« 宇佐美温泉 宇佐美ヘルスセンター | トップページ | 伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉 ~宿泊編 »

伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉 ~建物編

ケイズハウス伊東温泉 (旧旅館いな葉) ~建物編

Dsc04096_512_2 

 
かつて伊東温泉の中心街であった松川沿いには 木造3階建ての老舗旅館の建物が2件建ち並んでおり、往時の繁栄振りが窺えます。
そのうちの1つである「東海館」は、1997年に廃業し 現在は 伊東温泉観光・文化施設として利用されています。
「東海館」は4年程前に訪問し、昭和初期の建物見学と 温泉入浴を楽しみましたが、その隣に建つ「いな葉」は入浴時間が合わず断念した経緯があります。
「いな葉」は、「東海館」の親戚による経営で 大正12年創業。湯口が「ぶんぶく茶釜げー」だということもあり リベンジ訪問の予定だったのですが、その3ヵ月後に旅館廃業との情報があり、打ちひしがれていました。(廃業の情報を聞く度に、できるうちにやらないと 2度と会えない事があるということを痛感してしまいます。)
今回、伊豆旅行の計画を立てていた際、「いな葉」が経営者を変え「ケイズハウス伊東温泉」というゲストハウスに生まれ変わってオープンしたという情報を聞き、早速宿泊してみました。
もう!この素敵な外観を見ただけでもクラクラします。

Dsc04094_512    

こちらが今回宿泊する「ケイズハウス伊東温泉」の玄関。ガラス戸に書かれている屋号は「温泉旅館 いな葉」のままなのが嬉しいです。銅板葺唐破風の屋根で、大瓶束付の虹梁と”稲穂と雀”が彫刻された蟇股が特徴的です。
 
Dsc04103_512_2

ちなみにこちらはお隣「東海館」の玄関。銅板葺唐破風の屋根の下には見事な”鶴と旭日”の兎の毛通し、蟇股には“波”が彫刻されています。

Dsc04176_512 Dsc04092_512 

 
旧「いな葉」は国指定の登録有形文化財でもあり、館内の見学(\300),立寄り入浴(\500)も受け付けています。素泊りのみのホステル系で、宿泊も相部屋\2950~とお安いため、外国人旅行者や連泊者も多いようです。門限がないので、帳場が閉まった後は 宿泊時に知らされるキーナンバーで玄関の鍵を解錠するシステムになっています。 

Dsc04090_512  

 
玄関の扉を開けると 老舗旅館の風情が漂う広々とした玄関ホールがあり、感嘆のため息が出ます。 

Dsc04082_512Dsc04085_512  

 
ガラス窓に囲まれた小さな中庭も小粋です。1階には帳場の他,ラウンジ,キッチン等の共用スペースがあります(宿泊編で ご紹介します)。
他のお客さんがチェックインする前に、館内見学させて頂くことにしました。

Dsc03988_512Dsc04056_512  

1階は近年建て替えられた風でピカピカでしたが、2~3階の宿泊部分は年季が入ったシブい雰囲気があります。変木柱や彫刻手摺が施された階段,房付き扇型の照明等、随所に趣向を凝らしてあります。 

Dsc04038_512Dsc04042_512 

大広間は格式のある格天井。広々としていて ついゴロゴロと転がりたくなります。

Dsc04039_512Dsc04036_512  

透かし彫りの彫刻欄間や レトロモダンな照明がかなり素敵です。 

Dsc04057_512Dsc04044_512  

 
帳場で客室も見学したい旨をお願いすると、扉が開放されている部屋は宿泊予約がないので どうぞ。とのことだったので、2階の古い佇まいの部屋へ。 

Dsc04051_512Dsc04053_512  

 
川沿い8畳のお部屋は4人用の相部屋として利用されているようで、布団と布団の間には衝立があります。障子には細工が施され、広縁の雰囲気も落ち着いていて良い感じ。

Dsc04064_512Dsc04071_512  

3階の中程には展望室行きの階段があり、望楼へ上ることができます。2面が窓になっており、「東海館」の望楼と比べると小さめです。

Dsc04070_512  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
目の前を流れる近代的な伊東温泉の街並みが一望できます。目の前を流れる松川と,東海館の望楼がすぐ隣に見え、この一郭だけ 時間の流れが異なるかのようです。

Dsc04062_512Dsc04072_512  

階段を3階まで上ると更に先に 中途半端な階段があり、謎の扉があったのでそうっと開けてみると 屋根の上と中庭が見えました。メンテナンス用でしょうか。柵もなく危険なので、小さいお子様などは注意が必要です。

Dsc04100_512_2   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松川越しで、向かって右側は「旧いな葉(ケイズハウス伊東温泉)」,左側は「東海館」です。この川沿いは遊歩道になっているので、ふらりと散策するのも良いと思います。

宿泊編はこちら→

お風呂編はこちら→      

|

« 宇佐美温泉 宇佐美ヘルスセンター | トップページ | 伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉 ~宿泊編 »

37.静岡の温泉」カテゴリの記事

建物」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、
「ホテルマン激オススメ旅行情報」という
ブログを運営している者です。
貴方のブログはステキで興味深いブログですね。
貴方のブログを読んで旅行が興味がある方だと知りました^^
旅は人の心を豊かにさせますね。

私は楽天ブログで下記の旅行ブログを書いてます。
「ホテルマン激オススメ旅行情報」
http://plaza.rakuten.co.jp/hotelman/

★ぜひ私のブログと 「相互リンク」しませんか?
現在相互リンクの仲間が1000人以上です。
※相互リンクとは簡単に言えば「お互いのブログをブログ上で紹介し合うこと」

相互リンクの仲間と旅の情報交換をしてます。
加えてアフィリやアクセスアップなどの情報も共有してます。

こちらにメール下さい。
plazarakutenhotelman■livedoor.com
※■を@に変えて下さい。
(URLとブログ名を必ず明記して下さいね)
ではまた 来ます。 

投稿: ホテルマン激オススメ旅行情報 | 2011年3月 9日 (水) 08時22分

拙ブログへお越し頂き、ありがとうございます。
相互リンクお誘いの件、大変光栄に存じますが、
想定外の出来事ゆえ、判断できません。
大変申し訳ありませんが、今回は遠慮させて下さい。
貴ブログの益々のご発展をお祈り致します。

投稿: ELE-FAN | 2011年3月 9日 (水) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇佐美温泉 宇佐美ヘルスセンター | トップページ | 伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉 ~宿泊編 »