« 湯ノ沢源泉deごはん | トップページ | 和氣精肉店のコロッケ&メンチカツ »

那須与一 かくれ村

那須与一 かくれ村 
(大田原市の個性的なお店・第一弾)

栃木県の大田原市は、質の良い温泉と 個性的なお店が揃っているワンダーランドですな。

100_5690_512100_5675_512

 

 

 

 

 

  

「那須与一 かくれ村」は、その名の通り 大田原市の外れ,幹線道路から田畑の間の細い道をどんどん進んだ余笹川沿いに 隠れるように建つ、観光やな 兼 食事処です。
外観,内装ともに、古き良き田舎の民家風で、小上がり席には囲炉裏が切ってあります。

100_5680_512100_5677_512  

 

 

 

 

 

我々は美味しい天然鮎の塩焼きが食べたくなったらこの店へ行きます。(以前は馬頭町に美味しい鮎を食べさせてくれるお店があったのですが、温泉郷へ行く道のバイパスができて以降お客が激減したらしく、閉店してしまいました。ちなみに、一年中,無難な鮎を食べさせてくれるのは、烏山にある矢沢のヤナだと思います。)
床が土間になっているのが珍しいです。待ち時間に囲炉裏の灰ならしで枯山水を作るのが楽しいのです。

100_5682_512100_5683_512  

 

 

 

 

 

鮎などの川魚料理の他、手打ち蕎麦などもあります。「鮎そば」が気になりますな。でもやっぱり注文するのは、いつもの「鮎焼き定食 \1200」。

100_5674_512100_5685_512  

 

 

 

 

 

近くには民家等がないのでとても静かで、川のせせらぎの音をBGMにゆったりとした時間を過ごすことができます。小上がりの大窓からは夏でも涼しい川風が入ってきて、心地よいです。
窓の外には大きなデッキ席があり、葦簾の屋根の下でオープンな雰囲気の食事が楽しめます。 

Dscf0214_512_3鮎焼き定食は、鮎の塩焼き2尾,小鉢3品(この日は ほうれん草のお浸し,蕗の煮物,冷や奴)と,ご飯&みそ汁がセットとなっており、田舎料理風のヘルシーな御馳走です。

天然鮎の塩焼きは、塩加減が良くて ふっくらと焼き上がっています。鮎特有の香り,程良い脂の味も良く、ご飯との相性が抜群です。家から車で2時間半と ちょっと遠いのですが、それくらい時間がかかっても食べたい美味しさです。
鮎の塩焼きは焼き立てが命なので、夏季の休日等は作り置きのない開店直後に行く事をオススメします。 

100_0819_512100_0799_512_2  

 

 

 

 

 

すぐ前を流れる余笹川には、季節になるとヤナが作られ、それを眺めながらの食事も風情があります。とても静かでゆったりとした時間を過ごすにはもってこいで、あまり人には教えたくない隠れ家的な存在のお店です。

 

那須与一かくれ村
住所:栃木県大田原市川田470-1
電話番号:0287-59-0990
営業時間:11:00~21:00 水曜休
鮎焼定食 \1200

      

|

« 湯ノ沢源泉deごはん | トップページ | 和氣精肉店のコロッケ&メンチカツ »

C.関東のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湯ノ沢源泉deごはん | トップページ | 和氣精肉店のコロッケ&メンチカツ »