« 熊野古道温泉 わくわくの湯 | トップページ | 南紀 奇岩巡り »

月野瀬温泉 湯治場 ゆうや

月野瀬温泉 湯治場 ゆうや

100_8007_512100_8003_512  

  

   

  

  

  

旧古座川町の月野瀬温泉にある個人所有の湯小屋です。
民家の隣にある鄙びた(を通り越してボロい?)物置小屋のような建物で,寸志にて一般に開放されています。
  100_8004_512100_7981_512100_7982_512

  

  

  

  

  
  

知る人ぞ知る名(迷)湯で,道路沿いに「湯治場ゆうや」の看板は立っていますが,初めて見る人はどこに温泉があるのか分からないと思います。
扉の入口にはボロボロの簾が下がっており,他ではなかなか味わえない風情があります。

まずは民家の母屋に入浴をお願いしに行きましたが,声をかけても誰も出てきません。
困っていると軽トラに乗って通りかかったおじさまが,「いいよ。入ってっていいんだよ。」と仰るので,お言葉に甘えてお邪魔します。

浴室は2つあり,左側の浴室には先客がいらっしゃったので 右側の浴室に入ろうとすると,左側の浴室から「すぐ上がるから 待ってて。」と声がかかりました。
「右側の浴槽は浅いから入りにくいで。」と言って 着替えも そこそこに出てきてくれました。
地元の老夫婦が仲良く入浴されていたようで,お邪魔してすみませんでした。(来る度に思うんだけど,南紀には すごく気遣いが細やかで優しい人が多い。)

100_7990_512_2100_7998_512      

  

  

  

  
  

こちらが左側の浴室。コンクリートを基調にした手造り風の湯小屋で,何故か天井には網に入った石鹸がぶら下がっていました(笑)  
  

  

100_7996_512100_7992_512浴室に脱衣スペースがある,脱衣所一体型の浴室です。
脱衣篭の上には寸志を入れる箱が置いてあるので,感謝の気持ちでお金を入れます。

出入口には扉と壊れかけた簾があるだけで内鍵はついていないようです。お客さんは声をかけ合い,譲り合って使用しているようです。

 

100_7999_512

浴槽は3人程が入れそうな大きさで,無色澄明,清涼感がある卵臭味のツヤツヤしたお湯が ドバドバとかけ流しになっています。

湯温は37℃と温いですが,大量かけ流しで加水,循環をしていない超新鮮湯です。
やや強めのつるつるした浴感が気持ち良く,じっと浸かっていると浮遊している細かい気泡が体に付着して,拭うとぬるっとした浴感が加わります。
浴槽の底のタイルはつるつると滑り,座っているとお湯の流れる勢いに押されてスケートのようにツーッと滑って楽しいです。

湯舟の側面には木の栓があり,その隙間から結構な量のお湯が溢れています。
栓の下には洗面器が置いてあり,ここが洗い場となっているようです。
施設的には(良い意味で)超B級ですが,お湯は超一流です。このギャップに自然と笑みがこぼれます。

100_7986_512

100_7984_512

右側の浴室もほぼ同じ作りですが,確かに浴槽は浅く,半身浴や寝湯として使えそう。

肌寒い季節に 温いお湯に浸かるなら,さすがに全身浴が良いです。先客の方に大感謝です。   

一度浸かったら なかなか出られない,そして何度でも来たくなる素敵な湯小屋でした。

  

ジモ専に近い雰囲気があり,共同浴場の原風景のような湯小屋の風情に感嘆の溜息が出ます。この先もずっと このまま守り続けて頂きたい温泉です。
所有者の方のご厚意で開放して下さっているお湯なので,くれぐれも入浴マナーを守り,綺麗に利用したいものです。感謝の心付け(寸志)も忘れずに。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪♪
 総括:民家併設寸志型 つるつる温湯系温泉
 ようござんす度:S(所有者の方とお湯に感謝。)

****  施設データ ************* 

源泉名:
泉質:アルカリ性単純泉
住所:和歌山県東牟婁郡古座川町月野瀬
営業時間
:個人宅を訪問するのに常識的な時間帯 不定休 \寸志
  

|

« 熊野古道温泉 わくわくの湯 | トップページ | 南紀 奇岩巡り »

46.和歌山の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熊野古道温泉 わくわくの湯 | トップページ | 南紀 奇岩巡り »