« 伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉 ~宿泊編 | トップページ | ねごめし @地魚居酒屋 きんごろう »

伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉 ~お風呂編

ケイズハウス伊東温泉 (旧旅館いな葉) ~お風呂編

【女湯】

Dsc04016_512Dsc04018_512  

 
浴室への入口は帳場の向かい辺りにあります。広々としたパウダースペースがあり、女性には嬉しいですね。

Dsc04019_512Dsc04020_512  

逆に脱衣棚は小ぢんまりとしています。浴室へ行くにはここから階段を下ります。 

Dsc04021_512Dsc04022_512Dsc04023_512   

更に階段を下ります。結構深い所にあるのですね。浴室の扉の前には床の間風なスペースがあり、間接照明を使った和風の拵えです。全体的に綺麗で新しく、近年に改装されたものだと思います。 

Dsc04024_512  

浴室は浴槽,床,洗い場,柱が御影石でできており、重量感があります。滑って転ばないように注意して下さい。半地下で窓から光が入らないので、ちょっと圧迫感があります。浴槽は縦長で10人程が入れる大きさで、湯温は41℃と適温でした。お湯は自家源泉使用で、無色澄明,ほぼ無臭無味,さらもちっとした浴感が気持良く 鮮度はかなり良いです。

Dsc04028_512_2Dsc04136_512

 

湯口は「文福茶釜」でかなりカワイイです。ふさっとした尻尾を上げ、斜めに科をつくって こちらを見ている様が愛くるしい。

Dsc04137_512Dsc04141_512 

 
茶釜部分の蓋がズレてちょっと開いている所が湯口だったと思われるのですが、今はそこからはお湯が出ておらず残念。
お湯が出ていれば かなり傑作な湯口だと思うんだけどな~!お湯は 御影石にある別の湯口から注がれていました。
 

【男湯】

Dsc00728_512  

 
相方A氏提供の男湯写真です。こちらも御影石を多用した浴室になっていますが、女湯よりも浴槽が広々としています。

Dsc00731_512  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
こちらの湯口「文福茶釜げー」は現役で使用されています。かなり怪しい目つきで、口からはドバドバとお湯を吐き出していますよ。

Dsc00732_512Dsc00734_512  

いいですね~。憧れの湯口だったので、実物を見たかったっす。東海館みたいに 時間で男女入替え制なら良かったのに。

【家族湯】

Dsc04046_512Dsc04047_512  

 
家族湯は2階と3階に各1あり、ほぼ同じ造りです。空いていれば好きな時に入浴することができます。以前は2階は木製,3階は細かなタイル造りだったようですが、現在は黒御影石製になっていました。 

Dsc04077_512Dsc04079_512  

 
1人用扇形の浴槽は42℃と適温。ドボドボと結構な量がかけ流しになっており、お湯の鮮度はすごぶる良好です。浴槽に入ると自分の体積分のお湯が一挙に流れ出し、洗い場は ちょっとした洪水状態で爽快な眺めです。

立寄り入浴も可能で、お隣の「東海館」とは使用源泉が異なるので、温泉のはしごも良いでしょう。

 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪♪
総括:国指定有形登録文化財型 ホステル系温泉
ようござんす度:A(老舗旅館の風情とホステル的旅情&新鮮湯を同時に楽しむ。)

****  施設データ *************

伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉
住所:静岡県伊東市東松原町12-13
源泉名:岡84号泉
泉質:Ca・Na‐塩化物温泉,51.8℃,pH7.8,成分総量:3.58g/kg,湧出量:121L/min
電話番号:0557-35-9444
営業時間:8:00~21:00
料金:日帰り入浴 \500,館内見学 \300   
宿泊料金:和室Aタイプ(川側,トイレ・洗面付,2名1室,素泊り)\4900/人

|

« 伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉 ~宿泊編 | トップページ | ねごめし @地魚居酒屋 きんごろう »

37.静岡の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊東温泉 ケイズハウス伊東温泉 ~宿泊編 | トップページ | ねごめし @地魚居酒屋 きんごろう »