« 湯の網温泉 鹿の湯 松屋 ~宿泊編 | トップページ | 熱海温泉 山田湯 »

湯の網鉱泉 鹿の湯 松屋 ~食事編

湯の網鉱泉 鹿の湯 松屋 ~食事編

【夕食】

Dsc04983_512  

食事は部屋食となっています。料理によって宿泊料金が異なりますが、今回我々は「海鮮鍋(地魚ホウボウ入り)・きんき塩焼きプラン(冬期限定)」(相方A氏がアレルギー持ちなので、海老・蟹のないメニュー)をチョイス。 

Dsc04982_512Dsc04980_512      

メインディッシュの海鮮鍋は大皿に具が山盛りで盛付けられていました。
せっかく具沢山なので全種類紹介すると、白菜,人参,春菊,長ネギ,大根,焼豆腐,椎茸,ブラウンえのき,本しめじ,つみれ,焼かま,ホウボウ,タラ,牡蠣,スルメイカでした。
鍋の主役,ホウボウは冬が旬の 淡白な白身の高級魚です。赤色の体にコバルトブルー水玉の大きな胸鰭があり、おちょぼ口,3対の足で歩くキュートなヤツです。上品な甘味,旨味があり非常に美味でした。
イカは過加熱に注意して、しゃぶしゃぶの要領で食べるそうです。

Dsc04989_512Dsc04990_512  

ダシ昆布の入った土鍋に、まずホウボウの頭を入れてダシをとりますが、土鍋がジャスト2人用くらいのサイズだったため、大きなホウボウの頭が入ると他の具があまり入りませんw 5~6回に分けて具を投入しました。魚介が美味しいのは勿論ですが、色んな具材の旨味が溶けあった汁や、その旨味が染み込んだ野菜も大層美味でした。
お櫃に入って供されたご飯は茨城産のこしひかりでしょう。お櫃の香りが良く,ピカピカに炊き上がっていて、こちらも美味です。

Dsc04993_512  

「キンキの塩焼き」はこちらのお宿の名物です。でっぷりと身の厚いキンキは脂が乗っていて、出てきた脂で揚げ焼き状態になっており、ヒレや皮はパリっとして頭,背骨以外はバリバリ食べられます。中の身はグドさのない脂とコク&旨味があり、うまうまです(*゚ー゚*) 添えられた たっぷりの大根おろしも嬉しい限り。

Dsc04998_512Dsc05003_512  

その他、刺身3種盛りとほうれん草の胡麻和え,香の物が付きましたが、激ボリューミーな鍋だけで満腹になってしまい、食べるのに苦労しましたw
 

【朝食】

Dsc05011_512  

朝食も部屋食です。メニューは柳カレイ,卵,海苔,野菜サラダ,ひじき煮,豆腐のみそ汁,ピカピカのこしひかり,デザートは大ぶりのミカンでした。

Dsc05013_512 Dsc05023_512  

パリっと焼き上がった 柳カレイは香ばしくて独特の風味があり、これまた美味でした。
至れり尽くせりの高級旅館ではありませんが、建物,雰囲気,お湯,食事,接客、どれをとっても上質なもので、心落ち着けるお宿だと思います。
帰り際に、お土産にと塩ワカメを頂きました(ありがとうございます。美味しかったです)。
女将に「立寄り入浴でとても良かったので、今回泊りに来たのです。」という話をしたら、とても嬉しそうに大将に報告していました。温泉と宿に愛情がとてもある湯守さんという印象で、今後も歴史ある個性派の名湯を守り続けて欲しいですね。 また是非とも宿泊したくなる温泉宿でした。

宿泊編はこちら→

 
立寄り入浴編はこちら→

 

****  個人的評価 *************

 雰囲気:♪♪♪♪♪
 お湯  :♪♪ 
 コストパフォーマンス:♪♪♪
 総括:山間の鉱泉宿型 レンガ色系温泉
 ようござんす度:A(大正モダンな浴室が素敵。海の幸てんこ盛りの食事も美味し!)

****  施設データ *************

湯の網温泉 鹿の湯 松屋
住所:茨城県北茨城市関南町神岡下1435
電話番号:0293-46-1086
源泉名:鹿の湯1号泉
泉質:含鉄(Ⅱ)-Na・Ca-塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉,13.6℃,pH6.4,成分総計:1.216g/kg
営業時間:8:00~20:00 月・火曜休 (要予約)
日帰り入浴:\500
宿泊:1泊2食付(海鮮鍋(地魚ホウボウ入り)・きんき塩焼きプラン) \9975/人 ,素泊り \4725

|

« 湯の網温泉 鹿の湯 松屋 ~宿泊編 | トップページ | 熱海温泉 山田湯 »

20.茨城の温泉」カテゴリの記事

宿泊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湯の網温泉 鹿の湯 松屋 ~宿泊編 | トップページ | 熱海温泉 山田湯 »