« 源泉deごはん~山形編(瀬見・羽根沢) | トップページ | 大洗グルメ みつだんご »

大洗グルメ たらし

大洗グルメ たらし

100_5665_512100_5667_512  

  

  

  

  
  

茨城県大洗の名物といえば 海産物系が有名ですが、独自のコナモノ文化があるとのこと。その名も「たらし」という 何ともちょい悪そうな言葉の響きです。埼玉県で食べられている「たらし焼」とは異なる食べ物のようで、早速食べに行ってみました。

目指すは「ほそのや」さん。鄙びた商店街から路地裏に入った住宅地に隠れるようにしてあり、中々見つかりません。2回程前を通り過ぎた時、色褪せて文字が読めない暖簾が掛かっている物置小屋?風の建物に気が付き、おそるおそる扉を開けてみると、ここでした。
店内は昭和レトロな下町の駄菓子屋もんじゃ屋風で格好良いです。

100_5670_512Dscf3602_512 

 

 

 

 
  

小上がりに2卓,テーブル席に1卓,使い込まれた鉄板があり、数種類の卓上調味料が置いてあります。
メニューはソフトドリンク,焼きそば・焼うどん,お好み焼の他、ちゃんと「たらし」がありました。たらしは「大,小」のサイズと、「3色,5色」の具の種類を選んで注文します。
具の種類は、ふし(かつおぶし),きりいか,天かす,のり,ねぎ,えび,もやし,しょうが,カレー,ソーセージ(魚肉),キャベツの11種類から3つ若しくは5つ選択します。その他の具として卵,肉は各\50プラスです。

たらし3色(小)\200を注文。私はソーセージ,キャベツ,ぶし を、相方A氏はネギ,もやし,さきいか をチョイスしました。

Dscf3607_512Dscf3609_512    

  

  

  

  
  
  
やや待って 小振りなホーローカップに入った生地が供されます。"お好み焼き"よりゆるく,"もんじゃ"より もったりと溶いた小麦粉生地に、先程チョイスした具が入っています。
卓上の調味料(ソース,醤油,塩,コショウ,うま味調味料)を使って 自分で味付けをして、よく熱した鉄板に その生地を少量流し入れます。

Dscf3612_512少量を焼いて食べ終えると 生地を垂らし、焼けたら食べて また垂らすを繰り返して少しずつ食べるのが醍醐味で、「たらし」と呼ばれる由縁でもあります。 

もんじゃへらを使用しますが、どちらかというと お好み焼きに近く,卵やつなぎが入らない素朴なお好み焼といった感じです。焼きながら ちまちまと食べるので、結構満腹感があります。

Dscf3615_512

Dscf3618_512 

 

  

  

    
  

デザートは「くろんぼ」\250。ゆるく溶いた小麦粉の生地に黒砂糖が沈んでいます。これをよく混ぜて、「たらし」同様,少しずつ垂らしながら焼いて食べます。

Dscf3622_512Dscf3603_512

「くろんぼ」は焼けるのが早く、すぐゲル状になり焦げますので注意が必要です。
ほんのりと黒砂糖の味がする懐かしく,優しい味で、底のおコゲがべっこう飴のように甘くてパリパリと硬い食感が楽しめます。

店内の張り紙には「中学生・高校生の喫煙 堅くお断りします」とありますw

昔の子供達の純喫茶という感じのノスタルジーがよござんす。
ソフトドリンクはビン\110,缶は\120とほぼ市価で、軽食「たらし」は\250で楽しめるという 儲け度外視の良心的な値段設定が素敵なお店でした。

ほそのや
住所:茨城県大洗町磯浜町1045
電話:029-267-1385
営業時間:要確認

|

« 源泉deごはん~山形編(瀬見・羽根沢) | トップページ | 大洗グルメ みつだんご »

C.関東のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 源泉deごはん~山形編(瀬見・羽根沢) | トップページ | 大洗グルメ みつだんご »