« 日奈久温泉 金波楼 | トップページ | 日奈久温泉 旅館幸ヶ丘 »

日奈久温泉 武士屋旅館

日奈久温泉 武士屋旅館

100_4436_512100_4437_512 

  

  

  

  

  

日奈久温泉の一角にある鄙びかかった温泉旅館です。素泊まり可能で食べ物の持込みは自由ですが自炊設備はありません。
客室は6畳くらいの広さで 既に布団が敷いてあり、あとは自由にやってくださいといった感じ。温泉旅館というより湯治場といった雰囲気です。

100_4473_512100_4474_512 

  

  

  
 

  

女湯は浴室と脱衣所がカーテンで区切られただけになっています。6人くらいが入れる大きさのタイル製浴槽が1つあるだけの素朴な浴室です。

Dscf0067_512Dscf0071_512 

  

  

  
  

    

湯口をよく見ると、あれ?お前さん羊かい? 巻き角がカワイイ。ちょっと珍しい羊の湯口からお湯はドバドバとかけ流しになっています。口の周りにはモコモコと結晶状の析出物を付けて貫禄がありますね~。
ここは日奈久温泉の中でも数少ない自家源泉を所有する旅館なので、鮮度のいいお湯を贅沢に使用しています。
源泉の温度が高いため、ほとんどが浴槽に注がれずに浴槽外に捨てられています。もったいねー。お湯を浴槽外に出すために設置した樋はL字型のプラ廃材をビニールひもでくくりつけたもので、こだわりが無さ過ぎです(笑)。

浴槽内は46℃と熱めで、温泉投入量で湯温を調整しているようなので温い湯に入りたい人はちょっと大変かも。無色澄明,しっかりとした卵臭味のあるお湯はとても新鮮で艶があり、つるつるの気持ち良さの中に若干のキシキシ感があり浴後は玉の肌といった感じです。

100_4472_512Dscf0081_512  

  

  

  

  

夕方2度目の入浴のため浴室へ向かうと、お風呂代わりに使用している近所の方々が大騒ぎしていました。 女湯に老夫婦が勝手に鍵を掛けて入浴しているらしいです。
騒ぎを聞いた宿の人が「悪いけど 男湯が空いてるから そっちに入って。」と言って一段落していましたが、この間に男性客が男湯に入って来たらどうするんだろ?とちょっと不安。何とも大らかなシステムです。

男湯は 女湯と左右対称で浴槽が若干小さいだけで基本的に同じ造りです。湯口も"羊げー"でドバドバかけ流しでした。

源泉でご飯を炊くツアーをしているので、晩ご飯はここの源泉を使用してご飯を炊きました(炊き上がりの様子はこちら)。おかずは日奈久名物のちくわをいただきましたが、できれば焼きたてが食べたかったなあ。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 総括:鄙び温泉旅館型 湯治場系温泉
 ようござんす度:B(湯治場温泉 自由型。)

****  施設データ ************* 

源泉名:日奈久温泉
泉質:Na-塩化物泉,46.1℃,pH7.03,ラドン1.88×10-10 Ci/kg ,62L/min,成分総計1304mg/kg
住所:熊本県八代市日奈久上西町360
電話番号:0965-38-0207
営業時間:10:00~16:00
日帰り入浴:\300

  

|

« 日奈久温泉 金波楼 | トップページ | 日奈久温泉 旅館幸ヶ丘 »

湯口コレクション」カテゴリの記事

宿泊」カテゴリの記事

62.熊本の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日奈久温泉 金波楼 | トップページ | 日奈久温泉 旅館幸ヶ丘 »