« 和倉温泉 岡田屋 | トップページ | 和倉温泉 総湯 »

和倉温泉 早朝散歩

和倉温泉 早朝散歩

100_7124_512100_7123_512 

  

  

  

 
   

朝食前に、和倉温泉街の飲泉所巡り&散策に出かけました。
宿泊した「岡田屋」さんから海の見える方面へ歩いていくと「湯けむり公園」があり、そこには船の形をした飲泉所がありました。高温の源泉が常時かけ流しになっており、飲んでみると 濃塩味,激苦のパンチのあるお湯でした。

100_7130_512100_7125_512 

 

  

  

    

    

次の飲泉所がある「湯元広場」へ。巨大なモニュメントの前の2羽の鷺は、"漁師が 傷ついた白鷺が休んでいる所を見て温泉を発見した。"という和倉温泉の伝説にちなんだものと思われます。
中央の湯壷には高温の源泉がかけ流しされており、右側の白鷺が ひしゃく と 篭をくわえて「どうぞ~」と飲泉&温泉たまご作りを勧めているかのようなポーズをしています。

100_7126_512100_7127_512  

  

  

  

 

  

昨晩のうちに隣町のスーパーで卵を購入して持参していましたので早速 篭に卵を入れて湯壷に沈めて放置プレイ。できあがるまでには15分程かかるので散策の続きをしました。  

100_7151_512100_7147_512_2  

 

  

  
  

  

3つ目の飲泉所は「総湯」前にあります。こちらは派手なモニュメントはありませんが、高温源泉がかけ流しになっており、ひしゃく,温泉たまご用の篭が設置してありました。

100_7150_512総湯には 玄関前に結構大きな足湯コーナーがあり、普通に座って入るタイプと,石の凹凸が足裏を刺激する歩行湯タイプの2種類の浴槽がありました。

ちょっと高めな湯温が足湯には丁度良く,お湯の鮮度も良好で,ポカポカと温まり疲れが取れます。   

  

100_7141_512100_7142_512   

  

  

  
 

   

まだ時間があるので、和倉港へイイダコを見に行きました。港といっても漁港等ではなく、ヨットやクルーザーを停泊させる生活臭のないオシャレな港です。港から海越しに温泉街を眺めると 朝日に輝いていて綺麗でした~。

9~11月の間はこちらの岸壁でイイダコ釣りを楽しむことができ、旅館によっては 釣竿を貸してくれたり,釣ったイイダコを料理してくれたりするそうですよ。地元のおじさま達が釣り糸を垂れていたので見学させて頂きました。

100_7136_512釣りには "タコチュー"と呼ばれる タコ型の疑似餌を使用するそうです。名前も姿形もプリティーです。

釣り人のおじさまが 魚篭からイイダコを出して見せてくれました。 

  

 

100_7135_512100_7138_512  

  

 

  
  

  

そのうちの1匹はすごく元気が良く、立ち上がって威嚇したり,こちらの視線に気がついたのか カメラの方をギロッと睨んだりしていました。
ちなみにイイ(卵)が入っているのは春に獲れるモノで、この時季には入っていないそうです。 

100_7132_512100_7144_512 

  

  

  
  

  

そろそろ温泉たまごができる時間になったので「元湯広場」へ戻り、たまごを回収しました。3箇所の飲泉所ともに 設置されているひしゃくの柄が枝分かれしているのを不思議に思っていましたが、温泉たまごの篭をひっかけて取り出すためのものだったんだ。

100_7210_512100_7213_512 

  

  

  

 
  

出来上がった温泉たまごは、白身がとろとろ,黄身がこってりとしており、微かに塩味が染みていて非常に美味でした。温泉たまごを作るには適温な高温泉で、時間さえ守れば 誰でも美味しい温泉たまごができるので ご自宅のお土産や、旅の途中のおやつにオススメです。

  

|

« 和倉温泉 岡田屋 | トップページ | 和倉温泉 総湯 »

d.中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和倉温泉 岡田屋 | トップページ | 和倉温泉 総湯 »