« 灰下鉱泉 | トップページ | 松之山温泉 みよしや »

長岡温泉 湯元館

長岡温泉 湯元館

100_6179_512100_6177_512  

  

  

  
  

  
長岡温泉は長岡市郊外にある温泉地です。数軒の旅館がありますが、どうせ入るなら「湯元」が良かろうという事で湯元館へ行ってきました。建物は鬱蒼とした木々に隠れるようにしてある 結構大きな旅館です。蔦が絡まった別館のような建物もあり歴史がありそうなお宿です。
ロビーはだだっ広く、敷いてある緑のカーペットやソファー,卓球台に年季が入っており、昭和レトロな香りがプンプンと漂っていました。 

Dscf0334_512100_6173_512_2浴室は曲線を多用し、床,壁,天井,浴槽とそれぞれ数種類のタイルを使用するなど細かな細工があり、レトロモダンないい雰囲気です。
特に脱衣所からの入口にある目隠し屏風のような波状のタイル壁と、浴室天井の曲線が素敵。

  

    

Dscf0327_512

広い洗い場の奥に浴槽があります。6人くらいが入れそうな小判型の浴槽に無色澄明ほぼ無味無臭のお湯が静々と掛け流されています。湯口が浴槽内にあるので、源泉投入量,循環の有無については定かではありませんが、お湯の鮮度は良さそうです。

洗い場のカランのお湯も源泉で、うっすらと卵鉱物臭味があり こちらの方が鮮度良好です。カランのお湯に入りたい!

  

  

Dscf0329_512

Dscf0331_512 

  

  

  
  

  

浴槽には工事現場で仮設に使いそうな金属製の武骨な手摺付階段が設置されてありますが、急傾斜で足場が狭い上,浴槽に入る時に後ろ向きでないと手摺が掴めない構造になっているのが惜しいかな。
湯面には気泡のかたまりが浮遊していて、東鳴子温泉 高友旅館の早朝のラムネ湯を思い出したりした。41℃まで加熱している所為か泡付はあまり良くありませんでした。

浴室のタイルは所々補修してあり、全く違う種類のタイルが使われている箇所もありました。ご一緒した常連のご婦人の話では中越地震で壊れた時の修復跡とのこと。とても大きな地震だった事が目で見てわかる浴室でした。

  

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 総括:昭和レトロ旅館型 元湯加熱系温泉
 ようござんす度:B(レトロモダンなタイル製浴室がステキ)

****  施設データ ************* 

源泉名:2号井
泉質:弱アルカリ性単純温泉,36.5℃,pH7.8,成分総計:298.9mg/kg,ラドン含有量:5.0×10-10 Ci/kg,湧出量:169L/分
住所:新潟県長岡市高畑町42
電話番号:0258-32-2492
営業時間:10:00~21:00 

日帰り入浴:\400

  

|

« 灰下鉱泉 | トップページ | 松之山温泉 みよしや »

31.新潟の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 灰下鉱泉 | トップページ | 松之山温泉 みよしや »