« 西福寺 開山堂 | トップページ | 岩澤観音鉱泉 白山荘 »

へぎそば 小嶋屋総本店

へぎそば 小嶋屋総本店

Dsc03693_512Dsc03694_512  

 

 

 

 

 
 
新潟県十日町市の名物「へぎそば」を食べに、元祖といわれる「小嶋屋総本店」へ行ってきました。駐車場にある大きな水車が目印です。 
「へぎそば」とは繊維業が盛んだった六日町で のりとして使用していた”ふのり”を、そばのつなぎとして使用したものです。”へぎ”とはお蚕さんを飼育する,板でできた箱のこと。この”へぎ”に、絹に見立てて綺麗に束ねたそばを並べて供されるのが「へぎそば」です。

Dsc03696_512Dsc03697_512  

 

 

 

 

 
 
和の趣のある店内は綺麗で広々としています。個室風のお部屋に案内され、落ち着いた雰囲気で食事を楽しみました。

Dsc03700_512Dsc03699_512  

 

  

 

 

 

 

 

 

  
 
さて、へぎそばを食べに行ったはずなのに、天ざるを注文してしまいましたw 容器が違うだけで、そばは同じだからいいよね?

Dsc03705_512Dsc03710_512  

 

 

 

 

 

サイドメニューとして、「栃尾のあぶらげ」を注文してみました。栃尾特有のふっくら厚みのある あぶらげを炙って厚み方向にスライス。その間に生姜風味の味噌と刻み長ネギが挟んであります。上に鰹節がかけられ、大根おろしが添えられています。ただ炙って食べても美味しいあぶらげですが、こういう食べ方も美味しいですね。

Dsc03712_512  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
さて、天ざるが運ばれてきました。小ぶりなせいろに入ったおそばが2段。天ぷらはサクサクの海老天2本,玉ねぎのかき揚げ,かぼちゃ,さつまいもでした。 

Dsc03720_512   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
見た目 普通の蕎麦のようですが、コツコツとした歯応えではなく、コシとともに むちっとした独特の強い弾力があります。しっとりと保水力がある みずみずしい麺は、艶やかで つるりとすべらかな喉越し,キメ細かな食感で、普通の蕎麦とは異なる美味しさがあります。ふわっと蕎麦の風味がありますが、ふのりの風味はほとんどわかりませんでした。
つゆは、燻し鰹のこうばしい香りが強く,まろやかで結構甘めです。そばのつけつゆとしては味,風味などの個性が強過ぎる感がありますが、 この個性的なそばには不思議とぴったり合います。

Dsc03704_512Dsc03716_512  

 

 

 

 

 
 
薬味として和がらしと長ネギが添えられています。へぎそばは和からしで食べるのが一般的だそうです。天ざるには 生わさびがサメ皮おろしとともに添えられていましたが、個人的には栃尾のあぶらげに付いてきた大根おろしを薬味にして食べるのが一番好みでしたw

Dsc03703_512Dsc03717_512  

 

 

 

 

 

 

 

 
何故”へぎ”ではなく、”ざる”を選んでしまったのかというと、創業90周年感謝祭ということで「お替りせいろそば\90」というキャンペーン中だったからです(2010年11月14日までw)。もちろんお替りしましたよ♪ つやつやで美味しいそばをお腹いっぱい頂きました。
あ、そうそう。店の内壁,外壁は全体的に緑色を帯びていますが、漆喰にふのりを混ぜているそうです。 

Dsc03724_512Dsc03723_512  

 

 

 

 
 

 
トイレも和の趣きがあり、カッコ良いです。手洗い場のシンクは メダカの絵が入った陶器製で、周囲に玉砂利が敷いてあり、とてもオシャレです。そば同様に店舗も印象的で個性的なお店でした。 
 

小嶋屋総本店
住所:新潟県十日町市中屋敷758-1
電話番号:025-768-3311
営業時間:11:00~20:30 (冬期~20:00)
へぎそば 1人前 \700 ,天ざるそば \1350 ,栃尾の油揚げ \500

|

« 西福寺 開山堂 | トップページ | 岩澤観音鉱泉 白山荘 »

D.中部のグルメ」カテゴリの記事

麺食い(そば)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西福寺 開山堂 | トップページ | 岩澤観音鉱泉 白山荘 »