« 大平温泉 滝見屋 | トップページ | 滑川温泉 福島屋 »

姥湯温泉 桝形屋

姥湯温泉 桝形屋

Dscf0081_512

米沢十湯の1つ。米沢市の山の中にある有名な秘湯です。くねくねした細い山道ですが、所々に対向車とすれ違うスペースがあるので安心。
スイッチバックの坂には車の進み方の標識があります。
 

  
  

100_5515_512100_5517_512 

  

  

  
  

  

従業員の方が駐車場まで傘を持って迎えに来てくれていました。お宿までは駐車場から5分程山道を歩かなければなりません。途中、荷物運搬用のロープウェイがあり、宿泊者は宿の前まで荷物を運んで貰えます。谷間を越える橋を渡り 最後に上り坂がありますが、先程訪問した大平温泉の後ではちょろいちょろい。

100_5606_512100_5520_512 

  

  

  
  

 

宿は渓谷にへばりつくように建っています。ワイルドな立地条件から山小屋のような建物を想像していたのですが、外観,内装ともに新しく、落着きのある洒落た和風のお宿でした。

【女性専用露天風呂・瑠璃の湯】

100_5529_512100_5532_512_2大岩が配置された浴槽は15人くらいが入れそうな大きさ。目隠し用に囲いがあるので景観はあまり望めませんが、ワイルドな雰囲気を味わいながら入浴が楽しめます。

夕方入浴時は、雨が降っていたので湯温は低めの41℃。青味を帯びた白濁(透明度25cm),弱卵系硫黄臭にしっかりとしたレモン系酸味があり、さらキシした浴感のお湯で、アイボリー色フレーク状の浮遊物,沈降物が多量にありました。
翌朝には雨が上がり、湯温43℃,お湯は青色を帯びた透明で淡黄色粉状沈降物が見られました。

【混浴露天風呂・山姥の湯】 

100_5594_512_2混浴露天風呂は赤茶けた岩肌が露出した崖を背景にして浴槽があります。崩れた岩がゴロゴロと転がっており、その風景と岩風呂が一体化して見えるので非常にワイルドです。

以前は浴槽が2つあったらしいですが、奥の1つは大雨で崖が崩れて埋もれてしまったらしい。
夕方入浴した際は大雨,雷ピカピカの中、傘を差して入りました。「入浴中に雷落ちないでね。崖崩れないでね。」と祈りながら(笑)

100_5541_512_2別アングルから見た混浴露天風呂。こちらからは宿と脱衣所,緑と渓谷が見えます。脱衣所は2つあり男女別に使用できるので安心です。   

源泉の1つは川向こうの崖の岩盤から湧いているようで、配管が直接岩盤に刺さっていました。
湯温を下げる為に木製の溜め枡を通り浴槽に注がれます。  
  

100_5593_512100_5544_512 

 

  

  
  

  

混浴の露天風呂は浴槽が大きく,入浴客も多いので、朝夕とも白濁して透明度が低かったです。お湯の鮮度は女性用露天風呂の方が良好でした。 

【女性用内湯】

100_5561_512

内湯は 5~6人が入れそうな木製浴槽で、43.5℃,無色澄明のお湯が静々とかけ流しています。硫黄泉らしく淡黄色粉状沈降物があります。全ての浴槽に同じ源泉が注がれているはずですが、湯温やお湯の使い方によってお湯の色や浮遊物の形状が違うのが面白いです。
荒涼とした景観の中での露天風呂は素晴らしいですが、小ぢんまりとした木製の浴室も落ち着いて入浴できるのでいいですね。

  
  

  

【お食事】

100_5558_512100_5559_512 

  

  

  
  

  

本日は団体客(!)がいるとのことで、部屋食でした。(こんな不便な山奥に団体さんが来るなんて。確かにくねくねした山道の途中に、似つかわしくない大型バスが乗り捨ててあったな。)
夕食は牛肉の陶板焼,米沢鯉の甘露煮,山菜の煮物や小鉢,刺身は牛刺しと鯉の洗い等、山の幸のみで構成されていて、全体的にあっさりヘルシーな感じです。味,量ともによござんした。湯葉巻き九頭竜のあんかけ煮はホカホカでウマウマ。デザートのお手製 黒ごまプリンはこっくりとして美味でした。  

100_5592_512朝食は一般的な旅館の朝食。マスの塩焼き,納豆,ハムと生野菜,生卵,山菜の小鉢等が並びます。欲を言えば、もう少し個性的な料理が1品くらいあればいいのに。 

人気のある混浴秘湯なので、ハードルが高いかなと覚悟していましたが、大雨のおかげで日帰り客がおらず,団体客が宴会をしている間にゆっくりと入浴することができました。朝もお酒が残っている所為か他のお客さんに会うこともなく、ほぼ貸切状態でお風呂を楽しみました。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 総括: 荒涼絶景露天型 白濁硫黄系温泉
 ようござんす度:A(景観,お湯ともに抜群)

****  施設データ ************* 

源泉名:姥湯源泉
泉質:単純酸性硫黄温泉,51℃,湧出量400L/分(自然湧出)
住所:山形県米沢市大字関根10348-19
電話番号:090-7797-5934(衛星電話),0238-35-2633(麓の案内所,予約)
営業時間:9:30~16:00 冬期休業(11月上旬~4月下旬)
日帰り入浴:\500

  

|

« 大平温泉 滝見屋 | トップページ | 滑川温泉 福島屋 »

15.山形の温泉」カテゴリの記事

宿泊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大平温泉 滝見屋 | トップページ | 滑川温泉 福島屋 »