脂肪分が少なくさっぱり味です。もっちりしたデンプン感があり、そばがきにミルクを加えてアイスにした感じ?後味に ほんのりと黒糖か三温糖系のコク甘味がある素朴な和風アイスでした。
    

【朝食】

Dsc00962_512Dsc00936_512

朝食は食事処にあるコの字状のカウンターで頂きます。 

Dsc00973_512

この日の献立は湯豆腐,温泉卵,なめこおろし,昆布の佃煮,切干大根,サラダ,焼魚(鯵系),ふのりたっぷり味噌汁,香の物,ご飯でした。

Dsc00975_512Dsc00976_512

特に温泉のお湯を使用した「温泉湯豆腐」が美味でした。とろりと柔らかい豆腐も美味いですが、豆腐の旨味が溶けた汁も調味すると美味。お水は近くの湧水を使用。

Dsc00977_512_2Dsc00961_512 

そして最後に淹れ立ての美味しいコーヒーを頂けるのも嬉しい。
ロビーには週刊誌系や新聞も揃っているので、コーヒーを飲みながら情報収集ができます。
宿泊は5部屋限定ということで、きめ細かいサービスでゆったりした過ごせる素敵なお宿でした。
  

お風呂編につづく 

   

| | コメント (0)

七時雨鉱泉 西根老人憩の家

七時雨鉱泉 西根老人憩の家

Dsc00806_512

岩手県の八幡平市(旧西根町)の外れにある日帰り入浴施設です。夕方に訪問したこともあり、駐車場は地元の方々がお風呂道具を片手に続々と来ていました。

Dsc00807_512Dsc00808_512

館内は比較的新しく綺麗です。天井が高く,廊下も広々としています。 

Dsc00810_512Dsc00809_512

男女別の浴室の前には畳敷き小上がり状の広幅ベンチがあるので、浴後の待ち合わせ等に便利です。

Dsc00824_512Dsc00811_512

脱衣所は事務的な設備が並び、かなりシンプルです。
「館内からの鉱泉の汲取を禁じます」の注意書きがありました。地元では薬湯の湯と呼ばれ,目に効く温泉として人気があるそうです。 

Dsc00818_512

浴室には浴槽が2つあり、左側は10人程が入れる大きさ,42℃の真湯・循環湯浴槽。右側は6~7人程が入れる鉱泉(加熱)浴槽となっています。鉱泉浴槽周りはアイボリー色の析出物で薄くコーティングされていました。 

Dsc00817_512Dsc00814_512

壁から顔を出す塩ビ湯口からは、冷たい源泉がちょろちょろと注がれて、僅かに掛け流しになっています。半白濁で湯口の冷泉からは ふんわり硫黄臭味+ぴりっと塩味+炭酸系シュワ+土類塩味があります。源泉投入量が少ないのと,お客さんが多いためかお湯の鮮度は良くありませんが、つるつるとした気持ちの良い浴感でした。
浴槽の角っこには 湯面に差し込まれた配管と、何故か防護柵が設けられています。

Dsc00815_512Dsc00821_512

 

 

どうやらこれは、追い炊き用の蒸気配管で、蒸気口近くにある緑色のレバーを開けると蒸気がお湯に直接噴入されるようです(赤のバルブは触らないでと注意書きがありました)。
湯温が39℃だったので、「誰か開けてくれないかなー」と思っていたら、常連風のオバサマが浴槽にはいると躊躇なくレバーを開けにいきました。「ボン」とボイラー点火音がすると同時に結構な勢いで蒸気が注入され、防護柵の内側でゴウゴウとお湯が舞いあがっていました∑(゚∇゚|||)アブナクナイノカシラ
工場の蒸気配管のような武骨な追い炊きシステムが とても面白く、必要な時に必要なだけ加熱できるので加熱循環よりも湯の劣化が少なさそうです。
地元のお客さんたちも気さくで親切。ほっこりと温まる日帰り入浴施設でした。

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:公共日帰り入浴施設型 地元の社交場薬湯系温泉
ようござんす度:B(素敵な追い炊きシステム。)

****  施設データ *************

七時雨(ななしぐれ)鉱泉 西根老人憩の家
住所:岩手県八幡平市西根寺田25地割191-1
源泉名:七時雨冷泉
泉質:単純硫黄泉,15.1℃,pH6.2,ラドン含有量:1.40×10^-10ci/kg,成分総計:13.70g/kg
電話番号:0195-77-2573
営業時間:10:00~21:00
入浴料:\430   

| | コメント (0)

新安比温泉 静流閣

新安比温泉 静流閣

Dsc00785_512Dsc00784_512

かなり前から行きたいと思っていた新安比温泉に行ってきました。東北自動車道 安代ICからすぐの所にある交通の便が良い温泉です。
立寄り入浴者は大きなホテル側ではなく,それと連結している2階建ての「りんどう館」の入口から入ります。

Dsc00786_512Dsc00787_512

フロントで料金を支払い地階の浴室へ。館内は非常にオシャレです。 

Dsc00790_512Dsc00791_512

木材を多用したスタイリッシュな化粧台や琉球畳敷きの脱衣所も高級感があります。 

Dsc00797_512

浴槽は2つの区切られており、手前の20人程が入れる43℃の浴槽は「ラジウム鉱石泉」と呼ばれる沸かし湯で、真湯・循環と思われます。 

Dsc00793_512Dsc00796_512

その奥の方に、真打の強塩泉浴槽があります。14~15人程が入れる42℃の浴槽で、湯口からお湯がトポトポと注がれ、かけ流しになっています。湯口の下にある石は温泉の析出物でスゴイことになっております。

Dsc00795_512

レンガ色濁(透明度:約5cm)のお湯は、まるで泥水のように濁っており、溢れたお湯が浴槽周りや洗い場を析出物でコテコテにコーティングしています。湯面からは金気臭が感知でき,かなり塩辛い炭酸鉄泉で、つるつるとした浴感があります。

Dsc00799_512Dsc00800_512

強塩泉浴槽側の洗い場は排水溝の中まで析出物でコテコテになっています。真湯浴槽側の洗い場とは全然違うのが面白いですね。
露天風呂もありますが真湯,循環っぽく、もっぱら強塩泉浴槽にばかり入っていました。
鮮度はそれ程良く感じませんでしたが、ぬるいと思って油断して長湯すると、温まり過ぎで汗が引かなくて困ることになります。
入浴料が\700と それ程安くはないのに、地元の常連風の方々が結構おられたのも納得の、かなり強力なお湯でした。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:温泉ホテル大浴場型 コテコテ析出物系温泉
ようござんす度:A(コテコテ析出物の造形美と強力食塩泉を楽しむ。)

****  施設データ *************

新安比温泉 静流閣
住所:岩手県八幡平市叺田43-1
源泉名:安比温泉(保戸沢の湯)
泉質:Na-塩化物強塩泉,32.4℃,pH6.9,ラドン含有量:3.04×10^-10ci/kg,成分総計:33.100g/kg
電話番号:0195-72-2110
営業時間:10:00~18:00
入浴料:\700      

| | コメント (0)

網張温泉 ありね山荘

網張温泉 ありね山荘

Dsc00763_512 

岩手県雫石町にある日帰り入浴施設です。網張温泉は以前、「休暇村 網張温泉」と野天風呂「仙女の湯」は入浴したことがありましたが、こちらの入浴施設は初めてです。
駐車場には地元ナンバーの車の他に,関東地方の観光客と思われる車もあり、満車状態でした。 

Dsc00764_512Dsc00776_512

館内は明るく広々としていて快適です。早速浴室へと向かいました。

Dsc00775_512_3Dsc00766_512

こちらの浴室で特徴的なのは、脱衣所への扉および 浴室への扉を開けっ放しにしてあること。「温泉ガスが滞留しますので閉めないで下さい。」の掲示が。硫化水素対策ですな。

Dsc00765_512_2 

内湯は20~30人程が入れる大きさ,43℃の浴槽が1つあります。大きな窓からは牧場のようなのどかな風景を眺めることができます。 

Dsc00771_512Dsc00772_512

湯口からはお湯がドボっと注がれています。半白濁,香ばしい硫化水素臭味,薄酸味,きしっとした浴感があります。鮮度は良いですが、やや薄く感じるお湯です。 

Dsc00768_512

露天風呂は4人程が入れる大きさの長方形浴槽です。屋根無しで小ぢんまりとしていますが、180℃牧場風景を楽しむことができます。
源泉温度が高いためか、湯口からは源泉と水が3:1くらいで投入され、42℃に調整されていました。

Dsc00777_512Dsc00778_512

ロビー周辺には地元の野菜や和菓子屋さんの無人販売があります。草餅大福やいっぷくだんご等、美味しそうなものが並んでいます。 

Dsc00780_512Dsc00779_512

食べたい物を欲しいだけパックに入れ、料金は箱の中に入れるシステムになっています。

Dsc00781_512Dsc00782_512

昼食代りに いっぷくだんごと三色餅を購入。三色餅はこしあん,ごま,くるみの3種類が楽しめます。手作り無添加の素朴で美味しいお餅でした。 

 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:公共日帰り入浴施設型 造成泉型温泉
ようござんす度:A(牧場の中の硫黄泉。)

****  施設データ *************

網張温泉 ありね山荘
住所:山形県雫石町長山小松倉13-7
源泉名:網張温泉 (元湯新湯)
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型),76.7℃,pH4.1,ラドン含有量:0.981×10^-10ci/kg,湧出量:構造上測定不能(掘削自噴 地熱蒸気導入式),成分総計:0.3069g/kg
電話番号:019-693-3232
営業時間: 4~11月 9:00~21:00, 12~3月 10:00~18:00 第1月曜休
入浴料:(町民以外) \500 

| | コメント (0)

滝ノ上温泉 みやま荘

滝ノ上温泉 みやま荘

Dsc00738_512Dsc00740_512 

 

 

岩手県・雫石町にある山間の温泉,滝ノ上温泉の県道沿いにある温泉宿です。看板がなければ宿とはわからない,鄙びた佇まいです。 

Dsc00755_512_2Dsc00743_512

内装も昭和30~40年代風の渋い雰囲気ですが、無駄な物がなく,掃除も行き届いています。受付で料金を支払って早速浴室へ。 

Dsc00754_512Dsc00744_512

洗面台は浴室入り口にあり、男女共用になっています。脱衣所は脱衣棚があるだけのシンプルな造りです。 

Dsc00745_512

浴室には4~5人程が入れる大きさの浴槽が1つありました。洗い場には家庭用シャンプーや石鹸があり、小ぢんまりとしたアットホームな浴室となっています。 

Dsc00750_512Dsc00751_512

源泉と水が半々くらいで注がれ,かけ流しになっていましたが、上は温かいのですが、下は水みたいに冷たく(2層に分かれておる。源泉の比重が軽いのかしら?),かき混ぜると38℃温かった!先客が水を止めないで出たのか!?(`0´*)
水を止め,源泉投入量を増やしてようやく40℃まで湯温を上げました。男湯の方は43℃と適温だったようです。

ほぼ無色澄明(極微白濁?),香ばしい系硫化水素臭味,微かに硫酸塩系の薬味,きしっとした浴感があります。洗い場のカランも源泉を使用しており、ここでも鮮度の良いお湯が楽しめます。

Dsc00756_512Dsc00757_512

湯上がりには畳敷きの休憩室でゆっくりと寛ぐことができます。部屋の隅にある3段ボックスには枕も準備してあります。湯上がりに昼寝をしつつ何度も入浴していく常連さんのために準備したそうです。

Dsc00759_512Dsc00760_512

この周辺は地熱地帯であり、上流の方には葛根田地熱発電所があるそうです。こちらの休憩所の大窓からも地熱地帯の噴煙を見ることができます。 

Dsc00761_512Dsc00762_512

湯守さんにお茶を入れて頂き,しばし雑談。11月中旬から4月末ころまで冬期休業となるため、もうそろそろ山を下りる準備をしなければと言っていました(訪問時11月初旬)
今年はカメムシが多い事,カマキリの卵が上の位置にあった事などから、雪が深くて厳しい冬になるだろうと言っていました(本当にその通りになりましたね。虫の超能力と,それを知っている先人の知恵ってスゴイ!)。
帰りがけにはお土産に温泉卵をいただきました。

Dsc00930_512Dsc00932_512

宿に入ってから、おやつとして頂きました。温泉の塩・薬味が浸透しており、とろぷる加減の丁度良い美味しい卵でした。ごちそうさまでした。
  

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:昭和チック山小屋風温泉宿型 新鮮湯系温泉
ようござんす度:A(素朴で温かい普段着温泉。)

****  施設データ *************

滝ノ上温泉 みやま荘
住所:岩手県岩手郡雫石町滝ノ上温泉
源泉名:成分表の掲示なし
泉質:含塩硫化水素泉(単純硫黄泉)
電話番号:019-693-4381
営業時間:要確認 (冬期休業)
入浴料:\400

      

| | コメント (0)