« 大河内温泉 平田旅館 | トップページ | 俵山温泉 冨士屋旅館 ~宿泊編 »

瓦そば

瓦そば@たかせ本館

Dscf0027_512_512Dscf0028_512_512  

お昼ご飯に川棚温泉名物の「瓦そば」を食べる予定だったのですが、予定が狂ってしまって食べられませんでした(;ω;) 仕方がないので、6年程前の同じ時季に食べた「瓦そば」のことを思い出してみる事にします。

山口県豊浦町の川棚温泉街にある瓦そば発祥のお店です。連休中ということもあり、開店時間15分前にも係わらず店の外にまで行列ができていましたw(゚o゚)w
店前には「瓦そば 発祥の由来」の看板があり、要約すると、西南戦争の時に薩軍兵士が野草や肉を瓦の上で焼いて食べたという野戦食をヒントに創業者が作り上げたものとのこと。

Dscf0022_512_512

畳敷きの小上がりに通され、注文して待つことしばし。アツアツに熱した瓦の上に乗った見た目もかわいく盛られたそばが運ばれてきました。茶そばの上に錦糸卵,小ネギ,牛肉の甘辛煮,焼海苔,レモンの輪切り,紅葉おろしが乗っています。 

Dscf0023_512_512Dscf0024_512_512  

写真は2人前です。1枚の瓦には最大3人前まで盛ることができるようです。テーブルの上には保温ポットが置いてあり、温かいつけ汁が入っています。このめんつゆ系のつけ汁をお好み量 器に入れ、そばを浸して食べます。
茶そばは瓦に接した部分がパリパリと香ばしく,それ以外の部分はふわっと抹茶の香りがする素焼そば。つけ汁によって喉越しが良く、焼そばと盛りそばの両方の食感が楽しめる不思議な麺類です。
トッピングされている具や薬味の組合せで味の変化も楽しめます。”めんつゆと茶そば”という純和風の食材に、”錦糸卵と牛肉の甘辛煮”という これまた純和風の食材との組合せで、不思議とハイカラな味になります。めんつゆに溶けた 卵焼きのコクと牛脂の旨味が絶妙且つ斬新です。最後はレモンと紅葉おろしを加えてさっぱりと頂きます。 

Dscf0025_512_512  

食べ終わって改めて見ると、器は本当に大きな瓦であることがわかります。他では見ない個性的で美味しい麺類で、これなら「名物に美味いものあり!」と言って良いかな。ところで この食べ物、分類上は「蕎麦」かしら?「焼そば」かな?

「元祖瓦そば たかせ」は、本館以外に 川棚温泉街内に2店舗(新館,別館)あるので、混んでいる時は他の店舗に行ってみるのも良いでしょう。福岡県内にも2店舗あるそうです。

元祖瓦そば たかせ本館
住所:山口県下関市豊浦町大字川棚5437
電話番号:0837-72-2680
営業時間:11:00~21:00 木曜休
瓦そば \1050(1人前)

|

« 大河内温泉 平田旅館 | トップページ | 俵山温泉 冨士屋旅館 ~宿泊編 »

麺食い(そば)」カテゴリの記事

麺食い(やきそば)」カテゴリの記事

F.中国地方のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大河内温泉 平田旅館 | トップページ | 俵山温泉 冨士屋旅館 ~宿泊編 »