« オタマトーンメロディ Z | トップページ | 矢沢のヤナ »

キマジメコーヒーのベーグル

Cafe de KIMAJIME (キマジメコーヒー)

Dsc08467_512Dsc08469_512  

栃木県烏山市にあるベーグルと自家焙煎のコーヒーのお店です。店名に「カフェ」とありますが、喫茶店ではなく販売のみになっています。さて、うちのナビ子に案内されるがままに到着すると、そこには「堀江衣裳店」というお店が。
特に衣裳屋には用事はないなあと思っていたら、ガレージ前に「キマジメコーヒー」と書かれた真っ赤な看板と 謎の足跡を発見。

Dsc08468_512Dsc08470_512  

足跡はガレージの奥,通り庭のような通路を抜けて裏庭へと導きます。

Dsc08476_512_2Dsc08472_512  

 

 

 
通路を抜けると,おそらく衣裳屋さんの居住スペースと思われる普通の民家と、更にその奥に土蔵があったりします。店舗などどこにも見当たりません。…っと、あれ?「OPEN」と書かれた看板がありますよ。

Dsc08477_512Dsc08478_512_2  

なんと!民家のベランダ窓がお店の出入り口ですΣ(゚д゚;) 縁台の所で靴を脱ぎ中へ入ります。すると、何という事でしょう。6畳程の和室にベーグルを並べたショーウィンドウ,レジ等が置いてあります。いろんな民家系店舗がありますが、ベーグル屋さん,しかもベランダからの侵入は初めてです。

Dsc08479_512  

美味しそうなベーグルとスコーンがお洒落に並んでいます。結構な人気店らしく 週末等はすぐ売り切れてしまうので、早い時間に行くか,前日の閉店時間までに電話を入れて取り置きをお願いしておくと良いでしょう。

Img001_2_512

定番や日替わりを合わせて20種類以上のベーグルがあり,店頭には17種類も並んでいました。どれにしようか迷ってしまう~ (@Д@; スコーンも8種類中5種類が並んでいました。
私は”ソーセージ”と”オレンジクリームチーズ”のベーグルを、相方A氏は”オニオンベーコンチーズ”と”いちじくとくるみ”のベーグルをチョイス。

Dsc08538_512  

家に帰ってからのおやつとしていただきました。

Dsc08539_512Dsc08541_512  

・ソーセージベーグル:粗挽きソーセージに生地を巻きつけ、一旦茹でてから焼いています。リング状のベーグルに比べて生地が薄めなのでバリッと焼き上がっている感じがします。普通のパン生地と違って力強いもっちりとしたベーグル生地がソーセージの食感によく合います。
・オニオンベーコンチーズ:オニオン風味の茶色い生地にダイズ状のベーコンを混ぜ、表面はチーズをかけて焼きあげてあり、リッチな味わいです。混ぜ物があるせいかノーマルな白生地よりもキメが粗い感じですが、むっちりした弾力があり美味しいです。

Dsc08549_512Dsc08545_512   

・いちじくとくるみベーグル:生地にくるみとドライフィグがたっぷり混ぜ込まれています。香ばしいクルミと、いちじくの仄かな甘味とプチプチ食感が良いです。 

Dsc08547_512Dsc08552_512  

・オレンジクリームチーズベーグル:オレンジピールとクリームチーズがたっぷりと生地に混ぜ込まれています。やっぱりベーグルとクリームチーズの組合せが大好きみたいです 私。オレンジピールもビターで爽やか。
プレーンな白生地はキメの細かさと むっちりした力強い食感を併せ持っていて、4種類食べた中では一番好みかも。 

Dsc08554_512Dsc08560_512   

スコーンは”チョコチップ”と”抹茶ホワイトチョコ”を購入。翌日の朝食としていただきました。お店の人が入れてくれた説明書通りに、電子レンジで10秒程温めた後,オーブントースターで約1分焼きました。そうすると焼き立てに近づけることができるとか。
外側サクッと中はホロッとしていて紅茶によく合います。ほんのり甘めでパサパサしていないので、メープルや生クリームを付けずにそのまま食べても美味しいスコーンでした。

とても良いお店を見つけました。烏山方面に行く時は 是非立寄って、いろんなベーグルに挑戦したいです。

 

キマジメコーヒー株式会社
住所:栃木県那須烏山市中央2-10-7
電話番号:0287-83-0024
営業時間:11:00~18:30 日・月曜休(臨時休業あり)
ベーグル \150~\240, スコーン \130~\160

|

« オタマトーンメロディ Z | トップページ | 矢沢のヤナ »

C.関東のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オタマトーンメロディ Z | トップページ | 矢沢のヤナ »