« 伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉 ~建物編 | トップページ | 伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉 ~お風呂編 »

伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉 ~宿泊編

ケイズハウス伊東温泉 (旧旅館いな葉) ~宿泊編

Dsc03978_512Dsc03981_512_2  

こちらのお宿は部屋によって宿泊料金が異なり,相部屋設定のお部屋もあるので、気軽な格安旅行に利用するのにも便利です。
今回我々は予約時に「古い趣きが残っている川沿いの個室」をお願いしましたが、人気のある部屋は早々に埋まってしまうらしく、「改装してあるけど欄間や格子に若干の細工がある、川沿いの個室」を用意していただきました。

Dsc03979_512_4  

 
川沿いの10畳+次の間3畳のお部屋で、純和風の落ち着いた雰囲気です。

  Dsc04155_512  Dsc04156_512

窓には控えめな扇の飾り障子があり、出窓風になっています。すぐ下は松川なので、釣り糸を垂らしたら魚が釣れるかも?

Dsc04088_512 Dsc04159_512  

 
こちらのお部屋は、洗面台,トイレ付きでした。改装にあまりお金をかけられなかったのか、安っぽい素材を使用しているのが残念です。小さな冷蔵庫も付いていました。
ホステルなので基本セルフサービスで、部屋には既に布団が置いてあり 自分で敷きます。敷き方は宿のしおりに買いてあるのでそれに従います。1人2枚のシーツがあり、その間で寝るように布団を敷きますが、マットレス系の敷布団&掛け布団が1枚だけだったので、冬場にはちょっと寒かったっす。
ちなみに部屋にTV,お茶セットはなく、TVは共用スペースのラウンジで、お茶はキッチンに置いてあります。浴衣,タオル等は有料レンタルとなるので、手ぶらで至れり尽くせりをご希望の方には向いていないお宿だと思います。

Dsc04060_512Dsc04058_512  

 
トイレ,洗面のないお部屋もあり、共用使用となりますが、こちらの拵えがまた素敵です。「お手洗い」と書かれたレトロなガラスの引き戸,照明もオシャレです。内装も小さなタイルと丸太を並べた床の組合せで素敵です。

Dsc03987_512 

共用の洗面も小さなタイル製で変木があしらってあり、格好良いです。 

 

【キッチン】

Dsc04008_512  

 
1階にある共用キッチンはどちらかというと洋風の対面式キッチンです。

Dsc04010_512 Dsc04012_512 

電気ポットにインスタントコーヒー,紅茶パック,インスタントみそ汁等が置いてあります。炊飯ジャー,共用の冷蔵庫も置いてあります。 

Dsc04013_512Dsc04164_512      

奥にはもう1つキッチンがあり、電子レンジ,オーブントースター等もあります。包丁,まな板,しゃもじ等の調理器具、鍋や食器等もありますが、それ程多くはないので 使用した後はきちんと洗って戻す事が鉄則です。
備え付けのレトロな棚には、長期滞在者の食材等も置いてありました。 

Dsc04172_512 Dsc04014_512 

 
調味料も置いてありますが、本格的に自炊する場合は準備していった方が良いかも。洗濯機&乾燥機は有料で使用することができます。

【ラウンジ】 

Dsc03992_512_2 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関ホールを抜けて付き当たりが共用スペースのラウンジになっています。いくつかの部屋の襖を取っ払ったような広々とした造りで、大きな窓からは柔らかな光が入ってきて気持良い空間になっています。

 Dsc03990_512

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砂利入りの土間コンに,敷石が置いた庭園風の通路を通って奥の部屋へ行くこともできます。ちょっと格好良過ぎるでしょう!宿泊部のレトロなトイレが苦手な人はこの辺にある近代的なトイレを使用すると良いでしょう。  

Dsc04005_512Dsc04001_512  

テーブルの上には「伊東の冷たい水」が置いてあり、お風呂上りに水分補給ができるのが有り難いです。パソコンが置いてある部屋もあり、インターネットでの情報収集が可能です。
ホステル利用の醍醐味でもある旅人同士の交流の場としても利用されているようですが、我々が利用した時は他にお客さんはいませんでした。

Dsc04004_512  

 

 

 

 

 

 

 

 

畳の部屋にピーズクッションが置いてある和洋折衷の間がお気に入りです。大きな格子窓からは川を眺めることができます。 

Dsc04000_512  

 

 

 

 

 

 

 

 

縁側からは川面がすぐ近くにあり、魚が泳いでいたり,鴨がクケーッっと鳴いている様を眺めながら、ゆったりとした時間を過ごす事が出来ます。 

Dsc04160_512Dsc04170_512      

朝食はこちらのラウンジで頂きました。宿の近くにある商店街で買った”伊豆柏屋”の「いでゆむし羊羹(栗蒸羊羹)」です。キッチンでお茶を淹れて飲みましたが、外国人観光客をターゲットにしているせいか日本茶や湯呑茶碗はなく、マグカップの紅茶とともに頂きました。
竹皮のまま温泉で蒸した羊羹とのことで、甘さ控えめで小麦or米粉系のもっちりとした食感が強いです。栗の甘露煮がアクセントになっていて、素朴で食べ飽きない味です。

宿の方の話によると、見学&立寄り入浴で来たお客さんで、 あまりにラウンジの居心地が良かったらしく,ひがな一日転がって休憩した後 そのまま泊って行ったツワモノがいたらしいw ちなみに共用スペースは、宿の従業員の方々とも共用利用となってます。
決まり事も多いが 自由度も高い宿なので、共用スペースの ざっくばらんな雰囲気が苦手でなければ利用価値が高いお宿だと思います。

 

お風呂編はこちら→ 

|

« 伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉 ~建物編 | トップページ | 伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉 ~お風呂編 »

37.静岡の温泉」カテゴリの記事

宿泊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉 ~建物編 | トップページ | 伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉 ~お風呂編 »