« 湯の峰温泉 旅館あづまや | トップページ | 川湯温泉 仙人風呂 »

湯の峰温泉 つぼ湯

湯の峰温泉 つぼ湯

Dscf1355_512Dscf1358_512  

  

  

  

  

  

世界遺産に指定されている温泉「つぼ湯」へ行って来ました。\750で貸切にできる世界遺産はそう滅多にないと思います。

湯の峰温泉公衆浴場の受付で料金を支払います。1回の入浴は30分以内と決められており、先客がいる時は番号札を受け取って順番がくるまで待ちます。順番を抜かされる可能性があるので専用の待合所で待つ必要があります。
今回は宿を早朝5:50に出たのですが 一番風呂を寸での差で入り損ねてしまい、寒空の中30分間,屋根付きベンチで待つ派目になってしまいました。寒いよ~。

100_7920_512100_7905_512  

  

  

  
  

    

順番が来たので浴室の中へ。岩をくり抜いた浴槽を壁板で囲った湯小屋で,その昔 小栗判官という方が蘇生したという伝説が残っているお湯です。
1日に7回お湯の色を変えると言われており、2月の6:30時点でのお湯色は灰色かかったミルキーブルー濁でした。(ちなみに前回訪問時,5月の6:00頃のお湯色は濃い群青色でした。)
浴室の壁板はジャッキにより開閉できるようになっており,前回訪問時は壁板が少し上がっていて川を眺めながら入浴することができました。
今回は閉まっており 壁板に直接マジックで「開けないで下さい」と書いてありました。何も直接書かんでも…。

100_7914_512100_7912_512組まれた石垣の上に脱衣籠があり,脱衣所一体型(?)の浴室になっております。   

浴槽は1.5人程が入れる大きさで、浴槽の形に合わせて体を丸めて入ると妙に落着きます。
足元湧出型の浴槽で,結構な量がかけ流されていますが、どこから湧出しているのかはよくわかりません。

熱くて濃厚なお湯なので入り応えがあります。湯の峰温泉の中で,多分最強のお湯だと思われます。 

Dscf1354_512Dscf1347_512湯の峰温泉共同浴場近くの川原には90℃を超える源泉が湧出している「湯筒」があり,玉子やサツマイモなどを茹でることができます。
(玉子やサツマイモは近所の売店で売られているようです。)

入浴前に仕掛けておいた玉子を回収。ホクホクの固ゆで卵になっていました。 

  

Dscf1352_512_2湯筒付近からも「つぼ湯」が見えます。この風景からも川原に湧いている源泉をそのまま囲った素朴で貴重な温泉であることが窺えます。

湯の峰温泉に行ったら是非味わって頂きたい温泉ですが,土日祝の日中は混雑が予想されますので、空いていてお湯が綺麗な早朝の訪問がオススメです。

  

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 総括:足元湧出 湯小屋型 蘇生系温泉
 ようござんす度:S(世界遺産に相応しい お湯&風情。)

****  施設データ ************* 

源泉名:
住所:和歌山県田辺市本宮町湯の峰
電話番号:0735-42-0074(湯の峰温泉公衆浴場)
営業時間
:6:00~21:30 \750 (30分,貸切形式)

|

« 湯の峰温泉 旅館あづまや | トップページ | 川湯温泉 仙人風呂 »

46.和歌山の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湯の峰温泉 旅館あづまや | トップページ | 川湯温泉 仙人風呂 »