« 湯の峰温泉 つぼ湯 | トップページ | 熊野古道温泉 わくわくの湯 »

川湯温泉 仙人風呂

川湯温泉 仙人風呂
100_7931_512100_7960_512    

  

  

  

  
  

大塔川の川原にはあちらこちらで源泉が湧いており,夏場には川砂利を掘るとワイルドな野天風呂が出来上がり,入浴と川遊びの両方を楽しむことができます。
前回訪問時はGW中で観光客のギャラリーが沢山いたので,全身浴は諦めて先人が作ったと見られる浴槽で足湯のみの入浴でした。

今回は冬の川湯温泉の風物詩,「仙人風呂」に入りに来ました。
川面にモウモウと湯煙が上がっているのが見えます。

100_7962_512冬期(11月~2月末)限定の「仙人風呂」は,水量が減った川の一部を堰き止めて作られています。川には仮設の橋が架けられており,入浴時間内であれば無料で自由に入浴することができます。

実は訪問日の1週間前に大雨のため露天風呂が流されてしまい,入浴できるか微妙だったのです。
でも前日の晩に無事復旧したとのことで,本日 入浴することができたのでした。関係者の皆様,お疲れ様&ありがとうございました。

100_7957_512100_7940_512  

  

  

  

 
  

露天風呂のすぐ横には男性用のオープンな簡易脱衣所があります。
女性用の脱衣所はもう少し奥まった所にあり,四方が簾で囲まれているので安心です。本当に簡易なつくりなので着替えるのはとても寒いです。
川原の砂利の上に板と風呂マットが敷いてありますが 濡れているので, 着替えは竹竿に掛けておいた方が良いでしょう。
基本的に混浴ですが、水着着用,タオル巻き可なので女性でも入りやすいと思います。

100_7937_512100_7943_512  

  

  

  

 
   

千人が入れるくらい大きいので「仙人風呂」と名付けたとのことです。(でも千人は無理かな。)でも山奥の緩やかな景色の中の大きな野天風呂は開放的で素晴らしいです。
前日復旧したばかりの為、湯温は全体的に温めの35~36℃でした。外気温が寒いため,一度浸かったら なかなか出ることができません。

100_7950_512

無色澄明で特に大きな特徴はありませんが,心なしか 柔らかい感じのお湯です。

所々で川底の砂利の隙間から,気泡とともにポコポコとお湯が湧いてくる様子を見ることができます。
結構 熱いお湯が湧き出しているので,そこでジッと浸かっていると体が温まってきます。今度訪問する時はもっとコンディションの良い時がいいな~。

(我々の訪問後6日後に再度水没したそうです。大自然相手なので難しいですよね。訪問前はHP等で確認された方が良いと思われます。)

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪♪
 総括:冬期野天型 足元湧出系温泉
 ようござんす度:A(冬期限定の川堰き止め露天風呂。)

****  施設データ ************* 

源泉名:
泉質:単純温泉,73℃
住所:和歌山県田辺市本宮町川湯温泉
電話番号:0735-42-0735 (熊野本宮観光協会)
営業時間
:6:30~22:00 (11月~2月末) 無料
  

|

« 湯の峰温泉 つぼ湯 | トップページ | 熊野古道温泉 わくわくの湯 »

46.和歌山の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湯の峰温泉 つぼ湯 | トップページ | 熊野古道温泉 わくわくの湯 »