« 熱海温泉 山田湯 | トップページ | 熱川温泉 圓遊 ~食事編 »

伊東温泉 ファミリー旅館 梅屋

伊東温泉 ファミリー旅館 梅屋

Dsc03845_512 Dsc03844_512

 

  

 
 

 
 
伊東温泉の路地裏に迷い込みながら、目的の旅館を探します。細い路地に架かったアーチ状の看板跡,「猪戸囲碁クラブ」の渋い建物,”祝大漁“の のし袋を模った寿司屋の看板など、ディープな雰囲気です。 

Dsc03848_512Dsc03847_512

 

 

 
 
 

 
 

住宅街に埋没するかのように梅屋旅館がありました。外観はちょっと大きめな民家風ですが、屋号の小さな看板と,歓迎用の看板があったので 発見することができました。こう見えて こちらの旅館、独自源泉を持っている温泉旅館なんです。

【小浴場・塩温泉】 

Dsc03855_512Dsc03861_512_2  

 

 

 

 

 

 

 

女将さんが浴室を案内して下さり、「他にお客さんがいないので、好きな方に入っていいですよ。」と仰ったので、勿論「両方入らせて下さい。」とお願いしましたw
小さい方の浴室は2人用サイズのタイル浴槽が1つあるだけのシンプルなつくりで、若干大きめな一般家庭のお風呂のような雰囲気です。

Dsc03865_512_2Dsc03866_512   

 

 

 

 

 

 

 
浴槽の湯口は蛇口が2つあり、右側の蛇口からは46℃の単純温泉(共同源泉)がドバっと注がれ、かけ流しになっております。
「塩おんせん」の表示がある左側の蛇口は 37℃程の食塩泉(自家源泉)で、蛇口は開けっぱなしの状態でホースが付けられ、槽外の排水溝方面へ向けられていました。 

Dsc03864_512Dsc03859_512  

 

 

 

 

 

 

 

ホースからは温いお湯がダバーっと出ており、普段は捨てられています。激塩味で塩っ辛く,後味に渋苦味が残ります。かなり濃厚な塩湯で、この源泉だけを浴びると、浴後にベタツキ感があります。
通常 単純温泉のみが注がれているので 湯温が45℃と若干高めになっており、そこへぬる湯の塩温泉を足すと、お湯質と湯温が徐々に変化していく様子が楽しめます。塩源泉のホースは使用後 浴槽外に出しておかないと、後客が ぬる湯に入る事になります。
脱衣所に「塩温泉の入浴方法」の説明書きが置いてあるので、入浴前に読んでおくと良いでしょう。

【大浴場】

Dsc03874_512Dsc03872_512  

 

 

 

 

 

Dsc03884_512 

 

 

 

 

 

大浴場は脱衣所,浴室ともに鄙びた雰囲気で、4人程用の浴槽が1つあるだけの小ぢんまりとしたものです。 

Dsc03877_512Dsc03878_512  

 

 

 

 

 

こちらは単純温泉のみ使用で、45℃と湯温が高く、しゃっきりとしたお湯です。無色澄明,ほぼ無味無臭で 湯口からはお湯がドボっと注がれ,掛け流されています。大きな特徴はありませんが、むっちりとした浴感の鮮度良好なお湯が楽しめました。

Dsc03886_512Dsc03885_512  

 

 

 

 

 

玄関ホールや木製階段などは庶民系の鄙び感があります。伊東温泉という有名な温泉地にありながら、立地,佇まいともに激シブなのが素敵です。

Dsc04742_512帰りがけに女将が、お土産にお手製の箸入れ&楊枝入れを持たせてくれました。「オシャレですね~。」と感想を述べると、 ロビーの小さなテーブルの上で、女将による”箸袋の折り方”の即席講座が開催されました。
とっても家庭的な雰囲気で、ついつい泊ってみたくなるお宿でした。 
 

 
****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:鄙び民宿系旅館型 塩湯系温泉
ようござんす度:A(家庭的な雰囲気で、2種類の源泉を楽しめる。)

****  施設データ *************

伊東温泉 ファミリー旅館 梅屋
住所:静岡県伊東市猪戸1-6-5

【共同源泉】
源泉名:混合泉(岡227号泉,岡234号泉,岡235号泉)
泉質:Na・Ca-硫酸塩・塩化物温泉,54.7℃,pH7.9,成分総計:1063g/kg

電話番号:0557-37-2112
営業時間:要確認
料金:\500 

|

« 熱海温泉 山田湯 | トップページ | 熱川温泉 圓遊 ~食事編 »

37.静岡の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱海温泉 山田湯 | トップページ | 熱川温泉 圓遊 ~食事編 »