« 惣菜 さいとう@堀切菖蒲園前 他 | トップページ | 湯王温泉 ホテル湯王温泉 »

ココ・ファーム・ワイナリー ~2011収穫祭

ココ・ファーム・ワイナリー ~2011収穫祭

Dsc01192_512Dsc01124_512

前の職場の女の子達に誘われてココ・ファーム・ワイナリーの収穫祭へ行ってきました。
こころみ学園という施設が運営をしており,知的障害者達の自立を目的に開墾した葡萄畑から始まったワイナリーです。園生の丁寧な仕事によって造られた質の良いワインが評判で、沖縄サミットの晩餐会では こちらのスパークリングワインが,洞爺湖サミットでは赤ワインが使用されたことでも知られています。有名になった現在でも 機械化による大量生産はせず、地道に美味しいワインを作り続けています。
今ではこちらのワインを扱っているお店が多いので、直接ワイナリーに訪問したのは10年ぶりくらいでしょうか。ショップやカフェ等がすごくオシャレな雰囲気になっていました。

訪問した土曜日は あいにくの雨。気温も低く寒かったっす。JR足利駅からは収穫祭用のシャトルバス(ふもとまで・片道\300)かタクシー(ゲート前まで・片道\2000前後)で向かいます。
ゲートをくぐり,受付テントにて参加費用として 「ハーベスト・キット」(\3000)を購入すると誰でも参加できるシステムになっています。ハーベストキットには ワインホルダーに入った収穫祭ワイングラス,簡易カトラリーセット(木製スプーン・フォーク・ナイフ・箸,紙おしぼり),収穫祭缶バッチと「引換券」が入っていました。

「引換券」は次の4種類の飲み物の中から1つ選ぶことができます。
①できたてワイン 750ml (カラフェ入り)
②収穫祭記念赤ワイン 750ml (ソムリエナイフ&カマンベールチーズ付)
③収穫祭記念白ワイン 750ml (ソムリエナイフ&ガーリックトースト付)
④スパークリングロゼジュース 750ml (ストッパー&ドライフルーツセット付)
とあり、迷ってしまいます。収穫祭記念ワインは ラベルのイラストが素敵で 良い記念品になりそうですが、赤・白ともカリフォルニアで委託醸造されているそうなので、今回は 足利で醸造している「できたてワイン」をチョイスしてみました。

Dsc01126_512  

 

 

 

 

 

 

 

 
座る場所をレジャーシートで確保します。ワインホルダーは黄色い不織布でできており、結構しっかりとしたつくりです。ワイン入りのグラスを入れて首に掛けると、倒してこぼす心配がありません。両手が空くので 雨の日に傘を片手に立ち飲みも容易にできる優れモノでした。 

Dsc01129_512Dsc01134_512

できたてワインは仕込んで日が浅い,発酵途中で酵母が残っている状態のワインです。収穫祭当日限定で醸造タンクから出され,園外持ち出しは御遠慮下さいとのことなので、この日・この場所でしか味わえないということになります。
「できたてワイン(赤)」は、ロゼよりは濃い赤色で微濁。酵母特有のシュワ酸味,微発泡があります。フレッシュ&フルーティーな甘さで美味しい。アルコール分が5~6%くらいの感覚でグビグビと飲めてしまい、後からヘロヘロになってきました。同行したお姉さまたちにも大好評。

Dsc01140_512Dsc01141_512

通り沿いの出店には、ワインに合いそうな料理達が並び、良い香りをたてて誘ってきます。ヴィンヤードクラブのシェフ達が作る料理は、どれも本格的で美味しそうです。お姉さまたちが何やら沢山買い込んできましたよ。
焼き立てのフランスパン(\380)はバケットのように細長いですが、焼き色が薄くバリッっと感はない。中はキメ細かく独特な小麦の風味,しっとり感,もっちり感があり,すごく美味しい(セモリナ粉でも混ぜているのかな?)。
ガーリックシュリンプ(\700)はガーリック風味のワイン蒸し?プリッとした海老の身&みその旨味が美味。

Dsc01144_512Dsc01146_512

外国製?の大きなチーズ(\1400)は表面の白カビの風味は控えめで食べやすい。濃厚な旨味と しっとり感があり、ワインにもパンにもぴったり。
今回我々の中で一番人気だったジャーマンポテト(\900)は濃厚な味のトロトロチーズがホクホクなポテトにからんで、ワインがすすんでしまいます。 

Dsc01153_512_2Dsc01172_512

迫力のローストチキン(\1000),カマンベールチーズ天ぷら(\500)も家や居酒屋で食べるものとは全然違う。特にパエジャ(\800)はサフランの風味と 濃厚な魚介の旨味が効いていて美味かったなあ。
本当はガレット(クレープ系)も食べたかったのだけど、お腹いっぱいになってしまった(^-^; 

Dsc01164_512Dsc01168_512

天気が良ければ 丘の斜面にある葡萄畑でレジャーシートを敷いて、ピクニック気分でワインを楽しむのでしょうが、朝から降っている雨は止む気配なし。
そんな訳で葡萄棚のワイヤーにレジャーシートを掛け,屋根付の飲み食いスペースをつくりました(葡萄の木や枝を傷つけないように細心の注意を払う必要があります)。何だか小学生の頃つくった秘密基地のような感じで楽しかったですよ。Yっこちゃんの発案で、シートの継ぎ目には内側から傘で補強すると中々良い感じに。
時々シートに溜まった雨水を排除しないと 頭上から水が落ちてくることになるので、常に天井を監視し続ける必要がありました。 

Dsc01170_512Dsc01167_512

気がつくと皆濡れています。右半身だけ濡れてキカイダーのように色が異なっている人もいました。Aネゴさんの濡れた靴下からは湯気が立っています(笑)。 寒くてちょっとツラかったけど、多少苦難があった方が、後々思い出に残るものです。全員で共通の敵〈雨水〉に対処することにより、連帯感が生まれてきたかも?
大判ビニールシートを使用した隣のグループの天井は、継ぎ目がないので雨水は落ちてこないのですが、水がどんどん溜まって 時間とともに大きくなってくる無数の水爆弾ができていました。重みで棚が傷まなければいいが…。 

Dsc01178_512

葡萄畑の斜面には色とりどりのビニールシートや傘の花が咲いていて綺麗です。例年,大混雑するという収穫祭ですが、雨のおかげで ほとんど並ばずにワインや料理にありつけたので良しとしましょう。 

Dsc01181_512Dsc01182_512  

テント席もありましたが、それ程広くはないので すぐに満員御礼になっていました。雨の日は早く出掛ければ、テント内に収まることがことができるかもしれませんね。
道を歩いているとワインさんに出会いました。園生がワインボトルのかぶりものをしていて、カメラを向けると思いっきりピースをしてくれます♪ 

Dsc01184_512Dsc01191_512

会場内にはグラスやカラフェ単位でワインを売ってくれる場所が3ヶ所あり、いろんなワインを試すことができます。
そんな訳で「できたてワイン(白・甘口)」を1000ml (\2000)購入。「できたてワイン(赤)」を飲み終えた空のカラフェを持っていくと、容器代\500が浮くのでお得です(このカラフェは来年以降の収穫祭でも使用できるそうです)
黄色味を帯びた白濁。日本酒の 微発泡にごり酒みたい? 酵母特有の酸味,発泡はあるが、果実系の酸味の方が強く,最初は甘味があるが、後味はビターですっきりとしていました。尖ったアルコールの味がしっかりあり、発酵の過程を感じることができるのが楽しいですね。
ちなみに「できたてワイン(白・辛口)」もあったようですが、今回は断念。朝からワインって結構ヘロヘロになるのね。

33_512_2

10:30から始まる収穫祭ですが、我々は9:00頃には既に受付を済ませてワインを飲んでいたので、乾杯の音頭の頃(11:00頃)には既にイイ感じに酔っ払っていました(爆)
この日のゲスト,ブラザーコーンさんが WON'T BE LONG の一節をアカペラで歌ってくれたりした後、乾杯☆ヽ(´▽`)/  今年はいろいろと大変なことが起こったけど、こうやって笑ってワインを飲める事に感謝をしつつ…素敵な乾杯の挨拶でした。

さんざん飲み食いして、12:30には撤収!これ以上居たら風邪ひいてしまう~( ̄ロ ̄lll) 混雑に巻き込まれる前に帰ることができて良かったということで。
このあと2次会と称して Aこさまとミスドで3時間程カフェオレ三昧だったのも含めて良い思い出になりました。来年もまた行きたいなあ。(翌日は晴天となり,ポカポカ陽気で大盛況&大混雑だったと、2日連続で行ったツワモノの I べえさんが言っていました。)

【お土産を購入】

Dsc01194_512Dsc01200_512_2

Dsc01202_512_2

相方A氏へのお土産として、ヌーボージュース,足利呱呱和飲,ガーリックトーストを購入。
・「2011 ヌーボージュース」485ml \800は、甲州種の国産葡萄100%のストレート果汁のジュース。すっきりした甘さと、甲州種の葡萄らしい風味と酸味,あっさりとしたコクが味わえるジュースでした。
・「足利呱呱和飲(あしかがここワイン)」750ml \1600 は、お酒に弱い相方A氏のお気に入りで、甲州種を中心に国産葡萄を使用して足利で醸造された、やや甘口の白ワイン。華やかな風味があり、フレッシュ&ジューシーで あっさりとした控えめな甘さ,さっぱりビターな後味で美味しい!軽い口当たりでゴクゴクと飲めてしまいます。 
・「ガーリックトースト」6枚入り \500は、カリカリのラスク状でバターガーリックとパセリのペーストがたっぷり染み込んだリッチな味わい。もちろんワインとの相性もバッチリでした。

ココ・ファーム・ワイナリー
住所:栃木県足利市田島町611
電話番号:0284-42-1194
営業時間:(ワインショップ)10:00~18:30,(カフェ)11:00~17:30
定休日:12月31~1月2日,1月第3週の月曜~金曜日,収穫祭前日

【収穫祭】
日程:11月第3日曜と前日の土曜日の2日間 (雨天決行)
時間:10:30~15:30 
参加費用:\3000 (ハーベスト・キット購入にて参加可能),追加のワイン,飲み物等は別途購入

|

« 惣菜 さいとう@堀切菖蒲園前 他 | トップページ | 湯王温泉 ホテル湯王温泉 »

日記」カテゴリの記事

C.関東のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 惣菜 さいとう@堀切菖蒲園前 他 | トップページ | 湯王温泉 ホテル湯王温泉 »