« 祖谷温泉 | トップページ | さぬきうどん巡り2 »

さぬきうどん巡り1

佐多岬で入手したリーフレットを見て,恋焦がれた本場さぬきうどん。構想9年にしてやっと実行に移す時が来ました。今回は”恐るべきさぬきうどん”で有名な麺通団の”さぬきうどんのめぐり方”という本(コレはすごい優れモノ!)を片手に出かけました。

1日目は計らずも元祖詣での食べ歩きとなった。

******************************************

山越うどん ~”かまたま”の元祖

Dscf0006Dscf0004   

  

  

  

    

  

”かまたま”大好きな私なので,ここは外せないでしょう。という訳で記念すべき1件目は山越です。注文すると手際良く釜揚げ麺を卵にからめてくれました。つやつやぴかぴかで うまそ~。基本的にセルフなので,だししょうゆは自分で好きなだけかけていただきます。

うまい~。釜揚げの麺はふっくらなのに腰があってぴかぴかつるつると喉越しもいい。あっという間に食べ終わってしまった。丼に残った汁も 卵とゆで汁と だししょうゆのそれぞれの旨みが合わさり うまかったです。

外観はとても小さく鄙びたお店で、庭への通路には室内席があります。でも通路を通りぬけ外に出ると、大きな庭がオープンカフェのような空間になっていてびっくりします。お客さんが多くて行列ができていましたが、回転が速く、食べる場所も広いので、それ程待たずに済みました。

100_1029100_1032  

  

  

  

  

  

住所:香川県綾歌郡綾川町羽床上602-2

電話番号:087-878-0420

営業時間:9:00~13:30 日曜休

かけ\100,釜玉\150 

******************************************

  

小縣家(おがたや) ~”しょうゆうどん”の元祖

Dscf0008Dscf0013   

  

  

  

  

  

しょうゆうどんを注文すると直ぐに,縦半分に切った大根と その大きさに合った巨大な大根おろしが出てくる。ここで我々には重大な任務が発生する。しょうゆうどんが運ばれてくる迄に,自分達が欲しい分の大根おろしをすりおろさなければならない。これが結構な重労働です。

Dscf0015Dscf0018 

 

  

  

  

  

店内を観察してみると,セルフのお茶の茶碗の横に大根と巨大おろし金の在庫が置いてあるのがスゴイ。

Dscf0016うどんが運ばれてきたので先ほどの大根おろしをたっぷりかけて、しょうゆをかけていただきました。うーまい。コシが強いコツコツムチムチとした歯ごたえのあるつやつや麺。大根おろしでさっぱりとして胃袋が健康になりそう。

店内の一角にはおでんコーナーがあり,種類が多く充実しています。おでんはセルフ形式で食べたいものを好きなだけ皿に盛り、会計の際に自己申告します。大きな甕の中にある みそダレをかけていただきますが,このみそダレがお菓子みたいに甘いのでご注意下され。(私は みそダレとしょうゆ半々でいただきました。)おでんの先端には具の脱落防止に小さく切ったコンニャクが刺さっているのが良いアイディアです。

Dscf0019_4Dscf0020     

 

 

 

    

  

  

住所:香川県仲多度郡まんのう町吉野1298-2

電話番号:0877-79-2262

営業時間:9:30~18:00 火曜休

しょうゆうどん(小)\420,しょうゆうどん(大)\525,おでん1本\84

******************************************

  

竹清(ちくせい) ~半熟卵の天ぷら の元祖

Dscf0035Dscf0027_1  

  

  

  

    

  

週休3日制平日のみ。お昼のみ。駐車場無し。という今回の旅の最大の難関。栗林公園の駐車場に車を停め,20分くらい歩いてでも食べたい!半熟卵の天ぷら。

店先では,女将が天ぷらを揚げる様子が見られます。何かに憑かれているかの如く 次々と天ぷらを揚げていく様はほとんど神の領域です。とても手際良く,両手が別々の作業をしていました。お客が多く,”入場制限”ではなく”天ぷら制限”が出ていました。「この時間,天ぷらは ちくわと卵のみです~」と。

うどんを注文するために並んでいる列に,メモを持ったおばぁ店員が天ぷらの注文を聞きに来ます。ちくわ1コ,半熟卵2コを注文すると 2人分と勘違いされ 相方A氏の注文を聞かずに去ろうとするので「待って。私1人で2コ食べるんです。」と言うと…笑われてしまった。

Dscf0028Dscf0031_1  

  

  

  

  

  

お店はセルフ方式で,麺をもらうと自分でテボ(取っ手付きの湯きりざる)に入れて温めて,だし汁をかけ,ネギをのせる。しかし,この時点で天ぷらは手元には来ないのである。

こういう場合,延びてしまうので うどんを先にいただいて,少し汁を残して天ぷらを待つのが正解だと思う。麺はむちっとして美味しいが 驚く程ではない。だし汁があっさりとしていて とても美味しく,お代りしたくなるのを我慢して天ぷらの登場を待った。

Dscf0029Dscf0034 

 

 

 

    

席についてから 待つこと約10分。やっと私のための天ぷらが出来上がった。揚げたてなのでアチアチであるが,この件での口内火傷に関しては覚悟ができていた。慎重にかじってみると…激うま!!外側の衣は薄付でカリッっと揚がり,卵の白身は風味良く,黄身は半熟とろっとしていて心なしか濃厚な感じ。絶品!ちくわ天もふっくらしていて美味しかった。 天ぷらが遅い と怒って帰ってしまった観光客がいたが,急いては事を仕損じる。待ってでも食べるべし。

住所:香川県高松市亀岡町2-23

電話番号:087-834-7296

営業時間:11:00頃(笑)~14:30(麺終了次第) 水・土・日曜休

1玉\140,2玉\200,3玉\260,天ぷら類\90

******************************************

  

山下うどん ~”ぶっかけうどん”の元祖

Dscf0063Dscf0065_3  

 

 

 

  

  

強靭な腰の太麺が好評な,ぶっかけうどんの元祖のお店です。冷たいぶっかけうどんを注文すると数分で運ばれてきました。早っ!大きな徳利に入った”ぶっかけだし”を麺の上にぶっかけていただきます。

私は冷水で締めた腰が強いうどんを美味しいと感じるらしく,この強腰麺にうっとり。本日4杯目のうどんですが,添えてあったレモンのおかげで さっぱりと口塩梅が良く大満足。まだまだ食べれるような気がしました。

住所:香川県善通寺市与北町1015

電話番号:0877-62-6882

営業時間:10:00~19:00 火曜休

かけうどん:\200,ぶっかけうどん\250

|

« 祖谷温泉 | トップページ | さぬきうどん巡り2 »

G.四国のグルメ」カテゴリの記事

麺食い(うどん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祖谷温泉 | トップページ | さぬきうどん巡り2 »