« 大あさり | トップページ | ひつまぶし »

坂井温泉

坂井温泉 湯本館

100_3651_512偶然見かけた魅惑的な湯口の写真に一目惚れ。しかも親愛なる元上司殿の名字と同じ名前の温泉だ♪という訳で遠回りしてでも来てしまいました。
知多半島の南側,常滑市の海岸沿いにあり、大浴場がある新館は近代的な建物です。 

  

 

  

100_3638_512_2100_3639_512  

   

  

  

  

  

←↑これです。怪しいお面の口から吐血のような赤茶色のお湯注がれています。夜とかに1人で入浴したら怖そうです。彫りの深いお顔立ちでお湯を吐き出しているので「ギリシャ人げー」と呼ぶことにします。

ここで悲しいお知らせがあります。この素敵な湯口は男性用浴場だけです(T0T)。相方A氏に撮影をお願いしておいて良かったです(^_^) 嫌な予感ほどよく当たるものですね。

100_3644_512100_3645_512  

  

  

  

  

  

女性用浴場は湯口が違うだけで男性用浴場とほぼ同じ造りです。
扉を開けると循環式の白湯浴槽があります。

浴室の片隅には別室のように区切られたスペースがあり、こちらが加熱された鉄鉱泉の浴槽となります。  

100_3641_512100_3648_512湯口は…何の変哲もないパイプからお湯が注がれています。その周辺にはトボけた表情の「緑のたぬき」と「ガマガエル&河童ちゃん」のオブジェが配置されていました。もう少し気の利いた湯口にはできなかったのかい(怒)!

鉱泉浴槽も循環されているため鮮度は悪いですが、そのせいでFeイオンが完全に酸化してしまったのか驚くほどお湯の色が濃いです。レンガ色濁(透明度約3cm!) でキシキシした浴感。薄ボケた金気臭味と薄塩味,Br風味が感知できます。

Dscf0222_512

Dscf0221_512   

  

  

  

 

  

浴槽の底には赤茶色の粘土状沈降物があり、まるでこの周辺の名産,常滑焼の急須用の粘土を溶かしたかのようです。お湯に浸かっていると鉱泥で体が汚れるので白湯でよく洗わないと、タオルや服が汚れます。  

100_3653_512隣の敷地には旧館,旧旧館と2件並んでたっており、趣のある建物と閑静な庭が いい雰囲気です。    

  

  

  

    

100_3631_512_2100_3633_512ここでも素敵な湯口発見!
カエルの口からケロケロと鉱泉が吐き出され、新鮮な源泉は薄い赤茶色微濁であることがわかります。
源泉が通った箇所は赤茶の析出物がこびりついていて、成分の濃さが覗えます。

  

100_3654_512100_3655_512  

  

  

  

  

  

庭には面長なたぬきと「温泉薬師」と書かれた祠がありました。結構歴史がある温泉旅館のようですが、旧館は 素泊まりだと2名1室で 1人\3500~と格安なので、今度近くに行った折には利用してみたいです。

****  個人的評価 ************* 

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 総括:湯本旅館新館型 素敵湯口系温泉
 ようござんす度:B(ギリシャ人げー。循環鉄鉱泉)

****  施設データ ************* 

源泉名:坂井温泉2号泉
泉質:ナトリウム鉄(Ⅱ)塩化物炭酸水素塩泉,18.4℃ (総計7843.7mg/kg)
住所:愛知県常滑市坂井西側1番地
電話番号:0569-37-0006
営業時間:10:00~21:00
日帰り入浴:平日\500

|

« 大あさり | トップページ | ひつまぶし »

38.愛知の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大あさり | トップページ | ひつまぶし »