« ぽっぽ焼き | トップページ | 月岡温泉 旅館さかえ舘 »

新潟から揚げ @せきとり

新潟から揚げ @せきとり

Dsc03448_512  

新潟市で「鶏のから揚げ」といえば、鶏の半身を丸ごと揚げたボリューミーな品を出すお店が多いそうです。
その中でも味に定評がある「せきとり 本店」へ行ってきました。新潟市の住宅街に溶けこんだ小ぢんまりとしたお店です。

Dsc03449_512Dsc03451_512  

 
店内は厨房を囲むようにカウンター席がある一杯飲み屋風で、奥にテーブル席や座敷席もあります。昭和の下町風のノスタルジーを感じる渋い雰囲気がよござんす。
「ご用の方はこのボタンを押して下さい」の言葉とともに 壁に設置された、玄関ピンポン風のボタンが格好良いです。

Dsc03454_512Dsc03455_512  

 

鳥専門店らしく、メニューは「カラ揚」,「ムシ焼」(いずれも時価),「焼き鳥 肉」,「焼き鳥 皮」がメインで、その他はスープ,おにぎり,キューリ,トマト,キャベツ等のサイドメニュー的品が並びます。ドリンクもビールや酎ハイ系が多く、一杯飲み屋さんといった雰囲気です。
この半身のカラ揚げをテイクアウトして晩御飯のおかずにする家庭が多いらしく、電話予約を入れて、3本,4本と買って帰るお客さんが次々と現れました。
店頭でカラ揚げのテイクアウトを注文して、出来上がりを待つ間にカウンターで焼き鳥2本とコップ酒を楽しんでいた 粋なお父さんは常連さんでしょうか。新潟市に於けるカラ揚げと生活との密接な関係を感じます。

Dsc03459_512  

 
さて、「カラ揚げ」が運ばれてきましたよ。うっすらと香るカレー粉の風味が食欲をそそります。

Dsc03461_512Dsc03465_512  

ちょっと小ぶりなヒナ鳥の半身ですが、手で持ってみると結構迫力があります。カレー粉は風味程度でメインの味付けは塩味です。外側の皮はパリッと揚っていてウマい!中はしっとりジューシーなお肉です。胸肉,もも肉,手羽元,手羽中,ナンコツ等、色んな部位の肉が楽しめます。
火の通りが絶妙で、胸肉等はパサツキが生じる一歩手前の状態でしっとりしています。肉厚な部分は味が薄いですが、卓上には調味料が設置してあるので自分の好みで味を足すことができます。
じっくり時間をかけて揚げているので、アバラ骨の部分も食べられそう。身が薄い箇所がバリッと揚っていて,味も濃縮されていて美味いです。Dsc03466_512

ムシ焼きも運ばれてきましたよ。こちらもなかなかボリューミーです。
火の通り具合が絶妙で、ムネ肉もしっとりと仕上がっています。皿の下に溜まった黄金色のソースが 蒸し落ちた鶏の旨味と塩味が効いており、鶏肉やキャベツに付けていただくと非常に美味です。血のり,むだ毛なのがない、丁寧な肉の下処理がこの味を支えているのだと思います。

Dsc03457_512Dsc03467_512 

車で移動するためお酒は注文しませんでした。するとお店の人がグラスに入った熱々のほうじ茶を出してくれました!これは焼酎のお茶割を飲んでいる気分にさせてくれて上々の雰囲気を演出してくれました。
その他サイドメニューとして、おにぎりとスープも注文してみました。おにぎりの方は小ぶりな型押し三角おむすびで、中に具はなく頂点に黒ゴマ,味付け海苔が巻いてあります。塩味の鶏肉との相性が良いです。
黄金色のスープ、これがまた美味いです。ムシ焼の皿下に溜まった黄色いソースの脂を抜いてスープ用に薄めたような味。鶏の旨みがたっぷりで、玉ねぎスライスとネギの小口切り等の香味野菜が入ってさっぱりと仕上がっています。
テイクアウトのお客さんが多いですが、粗熱が加わると このジューシーさが無くなってパサつきが出ちゃうかも知れないので、時間が許す限り焼き立てを食べるのが最良かも。

 

せきとり 本店
住所:新潟県新潟市中央区窪田町3-199
電話番号:025-223-5934
営業時間:16:30~21:30 (月曜休)
カラ揚:時価(この日は\700),ムシ焼:時価(この日は\700), スープ\150, おにぎり(3ケ)\390

|

« ぽっぽ焼き | トップページ | 月岡温泉 旅館さかえ舘 »

D.中部のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぽっぽ焼き | トップページ | 月岡温泉 旅館さかえ舘 »