« 東鳴子温泉 阿部旅館 | トップページ | 新鳴子温泉 まつばら山荘 »

元祖栗だんご~餅処 深瀬

餅処 深瀬 元祖栗だんご

Dscf0072_512

Dscf0071_512

鳴子温泉郷は今回で4度目の訪問となりますが、ようやく鳴子名物「栗だんご」を食べる時間的余裕ができました。(今までは温泉めぐりだけで手一杯だったから…)

  

どうせ食べるなら"元祖"が良かろうと、鳴子駅に程近い「餅処 深瀬」へ。持ち帰り用栗だんご6個入り\735也を購入し、温泉めぐりの合間にいただきました。

Dscf0073_512

Dscf0074_512

  

  

  

  

  

  

ほのかにまだ温かい。みたらし系のたれはボヨヨンとした葛湯状で粘り気が少なく、甘さ控え目のすっきり,さっぱりとした味で美味しい。お餅にたっぷりとみたらしたれをからめて食べます。いくらでも食べられそうな飽きの来ない味ですが、ふわっと柔らかいお餅の中に栗の甘露煮が丸ごと1コ入っているので、餅1個がかなりのボリュームです。3個食べたらお腹いっぱいになってしまい、本日の昼食となりました。

賞味期限が製造日当日なので、お土産としては使いにくいですが、土産話にはなりますので、鳴子温泉に来た際は食べておいた方が良いと思われます。店内で出来たてを食べることもできます(場合によっては20分ほど待つこともあり)。売り切れ次第販売終了です。

温泉の名物なのに大量生産や賞味期限の延命などの小細工は一切せず、手作りで丁寧に作っておられる老舗のこだわりに脱帽。店には洋菓子の勉強をして戻って来られた娘さんが作ったケーキも売られており、観光客相手だけではなく 地元に密着したお菓子屋さんとしての地位も大切にした信頼のおけるお店でした。

************************************ 

餅処 深瀬 

住所:宮城県大崎市鳴子温泉湯元24-2

電話:0229-83-2146 

営業時間:8:00~19:30

栗だんご(店内食) \350(2個)
持ち帰り用栗だんご箱詰め \735(6個)

|

« 東鳴子温泉 阿部旅館 | トップページ | 新鳴子温泉 まつばら山荘 »

B.東北のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東鳴子温泉 阿部旅館 | トップページ | 新鳴子温泉 まつばら山荘 »