おおがわら天然温泉 いい湯

おおがわら天然温泉 いい湯

100_6609_512100_6610_512  

   

  

  
  

  

今回の温泉旅行のシメは「鎌倉温泉」を計画していたのですが、改装工事中とのことで、急遽 こちらの温泉に立ち寄りました。
外観は比較的新しい、センター系の日帰り温泉施設です。

100_6612_512_2休日ということもあり、内湯は満員御礼状態でした。15人くらいは入れそうな石タイル製,半循環の浴槽が1つありました。
お湯は無色澄明,ほぼ無味無臭で、特に大きな特徴のあるお湯ではありませんが、鮮度はそれ程悪くなく、つるすべとした浴感がありました。

露天風呂は雨の所為か お客さんがほとんどいなかったので落着いて入浴することができました。
大きな浴槽は6人程が入れる半循環の岩風呂で、お湯は内風呂と同じ感じです。  

100_6611_512100_6614_512 

  

  

  
  

  

もう1つ、大きな石をくり抜いた お1人様用の浴槽があり、こちらは42.5℃のかけ流し浴槽でした。ここの浴槽が最も鮮度,浴感がよろしいかと思われます。ただし研磨された石材は 濡れると滑るので、入浴する際にはご注意ください。

Dscf0739_512 こちらは"和豚 もちぶた"が名物らしく、館内の食事処で食べられる他、敷地内の「もちぶた館」でも頂くことができます。バーベキューコーナーで食事したり,もちぶたを使用した惣菜を購入する事ができ、こちらも人気があるようです。
ヒレかつ\110,メンチかつ\130を購入し 揚げたてを頂きましたが、豚肉の旨みが強くて美味しかったです。

温泉と食事を両方楽しめる上、敷地内には小動物とのふれあいコーナーもあるようで、家族連れが多い温泉施設でした。  

  

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪
 総括:日帰り入浴施設型 センター系温泉
 ようござんす度:B(温泉ともちぶたが楽しめる。)

****  施設データ ************* 

源泉名:大河原温泉とんとんの湯
泉質:単純温泉,39.2℃,pH8.9,溶存物質総量:924.7mg/kg,湧出量:146.7lL/分
住所:宮城県柴田郡大河原町新寺字北185‐11
電話番号:0224-51-5110
営業時間:10:00~22:00 3水曜休
日帰り入浴:\800(大広間休憩付), (17:00以降\500)

 

  

鎌倉温泉…残念。改装中でした。

100_6603_512100_6605_512  

  

  

  
  

  

宮城県蔵王町の山間にある一軒宿です。平安時代(1062年)、前九年の役で鎌倉権五郎景政という武士が発見し 傷に効く温泉として近隣住民の湯治場でしたが一時衰退し、明治元年に再び開湯した歴史ある温泉です。  

100_6606_512入浴をお願いしてみるも、現在 改装工事のため休業中とのこと。残念です~。
とても素敵な鄙び方をしているので、この風情が損なわないように、改装はお手柔らかにお願いしたいですね。
営業が再開したら再び訪れたいです。
 

  

  

住所:宮城県刈田郡蔵王町大字平沢字鎌倉沢102
電話番号:0224-33-2533

  

| | コメント (0)

金山温泉 支倉旅館

金山温泉 支倉(はせくら)旅館

100_6585_512100_6602_512 

  

  

  
  

   

宮城県の釜房ダムの奥、山間にある一軒宿です。外観は木造の大きな老舗湯治宿のような風情があります。

100_6593_512浴室は男女別で、正方形の浴槽が2つ並んでいます。石タイル敷きの浴槽で、手前が加熱浴槽(42.5℃,2人用),奥が源泉浴槽(35℃,4人用)です。

無色澄明無臭,ほぼ無味ながらも後味に芒硝味,薬味があります。白色膜状浮遊物が少々浮いており、もっちりとした浴感があります。

Dscf0719_512Dscf0714_512    

  

  

  
  

    

お湯が静々と注がれて、湯尻から流れていきます。小さな湯舟には充分な供給量で、常に洗い場にお湯が溢れていました。
手前側の加熱浴槽と比べて、奥側の源泉槽の方が浴槽内,浴槽周りに付着物が多く、赤茶色に染められていました。やはり加熱によって飛んでしまう成分があるようです。 

Dscf0722_512100_6589_512   

  

  

  
  

   

源泉槽は体温より低めの35℃でしたが、常連さん達は「いつもより若干温かいので加温源泉が混ざっているのではないか」と話していました。最初はひんやりとしていますが、長く入っていると冷たさを感じなくなります。気泡が多量に付着し、撫でると気泡をつぶすプチプチ感と、ぬるぬるした浴感を楽しむことができます。
加温槽の方も少々の泡付があり、源泉槽と交互に入浴すれば温療効果が増します。

建物の鄙び具合の割りに脱衣所と浴槽は新しい感じがします。脱衣所は天井が高く、白い壁や木の床も綺麗で真新しいので最近建替えたものだと思います。

100_6598_512100_6600_512 

  

  

  
  

  

館内も建替えられてはいますが、所々に古い木造の日本家屋の風情が残っています。
実は創業300年の由緒ある老舗旅館で、現在の建物は昭和初期に建てられたもの。こちらの支倉旅館は、伊達藩の慶長遣欧使節 支倉常長の子孫が営む宿とのことです。

源泉温度が低いので夏にまた行きたいです。お湯,風情ともによろしいので、このままひっそりと守り続けて欲しい温泉でした。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 総括:老舗旅館型 ぬる湯療養系温泉
 ようござんす度:A(アワアワ源泉。源泉槽,加温槽あり。)

****  施設データ ************* 

源泉名:亀の湯
泉質:Na・Ca-塩化物・硫酸塩温泉,35.2℃,pH8.0,成分総計:2560.5mg/kg
住所:宮城県柴田郡川崎町小野字金山
電話番号:0224-84-2509
営業時間:9:30~20:00
日帰り入浴:\600

  

| | コメント (0)

宮城蔵王温泉 ミートランド湯々里

宮城蔵王温泉 ミートランド湯々里

100_6402_512100_6410_512 

  

  

  
  

  

宮城県白石市の郊外、人里離れた山間にある入浴施設?です。外観は大きな民家風で、建物の前には大きな物置風の小屋があります。

100_6403_512100_6409_512  

  

  

  
  

  

玄関もまるで普通の民家ですが、多量の靴が靴箱に入りきらずに山ほど下に置いてあります。大人気の施設のようです。
そして玄関を開ける前から聞こえるカラオケの音。本当に ここで温泉にありつけるのかと不安になってしまいました。

大きなリビングルームに入ると、まるでお正月に親戚が集まったかのようなアットホームな雰囲気で、大音量にてカラオケに興じる人々が。
入口付近に座っていた店主らしきおじさまに料金を支払って温泉の在り処を訊くと、指差したのはリビングの大窓。どうやら窓の外にある物置風の小屋に温泉があるらしいです。
カラオケの画面の前を腰を低くしながら通り、無事リビングを横断して 大窓から外へ出ます。

100_6404_512100_6407_512 

  

  

  
  

   

外へ出ると工事用のような鉄製の足場板が敷いてあり、右側へ進むと男湯,左側へ行くと女湯の入口があります。
浴室は脱衣所一体型でコンクリート製の7~8人が入れる程の大きさの浴槽が1つありました。

100_6408_512100_6416_512 

  

  

  
  

  

湯小屋はバラック系の簡素なつくりですが、お湯は本物。
茶褐色濁(透明度約15cm)のお湯がかけ流されており、湯口や浴槽は成分によって茶~黒褐色に染まっています。
お湯はまろやか塩味,金気臭味があり、すべっとした浴感があります。
湯温が45.5℃と熱く ガツンとした力強いお湯で、温まり方が尋常ではありません。湯あたりに注意しながら休み休み入浴しました。洗い場がないのでお風呂というよりも、お湯を楽しむ施設のようです。採光が良く,風が入らないため浴室内の保温性は良好で、冬は良さそうですが 夏は暑いかな?

常連さん達はフレンドリーな方々が多く、新参者が熱くて入れないでいると加水してくれます。建物は防音していないので大音響のカラオケが音漏れしていますが、周囲は民家など全くありませんので安心です。カラオケと常連さんのおしゃべりをBGMにB級ムード満点の良泉を楽しみました。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 総括:カラオケ大会付民家型 療養系温泉
 ようござんす度:A(物置系湯小屋の本格湯。)

****  施設データ ************* 

源泉名:南蔵王温泉 湯々里
泉質:Na-硫酸塩・塩化物温泉,54.2℃,pH7.3,成分総計:4625.3mg/kg,湧出量:80.6L/分
住所:宮城県白石市福岡八宮字川原子上2
電話番号:0224-24-8336
営業時間:9:00~20:00
日帰り入浴:\300(入浴のみ),休憩付\500
バーベキュー,キャンプ場併設

  

| | コメント (0)

鎌先温泉 最上屋旅館

鎌先温泉 最上屋旅館

100_6362_512100_6396_512   

  

  

  
 

  

宮城県白石市鎌先温泉にある 江戸寛政元年創業の老舗旅館です。鎌先温泉の中でもお湯が良いと評判なので、こちらで立ち寄り湯させていただきました。
外観は重厚な木造の建物で、昭和初期の建築物とのことです。

100_6366_512100_6368_512   

  

  

  
  

  

浴室の前には洗面所があります。ごく普通の洗面台ですが、7つが等間隔で1列に並ぶとモダンでかわいいです。
日帰り入浴可能な浴室は2つあり、男女入替制で使用しているようです。今回訪問時は「東光風呂」(小さい方の浴室)は男性用,「三宝風呂」(大きい方の浴室)は女性用でした。

「東光風呂」は定員3名くらいの大きさの浴室です。「三宝風呂」よりもかなり小ぢんまりしているので、ちょっと損した気分ですね。

100_6372_512  

  

  

  

  

  

  

  

  

「三宝風呂」は10人程が入れそうな浴槽が1つあり、緑を帯びた赤茶半濁(透明度約35cm)のお湯が満たされており、浴槽や床の一部は、お湯の成分で赤茶に染まっています。

100_6382_512100_6392_512 

  

  

  
  

  

源泉を浴用加熱しており、42℃の適温のお湯が静々とかけ流されています。加熱の所為か、鉄成分の析出と思われる淡茶褐色の細かな浮遊物が無数に見られます。
金気臭味があり,つるすべ感とキシキシ感を併せ持つ浴感で、しっかりと湯の成分を感じることができるお湯です。派手な湯質ではないですが 湯上りには しっとり感が残り、さすが「傷の鎌先」と呼ばれる名湯だと思いました。

100_6374_512100_6389_512     

  

  

  
   

  
古びた浴室ですが 洗い場等もきちんと補修されており、湯治場風の雰囲気が残した良いお風呂でした。脱衣所には浴室への出入口が2つあります。昔は混浴だったのかしら?

100_6395_512100_6394_512 

  

  

  
  

  

内装も老舗の重厚なつくりで、木造の廊下もピカピカに磨かれています。渡り廊下から見下ろす細い路地も、旅情を誘います。湯治自炊もできるとのことですので、このような環境でしっぽりとプチ湯治を楽しみたいものです。 

Dscf0586_512100_6397_512

   

  

  

  

  

鎌先温泉の発見はは1428年(室町時代)。農夫が山中で水を探して鎌の先でサクッと掘ったら温泉が湧いたとか。これが「鎌先」という名の由来とのこと。
温泉の駐車場にはその故事に因んだタイル絵があり、お湯が湧いて喜んでいる様が可愛いです。

鎌先温泉には最上屋旅館の他にも老舗旅館が軒を並べています。特に創業550年といわれる「一條旅館」本館の巨大な木造4階建の建築物は鄙び具合も素晴らしく、ため息モノです。入浴後に歴史ある温泉街を散策するのも良いと思います。

  

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 総括:老舗旅館型 療養系温泉
 ようござんす度:A(重厚な建物,柔らかいお湯。)

****  施設データ ************* 

源泉名:三宝の湯
泉質:Na-塩化物・硫酸塩温泉,36.0℃,pH6.7,成分総計:3127.9mg/kg
住所:宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-35
電話番号:0224-26-2131
営業時間:10:00~15:00頃
日帰り入浴:\500

  

| | コメント (0)

追見温泉 天使の温泉

追見温泉 天使ランド 天使の温泉

100_6352_512_2100_6333_512_2   

  

  

  
  

  

七ヶ宿ダムの近くにある「こども天国 天使ランド」内にある温泉施設です。「天使の温泉」というネーミング自体、既に怪しい香りがします。
外観はログハウス風の建物がいくつか立ち並んでいて、思っていたより大丈夫な施設かなと思っていたら…

100_6332_512_2Dscf0547_512_2 

  

  

  
  

  

施設内は閑古鳥が鳴いており、殺伐とした雰囲気にビビリまくります。
事務所横には不思議な石が2つ植わっており、以下 その説明看板の要約です。
"工事中に出てきた石が話かけてきた。その石が言う事には、
・子供達に沢山触って欲しい。
・そうすると子供達とどんどん会話ができるようになる。
・目立つ所に置いて欲しい。
よいこの、みなさん、この「いし」と、おはなししましょう。"とのこと。

幸いにも私は既に大人なので、会釈して石の前を通り過ぎましたが、大丈夫なんだろうか、この施設。温泉のためとはいえ、この先に進むのは勇気が必要だった。

100_6334_512100_6340_512   

  

  

  
  

    

敷地の奥へ向かうと大きな食堂のような建物がありますが、それを通り過ぎた最奥に湯小屋があります。

Dscf0554_512100_6345_512 

  

  

  

  
  

人の気配はありませんが扉の施錠はなく、「作業中につき、料金箱に料金を入れて自由に入浴して下さい。本日 遊具は特別無料にします。」という旨の張り紙がありました。
玄関から入ってすぐに休憩スペースがあり、結構落着いた雰囲気です。

100_6347_512100_6343_512 

  

  

  

  
  

脱衣所はログハウス風で天井が高くて良い感じ。他のお客さんが来る前に男湯を見学させて頂きました。(結局 帰るまで誰にも会わなかったけど。)

100_6348_512←こちらは女湯です。男湯の浴槽よりもやや小さめ,10人弱が入れそうな浴槽に無色澄明のお湯が結構な量かけ流されています。

  

  

  
  

  

100_6350_512Dscf0566_512  
  

  

  

  

  

39℃と温めですが、鮮度抜群のつやつやのお湯です。お湯に浸かってみてびっくり。かなり強いぬるぬる感があります。成分表のpH10.1の表記は伊達ではありません。
細かな気泡も浮遊しており 泡付はあまり良くありませんが、じっとしていると絹のようにキメ細かい気泡が付きます。それを撫でるといっそう ぬるぬる感が増します。

適温,柔らかいお湯ということもあり、かなり長湯をしてしまいました。上がる頃には ぬるぬる源(古い角質)の在庫がなくなったようで、ぬるぬるしなくなっていました。

湯口にはコップがあり、「飲泉デ快調!!」の掛札があります。飲んでみると 温泉鉱物臭と甘味があり、つるっとした美味しいお湯でした。

100_6351_512窓を開けると露天風呂がありますが、くるぶしくらいの水位で ほぼ空でした。お客さんが少ないせいか、内風呂のみで営業しているようです。 

  

  
    

   

100_6346_512Dscf0567_512  

  

  

  

  
  

「酵素温浴入口」と書いてある扉を開けるとそこは納戸のようになっていました。男女別浴室付の露天以外にも露天風呂があるようでしたが、こちらも空でした。開園当初はもっと充実した温泉施設だったのかもしれません。

Dscf0558_512_2100_6353_512   

  

  

  
  

  

温泉小屋入口のガラス扉には、何故かインド風の冠をかぶった天使と,胎児のような模様が入れられています。やっぱり怪しいよなあ。
天使の温泉の説明書きも"水の粒子が細かい(普通の水の1万分の1)","クロレラ入り(?)","湯舟でタオルゴシゴシOK"など凡人には難解な内容でした。

湯質はとても良く、お客さんが少ないので超穴場です。温泉好き&B級好き(限りなくC級に近いB級です)にはオススメの施設です。なくなってしまう前に行っておいた方が良いと思われます。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 総括:半廃遊園施設型 ぬるぬる上質湯系温泉
 ようござんす度:A(C級に近いB級施設に湧く、本物湯。)

****  施設データ ************* 

源泉名:天使ランド1号泉
泉質:単純温泉,39.3℃,pH10.1,溶存物質総量:274.9mg/kg
住所: 宮城県刈田郡七ヶ宿町七ノ森
電話番号:0224-37-2023
営業時間:10:00~18:00
日帰り入浴:\500 (入園料込)

  

【天使ランド】

100_6361_512100_6354_512    

  

  

  

  
  

事務所や温泉がある敷地の道路を挟んで向いに、天使ランドの遊園施設「こども広場」があります。ゲートをくぐると 閑散とした広場があり、滑り台やベンチが点在していました。

100_6356_512100_6359_512 

  

  

  

  
  

敷地の片隅にチケット売り場やフードコーナーのような建物がありますが、中には誰もいません。ほとんどの遊具が"おやすみ"状態で、自転車関係のみが"営業中"になっていました。

100_6360_512その数種類ある自転車も色褪せており、きちんと整備されているのか不安になります。
こちらにもお客さんがいなく、これで営業中というのが不思議です。セミ廃墟といったところでしょうか。
余計な事かも知れませんが、温泉は本当に良いので、経営を温泉だけに絞った方がいいのではないでしょうか。  

  

  

| | コメント (0)

白石湯沢温泉 旅館 やくせん

白石湯沢温泉 旅館 やくせん

100_6297_512100_6304_512 

  

  

  
  

  
白石市の山間にある、白石湯沢温泉の一軒宿です。想像よりも小洒落た旅館で、内装や小物も落着いた和の雰囲気です。  

100_6302_512_2 

  

  

  

  

  

  

  

浴室は大きな浴槽が1つあるだけのシンプルなものですが、天井が高くて窓が大きく,清潔で気持ちがよいです。20人くらいは入れる大きさの浴槽には42℃に加温されたお湯が、結構な量かけ流されています。

100_6301_512Dscf0529_512   

  

  

   
  

  

やや青味を帯びたように見える無色澄明のお湯は、石膏臭味と微かに芒硝味があり、すべ&しっとりとした浴感があります。
ほぼ一番風呂をいただいたので、お湯が新鮮でつやつやしていました。おとなしいお湯質ですが、長い時間入浴していても疲れない ふわっとした柔らかいお湯でとても気に入りました。

100_6303_512100_6305_512 

  

  

  
  

  

館内は小洒落ていますが、宿の子供達が自由に遊び回り,それを常連のお婆ちゃん達がソファーに座りながら眺めているアットホームな施設でした。

廊下突当りには「やくせん飲泉場」の看板がありました。  

100_6306_512

Dscf0536_512   

  

  

  

  
  

中に入ると流し台が2つ並んでおり、左側の流し台のパイプからは常時お湯が垂れ流しになっていました。こちらのお湯は「飲用温泉水」の張り紙があったので飲んでみると、薄塩+しっかり卵臭味+出汁味 があり、浴室湯口とは異なる味でした。
右側の流し台には「浴用温泉水」の蛇口があります。すぐ脇にある お勝手口付近に車を停めれば、多量の温泉水が持ち運べるので便利ですね。(飲泉所では飲み放題ですが、持ち帰りは有料のようです。)
  

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 総括:山間の一軒宿型 療養系温泉
 ようござんす度:A(シンプルな湯質と浴室,新鮮柔らか湯)

****  施設データ ************* 

源泉名:湯沢温泉
泉質:Na・Ca-硫酸塩温泉,33.5℃,pH7.8,溶存物質総量:1152.7mg/kg
住所:宮城県白石市小原字下戸沢湯沢山13
電話番号:0224-29-2620
営業時間:10:00~20:00
日帰り入浴:\500

  

| | コメント (0)

小原温泉 かつらの湯

小原温泉 かつらの湯

100_6261_512100_6292_512   

  

  

  
  

  

小原温泉は800年以上の歴史がある小さな温泉地です。素敵な共同浴場があるとのことで行ってきました。小原温泉駐車場に車を停め、白石川の渓流沿いを数分歩くと湯小屋が見えてきます。入口のゲートには、(ある意味)達筆な字で「おいでやす」の看板があり、ほのぼの脱力系の予感。

100_6262_512100_6285_512  

  

  

  
  

  

こちらは昔から地元の人が使用していた共同岩風呂でしたが、長年の土砂の堆積により使用不可となっていました。2004年に小原温泉と白石市が中心となって整備し、無事復活を果しました。受付小屋にいるフレンドリーな管理人さんに料金を支払って、いざ浴室へ。

100_6275_512

浴室は石段を5~6段下りた所にあり、まるで洞窟風呂のようです。
こんな立派な岩風呂だとは想定していなかったのでびっくりしました。
洞窟の真ん中には必要最低限の木製仕切り壁があります。岩肌のワイルドさと、木の風情を併せ持った素敵な空間です。

階段を下りた正面に小屋掛けの脱衣所があり、すぐ脇には石畳敷きの浴槽があります。
  

100_6271_512_2100_6280_512_2

洗い場はガラスの引き戸で仕切られており、水が浴槽内に飛び散らないようになっています。
このお風呂は岩盤の上にあるので浄化槽が作れなかったそうで、シャンプー,石鹸は使用禁止です。

浴槽は深め(約75cm)で10人程が入れそうな大きさ。無色澄明,ほぼ無味無臭で湯温はやや熱めの43.5℃。滑らかでしっとりとした気持ちの良いお湯で、見た目よりもよく温まるので休み休み入りました。

掲示によると消毒ありとのことですが、臭いはほとんどありません。暑い時季は加水しているそうですが、基本的に源泉かけ流しです。浴槽から綺麗なお湯が静々と溢れていました。 
この静かな空間をほぼ貸切状態で使用することができ、贅沢な時間を過ごしました。

100_6265_512

100_6291_512

  

  

  

  
  

  

湯上りに湯小屋の前のベンチに腰掛けて、川風で体を冷ましながら 白石川の渓流を愛でると、いい具合に力が抜けて ボケーっとしばし休憩タイム。
出口のゲートにも、(ある意味)達筆な字で「またどうぞ」の看板があり、また明日にでも来たくなっちゃう共同浴場でした。

シャンプー,石鹸は使用できないので、お風呂として利用したい人には不向きだと思われますが、小原温泉のお湯を気軽に楽しむには最適だと思います。

  

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 総括:市営共同浴場型 ほのぼの脱力系温泉
 ようござんす度:A(お湯,風情ともに良好な共同浴場)

****  施設データ ************* 

源泉名:目の湯
泉質:単純温泉,53.2℃,pH7.9,溶存物質総量:761mg/kg
住所:宮城県白石市小原坂上66
電話番号:0224-22-1321(白石市 商工観光課)
営業時間:8:00~17:00(4~10月:~18:00)
日帰り入浴:\200

  

| | コメント (0)

吉田温泉 鹿の湯

吉田温泉 鹿の湯

100_4333_512100_4345_512 

  

  

  

  

  

京町温泉から少し離れた矢岳高原の麓にある温泉地です。宮崎県で最も古い温泉で、その中でもこちらの鹿の湯が最も古いそうです。
湯治宿で、1泊素泊まり\1600~という安価で宿泊できるそうです。宿とは別棟の共同浴場に入浴しました。

100_4338_512100_4334_512脱衣所から階段を7~8段下りると半地下の浴室があります。天井が高く,窓からの採光が良いので閉塞感はありません 。
鄙びたコンクリート製の浴槽&床で、昔ながらの湯治場の共同浴場という雰囲気です。洗い場に蛇口はありませんので、体を洗う時は浴槽のお湯を使用します。

一旦源泉槽に溜められたお湯が浴槽に注がれていますが、湯温がかなり高いので投入量は少なめです。浴槽内のお湯は44℃,無色澄明(微濁)で ほぼ無臭無味(まろやか)で柔らかく つるさらした浴感です。お客さんが多かったため お湯がくたびれていて、あまり個性を感じることはできませんでした。

源泉でご飯を炊いて食べるツアー中なので、晩ご飯を炊く水に使用すべく、こちらの源泉を採取して持ち帰りました。(ご飯の炊き上がりの様子はこちら)  

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 総括:共同浴場型 鄙び系温泉
 ようござんす度:B(鄙びた湯治場の共同浴場)

****  施設データ ************* 

源泉名:
泉質:
住所:宮崎県えびの市昌明寺689
電話番号:0984-37-1531
営業時間:15:00~21:00

日帰り入浴:\300

  

| | コメント (0)

中山平温泉 丸進別館

中山平温泉 丸進別館

Dscf0193_512中山平にある内湯のみの温泉旅館です。鳴子熱帯植物園の駐車場のすぐ近くにあります。本当は”リベンジ「東蛇の湯」”のつもりで中山平に来たのですが、お客が多すぎて断念。比較的落ち着いて入れてお湯が良い「丸進別館」で仕上げ湯をすることにしました。  

 

  

100_2984_512100_2985_512   

  

  

  

  

  

通常 大浴場は男性用として使われているようですが、今回は本日最初のお客さんが女性数人のグループだったので、女性用になっていました。大浴場を狙っている人は同性の友人達と一番風呂を目指すといいのかも知れないです。

青白微濁のお湯は44~45℃とちょっと熱めですが、卵臭味と つるぬるとした浴感,とろみがあります。今回はお客が多かったので、お湯がちょっとくたびれている感じがしました。前回訪問した時はもっと鮮明な ぬるぬる感があったなあ。

ちなみに大浴場と小浴場は使用している源泉が違うようです。今回、本当は小浴場に入りたかったのだが…(前回訪問時も大浴場利用だったので)。中山平は中々私の思う通りにならない温泉地なんです。こんなに大好きなのに…(涙)。(今回も東蛇の湯,レストハウス星沼が空振りでした。)

100_2987_512100_2990_512  

  

  

  

    

  

「エッシャーの騙し絵風呂」とも言われており、オーバーフローの湯が床を上っていく錯覚が味わえます。扉をわざと傾けて取り付けたり、床の傾斜が逆に見えるように壁のタイルの数を減らしたりという細工がしてあるのです。それを宣伝に使わずに、知る人ぞ知る状態にしているのが粋です。

Dscf0194_512Dscf0199_512明るく元気な女将さんに丸進謹製の温泉たまご\500を薦められ購入。早速 車内で頂きました。 

適度な塩味が染みて美味しいですが及第点くらいかな。やっぱり温泉めぐりにはスプーンが必要だと再認識しました。 

  

  

****  個人的評価 ************* 

 雰囲気:♪♪♪♪

 お湯  :♪♪♪♪

 コストパフォーマンス:♪♪♪

 総括:騙し絵型 つるぬる系温泉

 ようござんす度:A(面白浴槽のぬるぬる湯。)

****  施設データ ************* 

源泉名:丸進別館1号,丸進別館2号

泉質:含硫黄-Na-炭酸水素塩・硫酸塩泉
1号(男性浴室):100℃,pH9.6(総計1198.2mg/kg)
2号(女性浴場):100℃,pH9.3(総計1147.0mg/kg)

住所:宮城県大崎市鳴子温泉字星沼19-8 

電話番号:0229-87-2301

営業時間:10:00~16:00

日帰り入浴:\500

| | コメント (0)

湯の倉温泉 湯栄館

湯の倉温泉 湯栄館

100_2980_512100_2973_512  

  

  

  

  

  

温湯温泉からダートの道を3~4km進むと見える赤い橋が「湯栄館」入口の目印です。その脇の駐車場に車を停め、赤い橋を渡り、山道を15~20分程歩きます。ちょっと大変ですが、風景を楽しみながらハイキング気分で歩くと、普段の運動不足を少し解消できて得した気分になります。

100_2944_512100_2945_512  

  

  

  

  

  

宿の建物が見えてきた所で「お出迎え犬」がいました。トコトコと近寄ってきて、こちらが撮影が終わるまで じっとしている利口な犬さんです。見上げる目線が可愛い。すぐに後客の気配を感じたのか通り過ぎていってしましました。
その数10秒後、脱兎の如く我々を追い抜いてゆく「お出迎え犬」と、それを大声で追いかける子供達3人の姿。子供は無邪気で残酷だなあ(涙)。

100_2946_512100_2950_512  

  

  

  

  

100_2949_512「湯栄館」は山の中に佇む鄙びた1軒宿です。自然に囲まれた素朴な湯治場という感じでよござんす。

玄関で日帰り入浴をお願いして料金を支払い、宿の中を通り抜けて 勝手口からサンダルを借りて外へ出ます。建物のすぐ脇の川沿いに、混浴露天風呂が見えてきました。   

100_2956_512_2 

  

  

  

  

  

  

  

  

これが名物の混浴露天風呂です。川のすぐ近くにあるので、川の中で入浴している気分です。大雨などで増水している時は水没してしまうそうです。新緑や紅葉真っ盛りの時に行くともっと綺麗でしょうね。

コンクリート製の広くて深い浴槽(最深部で80cmくらい)なので、大人でもつい泳ぎたくなります。この時期では川で泳ぐのは厳しいですが、夏なら川遊びと入浴の両方を楽しめそうですね。

100_2957_512100_2964_512    

  

  

  

  

  

お湯はうたせ湯のような高い位置から結構な量が投入されています。無色澄明で湯注口付近で微かな鉱物臭と微かな芒硝味?と後味に金気味があります。湯温が46℃と高く、キシキシとした浴感で入り応えのあるお湯でした。しかし 後客の子供達にはちょっと熱かったようで、末っ子さんは浴槽からの廃湯をうたせ湯にするという粋な入浴をしていました。

浴槽からちょっと離れた岩間から源泉が湧出している様子が見ることができます。白色や赤褐色の析出物がカーテンのように付着しており、お湯の成分を視覚で楽しむことができます。

100_2967_512100_2968_512   

  

  

  

  

  

内湯はコンクリート製の浴槽が1つある素朴な浴室です。シャワーなどはなく、手桶で浴槽から組み上げて使用します。ここの浴槽も70~80cm程の深さがあります。お湯は源泉と冷水が1:1くらいの割合で投入されており、42℃の適温となっていました。
浴室が薄暗いので電気をつけようとスイッチを探しましたが見つかりません。天井を見て思い出しました。そう、ここはランプの宿でした。

現実逃避をしたい時に宿泊して、電気もテレビもない素朴な環境でお湯に癒されたい…と思わせるお宿でした。

100_2948_512来るまでの山道に付いていたワダチの正体は、このキャタピラ運搬車のものだったのですね~。確かに日用品や食材を運搬するのに車が使えないのはつらいでしょうからね。 かっこいいなあ~。乗ってみたいなあ。

(訪問日:2007年11月)

※現在休業中

2008年6月に発生した、岩手宮城内陸地震にて栗駒山近郊の温泉地では甚大な被害が発生しております。被害に遭い亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
湯の倉温泉はご家族全員無事に避難されたそうですが、登山道や浴槽は破壊され,お湯が止まり,地震でできた土砂ダムの影響で水没の危機にあるそうです。お湯が戻れば営業を再開したいとのことですが、復旧までには相当な時間がかかりそうです。2次災害の危険が回避されて一刻も早く復興されることをお祈り致します。

   

****  個人的評価 ************* 

 雰囲気:♪♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 総括:素朴なランプの宿型 大自然露天系温泉
 ようござんす度:A(世の中から隔絶されて、お湯と自然に癒される。)

****  施設データ ************* 

源泉名:滝の湯
泉質:Na-塩化物温泉,63.4℃,pH7.6(総計1090.4mg/kg)
住所:宮城県栗原市花山本沢岳山1-8 
電話番号:0228-56-2878
営業時間:10:00~16:00 (4月下旬~11月中旬)
日帰り入浴:\500

| | コメント (0)