« 大の目温泉 | トップページ | おんどりそば »

富本温泉 富本館

富本温泉 富本館

Dsc02424_512Dsc02425_512  

山形県村山市の山間にある一軒宿です。ここは以前から何度かアタックしていたのですが、タイミングがなかなか合わず、(「さくらんぼ作りの講習会があるから」などw 断られ続けた)今回やっとの訪問になります。入浴の際は電話確認をした方が良いかと思われます。
国道347号線から 看板を目印に細い道を曲がると、あとは山道をどんどんと進みます。

Dsc02461_512 

しばらく進むとちょっと ひらけた場所に、ちょっと大きめな民家風の建物が見えます。こちらが目的の富本館です。
周囲は田んぼと鯉養殖用の水槽があり、カモがぴょこぴょこ歩いている のどかな環境です。
玄関に入って立寄り入浴をお願いすると おじいちゃんがお食事中でした。「ああ、多分沸いていると思うから、入っていって。」とのこと。
そんな訳で おじいちゃんが指を差した方へ廊下を進みます。

 Dsc02457_512Dsc02446_512  

鄙びを超越してボロい域に突入している 渋い廊下を進むと 浴室があります。つきあたりが女湯の脱衣所で、手前の扉は男湯の脱衣所ですが、基本混浴使用しているようです。
男湯の脱衣所は和風ウッドデッキ状で、浴室一体型になっております。この渋さが素敵っす。

Dsc02428_512  

浴室はイイ感じに鄙びた雰囲気で、ほぼ同じ大きさの小判型浴槽が2つ並び、その中間にあるアコーディオンカーテンで男女別に区切れるシステムになっていますが、訪問時は 男湯側の浴槽には低温の源泉槽,女湯側は加熱浴槽となっており、両方楽しめる素敵な趣向になっていました。

Dsc02443_512_2 Dsc02430_512 

浴室は天井が高く,木をふんだんに使っており、素朴な湯小屋風ですが、すりガラス窓の格子がモダンだったり,浴槽や床には細かなタイル細工で市松状に貼られてレトロだったり,蛇口が真鍮色をしていたりします。こんな山間の鉱泉宿なのにハイカラな造りなのが素敵です。浴槽縁の緩やかなカマボコ状の丸みも私好みです。

Dsc02436_512Dsc02434_512  

手前側の源泉槽は2人用,29℃と低めのお湯がドバっとかけ流しになっていました。無色澄明でほぼ無味無臭のお湯は、少々の気泡が付着して ぬるすべの肌触りです。

Dsc02445_512Dsc02452_512  

お湯が体温より低いため、すぐに さむいぼ(鳥肌)状態になってしまい、ぬるすべ状態を思う存分楽しむという訳にはいきませんが、鮮度の良いお湯は無条件に気持ちが良いものです。あまりの冷たさに 少しでもお湯に触れる表面積を小さくしようと、体育座りで小さくなっている相方A氏の背中が哀しい。夏の熱い日に入ったら最高でしょうね!
奥側の加熱槽は2人用,39℃で少量かけ流しになっています。冷熱交互入浴をするには ちょっと温めの加熱浴槽なので、じっくり入って体を温める必要があります。源泉槽よりも鮮度,浴感は劣りますが、それでも つるすべした浴感がありました。

Dsc02451_512Dsc02439_512  

浴室の形状に合わせて、アコーディオンカーテンに切込みを入れているのが良い塩梅です。浴室の廊下側には細長いかけ湯用?の槽がありました。

Dsc02441_512  

よく見てみると、湯口がアニマルです。ネコ科でしょうか?コウモリ系?ちょっとわかりませんが、ちょろちょろとお湯がかけ流しになっており、ヨダレを垂らして獲物を狙っているかのような、かなり個性的な湯口です。目の部分にはビー玉がはめ込まれており、右側から見ると目が合っちゃうのでちょっとコワいです。
 

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪
 お湯  :♪♪♪
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 総括:超鄙び温泉宿型 つるつる系低温温泉
 ようござんす度:A(山間の鄙びた&レトロ浴室のつるつる湯。)

****  施設データ ************* 

富本(ふもと)温泉 富本館
住所山形県 村山市 大字湯野沢2651
源泉名:湯野沢温泉
泉質:単純温泉,29.7℃,pH9.8,成分総計:194.2g/kg
電話番号:0237 -54-2636
営業時間:要確認
料金:\500   

|

« 大の目温泉 | トップページ | おんどりそば »

15.山形の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大の目温泉 | トップページ | おんどりそば »