« 那智勝浦温泉 足湯 | トップページ | ホテル浦島~建物編 »

那智勝浦のまぐろ

那智勝浦でマグロ三昧

100_8039_512

勝浦漁港は日本有数の生マグロの水揚げ量を誇り,漁港や卸売り店の前には大きなコンテナに入ったマグロが山積みされています。

我々が行った2月は「びんちょう(鬢長)マグロ」(地元では「とんぼ」とよばれている)という小型のマグロが旬なので,今夜の夕食用に新鮮な生マグロを調達すべく,アーケード街を物色しました。 

   

  
  

100_8041_512_3100_8043_512マグロを一般家庭に小売りしてくれそうな店を探してさまよい,目に入ったのは商店街の小さな魚屋さん「西岡魚問屋」。   

ショーケースに並んでいる魚は種類が少なく,注文の仕方や値段の相場がわからないので躊躇し,店の前を2往復してしまいました。

すると丁度 ご近所の奥さんが「マグロの刺身 2人前」と注文していたので,それに倣って「マグロの刺身 2人前を2つ」注文しました。

100_8044_512100_8045_512 

  

  

  

  
    

「4人前といったらこれくらいかね」と切り分けてくれた量は 思いの他小さな塊で,これで本当に4人前あるのかしら? こちらのお店は秤売りで,これで\1900也。

この塊から,女将さんが刺身を造ってくれます。きれいで手際の良い仕事振りに見とれながら待つこと数分。山程の刺身が出来上がりました。さすがプロ。

Dscf1491_512100_8108_512  

  

  

   

  

  
  

  
夕食のおかずが マグロの刺身だけだったので 2人で4人前用意しましたが,1人で24枚も頂くことになり,それだけでお腹いっぱいです。驚くくらいに量が多くて嬉しい誤算でした。
優しい女将さんが,我々が遠くから来た事を知ってか マグロの中でも一番イイ箇所を輪切りで切り分けてくれたので,赤身~中トロ~大トロのグラデーションのような刺身盛りに仕上がっていました。

びんちょうマグロは比較的 淡白な味わいのマグロですが,ぴかぴかに新鮮な生マグロは別格に美味しかったです。
大トロも"しゃきっ,とろっ"として美味しいですが,赤身と中トロの中間の箇所がお気に入りです。一皿で色んな部位が楽しめてよござんした。

西岡魚問屋
住所:和歌山県那智勝浦町築地3-3-9
電話番号:0735-52-4533
営業時間:9:00~17:00 土休

|

« 那智勝浦温泉 足湯 | トップページ | ホテル浦島~建物編 »

E.近畿のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 那智勝浦温泉 足湯 | トップページ | ホテル浦島~建物編 »