« 直島クルーズ | トップページ | 直島散策 »

直島銭湯 I LOVE 湯

直島銭湯 I  湯 (アイラブ湯)

100_6922_512

直島の宮浦港から歩いてすぐの 普通な住宅街の中に、ひと際目立つ奇天烈な建物があります。こちらは「直島銭湯 I ♡ 湯」という 大竹伸朗氏のアート作品で、実際に銭湯としても営業しています。

100_6924_512  

2階建ての建物の2階部分が剥がされたように鉄筋むきだしのコンクリト梁が見え、その上に屋根裏部屋を切り取ったような建物が乗っています。正面にはヤシの木が植えられ、色んなオブジェや廃材が寄り集まってできたようなファンタスティックな建物になっています。 

Dsc06672_512Dsc06691_512  

この建物を正面から撮影したいと思っても、前の道幅が狭いのでなかなか難しいと思います。(広角23mm相当のカメラで撮影しても、全景は入りませんでした)
向かいのお宅の玄関前にはコーンと双頭のエミュのオブジェが置いてありました。おそらく 観光客が外観を撮影する際に敷地に入らないようにとの配慮だと思われます。周囲は一般人が住んでいる民家なので、迷惑がかからないように見学する必要があります。

小さな池があり、あまり綺麗じゃない水の中には流金と出目金がいました。 

Dsc06850_512Dsc06783_512   

池に貼られているタイル絵の金魚が愛らしいです。

Dsc06679_512Dsc06688_512

建物のあちこちに、色んな模様のタイルや古い雑誌の切り抜き等が貼られ、3Dのコラージュのようになっています。 

Dsc06681_512 Dsc06788_512  

おそらく大竹氏の手書きだと思われる「直島銭湯」のタイル絵も怪しい雰囲気で素敵です。 

Dsc06692_512Dsc06696_512   

側面に回ってみると小さな船底の上にサンルーフがあったり,色んなガラクタが並べられています。後ろに回ると建物の上には船の操舵室が置いてあり、窓からは植物が顔を出していました。 

Dsc06781_512Dsc06789_512Dsc06849_512  

玄関の屋根の上には女性をモチーフにした「ゆ」の看板が掲げられています。夜になると怪しいネオンサインのように光るのも見ものです。玄関前には券売機が置いてあり、こちらで入場券を購入してから番台へ向かいます。 

Photo   

内部は撮影禁止のようなので、浴室の様子がわかるチラシ画像を載せておきます。まず最初に目に入るのは男女境の壁の上に立つ巨大な象。北海道の廃秘宝館から来たようです。
ちょっと浅めのタイル浴槽の底には、レトロな商品ラベルや、レトロでポルノな切り抜きがコラージュのように敷きつめられています。
タイル絵は海中のダイバーと艶かしい海生動物達だったり、窓の外はサボテン温室だったりします。
洗い場の押しカランは、ポルノ系写真やビーズ,スパンコール,人工パール等がまたもやコラージュのように封入された注型樹脂でできており カラフルです。一個一個が異なる手作り感が素敵。

浴室も非凡ですが、脱衣所の洗面所やトイレも見ておいた方が良いです。海生動物や微生物が藍色の顔料で艶かしく絵付けされており、洗面所のシンクや便器は陶器でできていることを再認識させられます。
銭湯という日常と、アートという組み合わせのギャップが楽しい施設でした。

Dsc06682_512Dsc06847_512  

建物前には縁台のようにせり出している場所があるので、ベンチ代わりに座って休憩しました。所々にはめられている手書きのタイルを眺めるのも楽しいです。「ピカピカハレンチ」と書かれたタイルもありますが、まさに この銭湯のイメージを言い表してているかのような、素敵な響きの言葉ですな。

直島銭湯オリジナルラベルが貼られた炭酸飲料,その名も「ラブネ」を飲みながら涼むのも良いでしょう。(ちなみに中身は普通のラムネです。) 

Dsc08562_512Dsc08968_512 

記念にオリジナルタオルも購入してみました。これらのグッズも券売機で券を購入してから番台で商品と引き換えるシステムです。 

何の予備知識もなく行ってサプライズを楽しむも良し。写真集を予め購入して,予習してから行くのもまた良しです。写真集は蛇腹型の特殊な製本で、サイズがちょっと小さいのが残念。

直島銭湯 I  湯 (アイラブ湯)
住所:香川県香川郡直島町2252-2
電話番号:087-892-2626
営業時間:(平日)14:00~21:00 (土日祝)10:00~21:00 月曜休(祝日の場合は翌日)
料金:\500 (直島島民は\300)

|

« 直島クルーズ | トップページ | 直島散策 »

g.四国」カテゴリの記事

建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直島クルーズ | トップページ | 直島散策 »