« 月岡温泉 足湯 | トップページ | 多宝温泉 だいろの湯 »

咲花温泉 柳水園

咲花温泉 柳水園

Dsc03608_512Dsc03607_512  

 

 

 

 

 
 
咲花温泉の温泉街から脇道をちょっと上がった所にある、寂れた雰囲気の温泉旅館です。入ってみるとロビーは広々として落ち着いた雰囲気で一安心。

Dsc03580_512Dsc03583_512  

 

 

 

 

 
 
 
実はここへ訪問する前に、咲花温泉の他の旅館に日帰り入浴をお願いして、冷たく断られたばかりだったので意気消沈しておりましたが、こちらの旅館では当たり前のように受け入れて頂きました♪ありがたい事です。
館内・脱衣所ともに設備は古いですが、困る程ではありません。
 
Dsc03584_512

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

浴室に入ると湯気がもうもうと充満していて、呼吸するだけでも効きそうです。窓を開けて湯気の量を調節しなければ写真撮影は非常に困難な程です。
6~7人程が入れる浴槽は45~46℃と熱めですが、ピリッとしたお湯で 湯温よりも更に熱く感じます。
薄い緑色を帯びた透明,油臭,硫化水素臭味があり、黒色コケ状の浮遊物が少量舞っていました。 

Dsc03587_512Dsc03588_512  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お湯が湯口から愉快な程大量に注がれており、鮮度は抜群です。つるすべ!とした浴感があり、かなりの良いお湯です。コップが置いてあるので飲泉は可能なのでしょう。
それにしても女湯の湯口が素敵です。正面からみると魚を跨いでいるだけのように見えますが、横から見ると尻尾をしっかりと掴んで「獲ったど~!」状態になっています。瞳孔が開きぎみの魚の表情が哀れを誘います。
鯉の背にチャイニーズ系の童子が乗っている湯口は たまに見かけますが、小便小僧風のヨーロピアンな子供と魚の湯口とは斬新です。頭の上に乗せられたコップも素敵ですな。

Dsc03602_512Dsc03611_512  

 

 

 

 

 
 
少し傾斜がある洗い場を洗うようにお湯が流れ去っていきます。浴槽のお湯はアチアチなので、お湯が流れる床に座って休み休み入浴するのが良いでしょう。
宿の裏口から出ると、狭い温泉街を通らずに駅のホームの目の前に出ることができます。庶民的な浴室で、鮮度良好な名湯をゆっくり楽しむことができました。恐ろしい程良く温まるお湯で、夏は汗を流すのに,冬は芯まで温まるのに利用できるクセになるお湯でした。 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:やや鄙び系旅館型 油系ドバドバかけ流し温泉
ようござんす度:S(「取ったど~」系の素敵湯口。)

****  施設データ *************

咲花温泉 柳水園
住所:新潟県五泉市大字佐取7241
源泉名:咲花温泉 6号
泉質:含硫黄‐Na・Ca‐塩化物・硫酸塩温泉,50.2℃,pH7.8,成分総計:1.163g/kg
電話番号:0250-47-2121
営業時間:要確認
料金:\600

|

« 月岡温泉 足湯 | トップページ | 多宝温泉 だいろの湯 »

湯口コレクション」カテゴリの記事

31.新潟の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月岡温泉 足湯 | トップページ | 多宝温泉 だいろの湯 »