« ホテル浦島~建物編 | トップページ | 那智勝浦温泉 らくだの湯 »

ホテル浦島~お風呂編

ホテル浦島 温泉巡りスタンプラリー

1_512_2ホテル浦島に到着するとフロントの方から館内の案内図が配られます。
館内にはあちらこちらに6つの温泉浴場があり,この地図を見ながら温泉巡りを楽しむことができます。

地図の裏面はスタンプ帳になっていて,6つの浴室のスタンプを押すと記念品が貰えます。  

  

12_512_2

前回日帰り入浴で温泉スタンプラリーをした時は,ホテル浦島特製の絵葉書3枚セットと入浴剤を頂きました。

館内のお風呂は撮影禁止になっているので,絵葉書3枚の写真でご紹介します。

  

  

  

21_512_3

【ホテル浦島全景】
狼煙半島先端の広大な敷地に本館,山上館,日昇館,なぎさ館があり,廊下でつながっています。
本館から山上館へ向かう超長いエスカレーターの高低差がよくわかると思います。

ホテルの目の前はすぐ海なので,魚釣りも楽しむ事ができるそうですよ。    

  

22_512_2

【忘帰洞】
ホテル浦島の名物風呂です。
こちらの写真(左側の浴室)は,日帰り入浴~夜間まで男湯,朝~チェックアウトまでは女湯となっています。広~い洞窟の中に浴槽が点在しています。

洞窟内の口が広く,そこから大海原を眺められるので開放感があります。
他方へもう一つ洞穴が伸びていて,そこを抜けると日の出が拝める露天風呂があります。

もう1つの浴室(右側の浴室)は左側の浴室と比べて小さめで,お湯の色が若干薄い感じがします。でも最奥(海に近い)の浴槽は青白濁で良いお湯でした。
   31_512_2  
【玄武洞】  
日昇館の外れにある,こちらも洞窟のお風呂です。
私が入浴した時はお湯が緑白濁しており,他の浴室に比べてお湯の色が濃い感じがしました。
忘帰洞よりも洞窟風呂らしい閉塞感,荒削りな感じがあり,好きな浴室です。

  

  

【磯の湯】
日昇館にある内湯で,源泉の異なる浴槽が2つあります。
手前の浴槽には白濁の硫黄泉が,奥の少し大きめの浴槽には無色澄明のお湯が注がれており,純粋にお湯だけを味わえる浴室になっています。
比較的地味な浴室ですが,何故か団体客のマダム達が大勢いたなあ。

【なぎさ元湯露天風呂】
なぎさ館(旧ごんど館?)にある露天風呂ですが,しっかりとした屋根と囲いがあるので半露天といった感じです。
樽風呂2つとタイル中浴場が1つあり,それぞれ少しずつ温度を変えているようです。硫黄泉らしい白半濁のお湯ですが,他の浴室でも使用されているのと同じ混合泉なので,浦島の中では平均的なお湯かな。
展望は良好で,夜には那智勝浦の夜景を眺めることができました。

【ハマユウの湯】 ※男湯は「滝の湯」
本館にある内湯です。浴室は湯気が充満していて薄暗い雰囲気です。白濁,薄い硫化水素臭味,薄い塩味があり,良く温まるお湯でした。

【天女の湯】 ※男湯は「狼煙の湯」
山上館の外にある公園近くにある浴室です。
展望の良い桧造りの露天風呂と,温室内のようなジャングル風呂があります。
桧露天の方のお湯は 無色澄明で白い膜状の浮遊物があり,ほぼ無臭でした。
ジャングル風呂の方は微白濁の硫黄臭が仄かに香るお湯でした。
※山上館の新しい浴室「遥峰の湯」ができたので,2009年3月末に「天女の湯」「狼煙の湯」は閉鎖になったそうです。 

【天海の湯】 (スタンプラリー対象外)
山上館にある内湯&露天風呂です。小ぢんまりとした内湯は 浴室の大部分を浴槽が占めているので,湯気&熱がこもって快適とは言い難いです。
露天風呂は 少しずつ温度が違う小さい浴槽が3つ並んでいます。ここも狭い空間にお風呂を詰め込んだ感じであまり落着かないです。
でも展望が非常に良く,天気の良い日の海の青さは眩しい程です。

32_512 【入浴剤】 
今回の湯巡りスタンプラリーの記念品は絵葉書がなく,入浴剤だけでした。不景気だからかな?

以前来た時にあった玄関近くの足湯や「ごんど浴場」がなくなっていたり,新しくなぎさ元湯ができていたり,お風呂がどんどん更新されていくホテルのようなので,数年に1回は訪問しなければならない温泉だと思いました。

  

  

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 総括:大型温泉ホテル型 スタンプラリー系温泉
 ようござんす度:A(良泉揃いの個性的な浴室達。)

****  施設データ ************* 

【忘帰洞,なぎさ元湯露天風呂,ハマユウの湯,天女の湯,天海の湯】
源泉名:ホテル浦島 温泉集中タンク(岩窟湯,赤島湯,赤嶋2号泉,浦島湯,翁湯の混合泉)
泉質:含硫黄-Na・Ca-塩化物泉,48.0℃,pH7.7,成分総計:4799mg/kg,湧出量:358L/分

【玄武洞】
源泉名:磯の湯1号泉
泉質:含硫黄-Na-塩化物泉,44.6℃,pH7.3,成分総計:3700mg/kg,湧出量:115L/分

【磯の湯】
(白濁湯)
:源泉名:磯ノ湯第5号泉
泉質:含食塩硫黄泉,43.2℃,pH8.0,成分総計:4897mg/kg,湧出量:180L/分

(透明湯):源泉名:磯の湯1号泉
泉質:食塩泉,45.8℃,pH5.5,成分総計:6240mg/kg,湧出量:231L/分

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町1165-2
電話番号:0735-52-1011
日帰り入浴
:13:00~16:00 \500
宿泊:1泊2食付\8550~

|

« ホテル浦島~建物編 | トップページ | 那智勝浦温泉 らくだの湯 »

宿泊」カテゴリの記事

46.和歌山の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホテル浦島~建物編 | トップページ | 那智勝浦温泉 らくだの湯 »