« 片山津温泉 総湯 | トップページ | 山代温泉 総湯 »

片山津温泉散歩

片山津温泉 足湯&散策

100_7036_512100_7014_512_2 片山津温泉 総湯前の交差点を渡ると砂走(すなはせ)公園「あいあい広場」があります。
広い芝生に大きな池がある公園の一角に、広いウッドデッキ,屋根付の立派な足湯「足の湯 えんがわ」があります。

  

100_7015_512100_7016_512  

  

  

  

   
  
20人くらいは入れそうな縦長の足湯です。早速 縁側に座るようにウッドデッキに腰をかけ、お湯に浸かってみると、かなり熱いお湯で飛び上がります。45.5℃は足湯でもちょっと熱いと思いますが…。

100_7013_512100_7017_512   

  

  

  

   
   

ウッドデッキの端にはちょろちょろと源泉が出ている湯口があり、蓋付の湯口には籠が入っていて温泉卵ができるようになっています。温泉卵を作るには湯量が足りない&温度が低めかと思います。
足湯に入っていると、子泣き爺のような外観の建物が目に入ったので近くへ行ってみました。

100_7020_512100_7025_512   

  

  

  
  

  
正面から見ると、大きな三角屋根の下には ウッドデッキ&中央に湯口のようなものがありました が、残念ながら何も出ていませんでした。その奥には 唐破風の屋根状のものがあり、何か祀られているようでした。

100_7023_512100_7024_512    

  

  

  

  

  
中を覗いてみると 円柱型の大きな配湯枡が置いてありました。16等分くらいに区切られており、それぞれに旅館名が書かれていました。何故 配湯枡の設置場がこんなに立派なのかは不明。片山津温泉のモニュメント的な存在なのかな?  

100_7026_512100_7028_512   

  

  

  
  

 

少し歩くと柴山潟の湖畔に「湯の元公園」があります。天気にも恵まれ、湖に空の青が映って綺麗でした。湖にはジグザグに曲がった浮桟橋があり、その先には弁天堂がありました。

100_7033_512100_7035_512  

  

  

  

 
  

弁天堂から見る湖は遮る物が何もなく、湖畔の風に吹かれながら温泉で熱った体を冷ますのに丁度良いです。
近くで見ると結構キタナイ色の湖水で、気持ち悪いくらいのボラの大群が泳いでいました。
この湖底の泥には鉄分が多く含まれており、片山津温泉には この泥を利用した「晶子染め」なる染物を体験できるお店があるそうです。
「源泉とうふ作り」や「晶子染め」などは、片山津温泉を活性化するため、金沢大学の協力を得て その研究結果を元に考え出されたのだと「茶房富久紗」の女主人から聞きました。
まだその試みは始まったばかりのようなので、更に工夫を凝らして 独自の観光資源に育てあげて欲しいと思います。
  

足の湯 えんがわ
無料,多分24時間入湯可能

|

« 片山津温泉 総湯 | トップページ | 山代温泉 総湯 »

d.中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 片山津温泉 総湯 | トップページ | 山代温泉 総湯 »