« 別府 プリン食べ歩き | トップページ | このまんま焼そば »

ごまだしうどん 

ごまだしうどん @大分空港

「ごまだしうどん」とは大分県佐伯市周辺で食べられている郷土料理です。焼いた魚(エソ,カマス等)の身をほぐし,煎り白ゴマと合わせてすりつぶし,醤油・味醂等で味を付けたペースト状の調味料 「ごまだし」を、湯だめしたうどんに加えて食べるという 簡単で素朴な食べ方のうどんです。
本当は佐伯市内で本場の味を楽しみたかったのですが、今回もタイトなスケジュールでの温泉巡りとなってしまったため その夢は叶わず。大分空港内の食事処で食べることにしました。

Dscf5235_512Dscf5234_512   

大分空港の3Fにあるレストラン「SKY LINE」は展望が良く,広々とした空間で、飛行機の待ち時間を利用して食事やお茶が楽しめます。
郷土料理系のメニューも充実しており、「大分名物のとり天」や「豊後牛のたたき」,「冠地どりのとりハム」「関アジのフライ」「鯖のりゅうきゅう」,「ほろよいセット(地ビールor焼酎と郷土料理の小鉢2種のセット)」など魅惑的で目移りしそうです。

でも我々は初心を忘れず「ごまだしうどん」を注文。「あじのごまだし」と「えそのごまだし」の2種類あったので、私は”あじのごまだし”単品で、相方A氏は”えそのごまだし”の定食を注文しました。 

2_512  

定食には ごまだしうどんの他に、とりの炊き込みご飯と香の物が付いています。

1_5123_512  

湯だめしたうどんにささがきゴボウ,練り物系,そしてごまだしが乗っており、食べる前によく混ぜてごまだしを均一に溶かしてから頂きます。添えられている薬味(ネギ,柚子胡椒)はお好みで。
麺に関しては、普通の玉うどん(チルドの茹で麺)系なので特筆することはありませんが、スープが美味いです。魚の旨味と香ばしい胡麻の香りがしっかりある素朴な味です。魚や胡麻をすりつぶしているため、旨味のある固形が口の中に残り、それが程良いアクセントになっています。この「ごまだし」さえあれば だし汁を作る手間を省略でき、お手軽にうどんが食べられるのでとても便利です。

”あじのごまだし”の方が魚独特のコク,旨味が強い感じがします(具の練り物はじゃこ天)。”えそのごまだし”の方はあっさり上品な魚の旨味で,ごまのクリーミーな味とのバランスが良いです(具は白身魚の練り物)。
使用する魚や製造メーカーによって味が異なるようなので、食べ比べをして自分好みの「ごまだし」を家に常備したいものです。

Dscf5240_512  

とりの炊き込みご飯等も驚く程美味しいわけではなく、他の空港のレストランと同様に及第点といった感じですが、旅の終わりに地の物や郷土料理を食べられるのは嬉しいですね。
窓側はカウンター席になっており、滑走路を眺めながらの食事を楽しめます。偶然、これから自分達が搭乗する飛行機の前の席でした(゚ー゚)。荷物が積み込まれたり、燃料を入れている所を眺めながらの食事は、社会科見学も同時にできて楽しかったですよ。

 

スカイライン (大分空港ターミナル 3F)
住所:大分県国東市武蔵町糸原3600
電話番号:0978-67-1178
営業時間:7:00~19:30 無休
ごまだしうどん 単品:\750,定食:\980 ほろ酔いセット \900~1000

 

【ごまだしの素】

2種類購入してみました。

Dscf5246_512_2Dscf5249_512_2

「ヤマジンのごまだしプレミアム」は別府市内のスーパーで購入しました。半液状のチューブ入りタイプなので使いやすく,口当たりまろやかで、ねりごまがクリーミー。
これは うどんだけではなく、他の料理にも利用できます。ご飯に乗せて、だし汁orお湯をかけると美味しいお茶漬けになります。うどんよりもスープが絡み易く,濃厚な旨味が味わえます。
エリンギ,カニカマを炒め、バター,ごまだしで味を加えてパスタに絡め、刻み海苔や刻んだ大葉を乗せるとあっという間に和風パスタになります。 これは結構優れモノ調味料です。

Dscf5253_512 Dscf5255_512

空港で購入した(有)大入島製の「ごまだし うどんの素」は瓶詰タイプ。しっとりそぼろふりかけのような固形ペースト風で、フレーク状の魚肉(えそ)がたっぷり入っています。ヤマジンのチューブタイプと比べて白ゴマ味は控えめで、味噌が入っている分 尖った塩味があります。うどんやお茶漬け等、お湯に溶かして丁度良い味付けになっていると思います。
生タイプふりかけとして使っても美味しいですが、塩味が濃いので少量でご飯が沢山食べられます;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

その他大分で購入したお土産

【おさつほっこり】

Dscf5259_512Dscf5261_512_2   

大分空港で見かけた「おさつほっこり」。九州限定品らしいです。やはりこれはカルビーさんが北海道土産の大ヒット商品「じゃがポックル」の”二匹目のドジョウ”を狙ったものなのでしょうか?
種子島産の安納芋を使用したとのことで、安納芋好きな私は素通りできませんでしたよ(^-^;

箱の中には小袋が8コ入り、小袋には小ぶりで厚く輪切りされたさつま芋フライが5~6枚入っており、量的にはちょっと物足りない感があります。さつま芋を加熱した際の甘い優しい香りと、芋の甘味を引き立てる程度の塩味が良いですね。
じゃがポックル同様にフリーズドドライしてあるので油っぽくなく,サクサクとした食感があります。最初はあまり芋の味はわかりませんが、咀嚼しているうちに口の中で芋に戻っていくような感覚があり、素材の味,甘味が滲み出て来ます。素朴な甘味で美味しいですが、安納芋特有のねっとりした甘味を引き出しきれていない感じはあります。それと量の割に ちと高いかな。

(そういえば以前、津軽に行った際、「青森ながいもっくる」という、いかにも「じゃがポックル」の威を借りました系のローカル会社製 長芋スナックがありましたぜ。長芋のシャリっ(微ヌルっ)とした食感と特有のエグ味があり、正直微妙な味だったっけw)

 
おさつほっこり
内容量:104g (13g×8袋) \840

 

【豊後きのこカレー】

Dsc05440_512別府駅のお土産売り場を物色していたら、「豊後きのこカレー」なるレトルトカレーが売っていました。どこかで見たことがあるような…。そうだ!以前ギャル曽根嬢が何かの番組で、47都道府県のご当地カレーを全部食べて順位をつける企画で2位だったヤツだ。

ここで出会ったのも何かの縁ということで、購入して帰りました。
1個\300という,お土産品としてはお得な価格設定も魅力です。無駄な外箱を省いており、アルミではないパウチ容器がノスタルジックです。
 

Dscf5273_512Dscf5276_512   

大分県産の干し椎茸をカレールーで煮込んでいます。ペースト状の玉ねぎや小さく刻まれた人参が溶け込んだルーに、小ぶりな「どんこ椎茸」が丸ごとゴロンゴロン入っており、メインの具としての存在感があります。
肉厚の椎茸を噛みしめると、染み込んだカレーと椎茸の旨味がジュワっと滲み出てきて美味。
カレールーは黒っぽい色で和風スパイシーな感じ。一般的なカレー粉とはちょっと違い、後味に独特な苦味と微かにスーっとした清涼味があります。クセがあるので好みがあると思いますが、私はとても美味しくいただきました。次回訪別した際はまた買おう!

豊後きのこカレー
内容量:180g \300

|

« 別府 プリン食べ歩き | トップページ | このまんま焼そば »

H.九州のグルメ」カテゴリの記事

麺食い(うどん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別府 プリン食べ歩き | トップページ | このまんま焼そば »