« 中山平温泉 星沼山荘 | トップページ | 東鳴子温泉 阿部旅館 »

東鳴子温泉 旅館大沼

東鳴子温泉 旅館大沼

100_2837_512100_2814_512   

  

  

  

  

  

湯治場風の鄙びた宿が多い東鳴子では珍しい和風の趣きと近代的施設を持つ温泉旅館です。源泉を2つ使用しており、とにかくお風呂の数が多い!

【薬師千人風呂(混浴)】

100_2806_512100_2833_512   

  

  

  

  

100_2808_512

混浴大浴場です。掃除後でお湯を溜めている途中でした。寝湯利用ですね。

浴槽が独特の雰囲気で、女性用脱衣所から浴室に入ると、浴槽に描かれている不思議な絵と目が合います。これは目ですよね?湯注口も平たいピラミッド型で変わっています。また、浴槽内には丸いテーブルか椅子のようなものが設置してあり、ゆっくり入浴できます。

薄グリーン透明で油臭味が爽やか。つるすべ浴感で鮮度良好。良い湯だなぁ。

浴室のタイルには仏画家 高橋典子氏の壁画があり、柔らかで和やかな天女さん達の表情を見ていると明るい気持ちになれます。浴槽の隅の上がり湯には仏像がいらっしゃって、宗教・哲学的な雰囲気が漂ってます。

【天女風呂(女性専用)】

100_2809_512

女性脱衣所からもう一つの扉を開けると、女性専用のお風呂があります。混浴風呂とは違う琥珀色透明の源泉が使用されています。

こちらにも天女さん達の壁画がありますが、窓が小さいせいかちょっと暗くて狭いので、ここは見学だけにして次のお風呂へ。

ちなみに女性用脱衣所はとても広くて綺麗です。若い女性を連れて行っても喜ばれそう。

  

  

【内庭露天風呂「石割の湯」】

100_2811_512

100_2823_512  

  

  

  

  

  

旅館の中庭に大正時代からあるという小さな露天風呂です。貸切使用が可能です。石を組み上げて造られた風呂で、御簾と緑の木々が目隠しとなり、程良い狭さで不思議と落ち着けます。

ここは混浴風呂と同じ薄グリーンの源泉が使用されているはずですが、私が入浴した時は琥珀色透明の湯が注がれていました??つるつる感もやや強く 気持ちいいお湯です。

【芳香浴 ふかし風呂】

100_2815_512_2100_2817_512   

  

  

  

  

  

  

オンドル・アロマ風呂です。こちらも内鍵がついており、貸切使用が可能です。温泉暖房の床にゴザが敷いてあり、部屋中にお花の香りがしております。寝転がると体がポカポカしてきて気持ちいい~。眠たくなってきますので、熟睡して脱水症状をおこさないように注意が必要です。

【家族風呂】

100_2813_512小さな貸切可能な浴槽です。琥珀色透明のお湯が注がれているので赤湯源泉(純重曹泉)が使用されていると思われます。

こちらも時間がなかったので見学のみです。

 

  

  

【陰の湯(薬石風呂)】

100_2832_512100_2830_5124階には貸切可能な お風呂が2つあります。階段のつき当たりの右側の扉を開けると「陰の湯」,左側の扉には「陽の湯」です。

陰の湯は浴槽に薬石を埋め込んであり、石から出る成分,遠赤外線と、ツボ刺激による相乗効果があるとのこと。

残念ながら石の薬効はよくわかりませんでしたが、浴槽にある凹凸が足裏等のツボを刺激して気持ち良いです。

窓が広くベランダに植木が飾られておりので 窓を開けると露天風呂気分が味わえます。こちらは琥珀色透明。つるすべの浴感で46℃とやや熱めのお湯です。

 

【陽の湯(備長炭風呂)】

100_2828_512Dscf0053_512陽の湯は浴槽に備長炭が沈んでいます。こちらも琥珀色透明なお湯を使用しています。

備長炭の隙間に湯花が留まっているので こちらの清掃をお願いしたいです。やっぱり1階にあるお風呂の方が湯の鮮度は良いようです。

窓の外には目線の高さに線路があり、丁度電車が通っていくところでした。

  

他にもう1つ「庭園貸切露天風呂 母里の湯」がありますが、宿泊者限定の予約制です。このお風呂はお宿とはちょっと離れた場所にあり、宿の送迎車で行く「秘密の露天風呂」と呼ばれています。今度は是非宿泊して、ゆっくりとお風呂三昧がしたいものです。

****  個人的評価 ************* 

 雰囲気:♪♪♪♪

 お湯  :♪♪♪♪

 コストパフォーマンス:♪♪♪♪♪

 総括:正統派旅館型 お風呂のデパート系温泉

 ようござんす度:A(2つの源泉,8つの浴槽で風呂三昧。)

****  施設データ ************* 

(琥珀色の湯)大沼の湯1号2号3号混合泉:
Na-炭酸水素塩泉,62℃,pH7.0(総計1011.2mg/kg)

(薄グリーン色の湯)新井第5号泉、唐竹沢源泉、その他2本の混合泉:
Na-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉,74.6℃,pH8.0(総計1352.2mg/kg)

住所:宮城県大崎市鳴子温泉字赤湯34

電話番号:0229-83-3052(代)

営業時間:11:00~14:00

日帰り入浴:\500円 

|

« 中山平温泉 星沼山荘 | トップページ | 東鳴子温泉 阿部旅館 »

13.宮城の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中山平温泉 星沼山荘 | トップページ | 東鳴子温泉 阿部旅館 »