« ホテル浦島~お風呂編 | トップページ | 那智御瀧 飛瀧神社 »

那智勝浦温泉 らくだの湯

那智勝浦温泉 らくだの湯

100_8151_512勝浦温泉の大型ホテル「越の湯」が所有する名物風呂ですが,運営管理はこちらの「清丸渡船」で行っています。

らくだの湯までの渡船の他,磯釣り,ホエールウォッチング等もやっているそうです。

らくだの湯までは お客さんが2人以上集まると,1時間間隔くらいで船を出してくれます。

100_8159_512100_8162_512  

  

  

  

  
  

店の前に漁船風の船が繋留されており,船頭さんが先端に付いているゴムタイヤを岸壁に押し付けるようにしてくれるので,容易に船に乗り移ることができました。

100_8168_512100_8171_512      

  

  

  

  
  

船長の娘さんが手馴れた風に舵を取り,颯爽と海を進みます。「紀の松島」と呼ばれている海岸沿いの奇岩などを眺めつつ5分程クルージングを楽しんでいるうちに,お目当てのらくだの湯に到着しました。

100_8181_512100_8182_512  

  

  

  

  
  

乗客が降りたら,船は去っていきます。約1時間後に迎えの船が来るまでは帰ることができません。この隔離された非日常感が良いですね。
お風呂の他には 脱衣小屋と屋根付きベンチがあるだけです。トイレや自販機等は一切ありませんので陸にいるうちに済ませておく必要があります。

このお風呂は混浴で,浴衣,水着を着用する必要があります。浴衣は無料で貸して貰えますので,乗船前に調達しましょう。
女性用は薄手の甚平みたいな浴衣で,男性用は薄手のトランクスのような浴衣でした。

100_8173_512_2「らくだの湯」は,名前の由来でもある奇岩「らくだ岩」の目の前にある,絶景の露天風呂です。

この時の入浴客は我々以外に 東京から来たという熟年のご夫婦2人のみだったのでゆっくりと湯浴みを楽しみました。

時々小型の観光船がらくだ岩を見学しに近くまで来たりします。 

  

100_8175_512_2崖と海の間の狭い岩場に2つの浴槽があり,崖の上の方から注がれる温泉が 結構な量かけ流しになっています。浴槽から溢れたお湯はそのまま海に流れ去り,自然の中の露天風呂を満喫できます。

お湯はほぼ無色澄明,卵臭味,アイボリー膜状の浮遊物が多くあり,鮮度の良いつるすべとした浴感で 非常に気持ちの良いお湯でした。

100_8185_512100_8179_512  

 

  

  
  

100_8192_512100_8212_512 お風呂に入りながら海面を眺めていると,稚魚の集団が広がったり縮まったりして泳いでいました。水温が温かく波が穏やかなので過ごし易いのかな?

船着場から湯舟へ向かう途中にはちょっとした洞穴もあり,環境,お湯ともに素晴らしい温泉でした。

  

  

100_8157_512100_8156_512  

  

  

  

  
  

「清丸渡船」には犬がたくさんおり,戸外には目つきの鋭い大きめな犬が4匹。ちょっと近寄り難い雰囲気の犬さん達でした。
でも事務所内にいる小さいの2匹。特に黒い甲斐犬の子犬がスゲーかわいい。
好奇心旺盛なのに 吠えないし,我々の手と間違えて自分の前足をずっとかじっていたよ(笑)。

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪♪
 総括:ホテル所有型 渡船ワイルド系温泉
 ようござんす度:A(絶品な環境,お湯も良好。)

****  施設データ ************* 

源泉名:越乃湯尾畑山 第二号泉 ラクダの湯
泉質:単純硫黄泉
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町湯川932 (清丸渡船)
電話番号:0735-52-5574
営業時間
:8:30~16:00(帰りの最終便は17:00)
料金:\1500 (渡船料,貸し浴衣込み)

|

« ホテル浦島~お風呂編 | トップページ | 那智御瀧 飛瀧神社 »

46.和歌山の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホテル浦島~お風呂編 | トップページ | 那智御瀧 飛瀧神社 »