« 源泉deごはんの旅~山陽編 | トップページ | 尾張温泉 尾張温泉保養所 湯元別館 ~宿泊編 »

源泉deごはんの旅~山陰編

源泉deごはんの旅~山陰編

今回の旅で、山陰では2箇所の源泉を使用してご飯を炊いてみました。

【温泉津源泉deごはん】

Dsc07467_512Dsc07475_512  

山陰の名湯,温泉津温泉の飲泉所にて源泉を採取。土類系鉱物臭,塩味+土類苦味+炭酸鉄味がある濃厚湯で、飲む分にはあまり美味しくありませんが、経験上,このお湯でご飯を炊いたら美味しいであろう予感がしました。

Dsc07554_512Dsc07555_512  

そんな訳で、2食付の宿に泊ったにも拘らず、源泉を使用してご飯を炊いてしまいました。 

Dsc07567_512Dsc07569_512  

やや緑色を帯びた黄色いご飯が炊けました。お米が立ってます。
まろやかで適度な塩味,香ばしい風味,卵系のコク,プリッとした炊き上がりでウマウマですヽ(´▽`)/
何も付けずにそのまま食べても美味しいので、炊き立てを味見した後は おにぎりにして持ち歩き、昼ご飯として食べました。冷めてもやっぱり美味しいや。
今まで源泉でご飯を炊いた中で、3本の指に入る美味しさでした。
  

【岩井温泉deごはん】

Dsc08157_512Dscf5388_512  

山陰最古の温泉である岩井温泉の源泉でご飯を炊いてみました。金気味・弱塩味・石膏味・芒硝味が混ざった薄味の源泉で炊いたご飯はどんな味がするでしょうか。

Dscf5389_512Dscf5395_512  

見た目は普通のご飯ですが、石膏系の風味が微かに残り,あまり美味しい部類ではありませんでした。

本当は強塩味の池田ラジウム源泉でもご飯を炊きたかったのですが、2食付き宿泊が続いたため断念したのが心残りです。決して激塩味のご飯を食べるのを怖れて逃げた訳ではありません。ありませんですってば (嘘)。

 

|

« 源泉deごはんの旅~山陽編 | トップページ | 尾張温泉 尾張温泉保養所 湯元別館 ~宿泊編 »

源泉deごはんの旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 源泉deごはんの旅~山陽編 | トップページ | 尾張温泉 尾張温泉保養所 湯元別館 ~宿泊編 »