« 羽黒温泉 民宿 ぶなこ (お風呂編) | トップページ | 前田観光タクシー 桜温泉 »

源泉deごはん~古遠部編

古遠部温泉deごはん

民宿 ぶなこ に朝食付で宿泊しました。
夕食は古遠部温泉で採取した源泉でご飯を炊いて食べました。

Dscf2149_512Dscf2156_512  

  

  

  

  
  

胃腸の名湯と呼ばれる、炭酸味,土類エグ味,金気臭味のあるお湯で炊いたご飯はどんな味でしょうか。

Dscf2146_512Dscf2152_512   

  

  

  

   
  

本日の汁物は、近くの嶽温泉の土産屋で買ってきた「嶽きみスープ」です。甘いと評判の嶽産とうもろこしの味をいつでも味わえるレトルトスープです。
しかし自炊宿に宿泊したわけではないので、加熱することができません。苦肉の策として、宿の50℃近い温泉を洗面器に入れてスープを湯煎にかけました。
ぬるいスープが出来上がりましたが、熱すぎるよりも味がよくわかるので良しとしよう。
しゃきりコーンの味がそのままスープになったような、濃厚で自然な甘みが美味しかったです。

Dscf2159_512

本日のおかずは 嶽きみスープの他、噴火湾のホタテが入った刺身盛とホタテかまぼこです。青森らしいメニューだ。  
ごはん茶碗を持ってこなかったので、湯呑茶碗でいただきました。

「古遠部ごはん」は 心なしか緑かかった薄黄褐色のごはんで、特に温泉の味はしませんでしたが もち米みたいにモチモチとした食感です。特におこげの部分が香ばしさが増して美味しかったです。

  

|

« 羽黒温泉 民宿 ぶなこ (お風呂編) | トップページ | 前田観光タクシー 桜温泉 »

源泉deごはんの旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 羽黒温泉 民宿 ぶなこ (お風呂編) | トップページ | 前田観光タクシー 桜温泉 »