« 新鳴子温泉 まつばら山荘 | トップページ | 東鳴子温泉 二宮荘 »

川渡温泉 旅館 中鉢温泉

川渡温泉 旅館 中鉢温泉

100_2863_512川渡温泉の端、東鳴子に近い国道沿いにある温泉宿です。外観は普通の立派な民家なので 知らない人は素通りしてしまうと思います。 

  

  

  

100_2860_512100_2854_512   

  

  

  

  

  

民家みたいな母屋とは別に浴舎があり、男女別の内湯は木をふんだんに使用した趣きのある湯小屋風の作りです。お湯は茶褐色半濁,細コケ状の浮遊物が舞っている つるすべ湯で、松ヤニ系の爽やかな油臭味がたまらんです。内湯はドコドコかけ流しで、オーバーフローしたお湯が常に床を流れています。湯量が豊富なのでカランの湯も源泉です。

露天風呂は庭園風の石組み浴槽です。周囲の庭の広さに対して浴槽が小さいので、ちょっと落ち着きません。内湯と比較して源泉投入量が少なく,湯温が低く,浴感も弱めなので、つい内湯に戻って入り浸り。広い浴室で湯気抜きがしっかりしている湯小屋は非常に快適で長湯してしまいました。

100_2861_512Dscf0124_512  

  

  

  

  

  

浴舎の外には屋根架けの源泉小屋があり、鮮度良好な湯が浴槽に注がれていることを確認できます。中からもうもうと出てくる湯気が良い香り。  

100_2862_512Dscf0125_512    

  

  

  

  

  

外の仮設作業場風の建物で休憩できますが、入りにくそうな雰囲気なので外からの見学のみにしました。建物の内外には薪が積んであるので、内部は暖かいのかな?休憩所の看板の横に「焼肉場」と書かれた巨大釜が転がっています。ちょっと謎です。  

****  個人的評価 ************* 

 雰囲気:♪♪♪♪

 お湯  :♪♪♪♪

 コストパフォーマンス:♪♪♪

 総括:民家風旅館型 つるつる系温泉

 ようござんす度:A(綺麗な湯小屋,素朴な湯に癒される。)

****  施設データ ************* 

源泉名:石割の梅源泉

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩泉(純重曹泉),58.0℃ pH6.8(総計1130.3mg/kg)

住所: 宮城県大崎市鳴子温泉要害38-5 

電話番号:0229-84-7951

営業時間:10:00~21:00

日帰り入浴:\400

|

« 新鳴子温泉 まつばら山荘 | トップページ | 東鳴子温泉 二宮荘 »

13.宮城の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新鳴子温泉 まつばら山荘 | トップページ | 東鳴子温泉 二宮荘 »