« 水神温泉 湯元東館 | トップページ | 永岡温泉 夢の湯 »

千貫石温泉 湯元東館

千貫石温泉 湯元東館

Dsc00330_512

i岩手県の金ヶ崎町にある温泉旅館です。ここの前に訪問した水神温泉の「湯元東館」と混同してしまいそうな名前ですが、姉妹館のようです。 

Dsc00287_512_2Dsc00306_512_2

エントランス・ロビーは柱が少なく広々としたつくりです。脱衣所も広々で脱衣籠の数も多い!収容可能人数が多い宿なのかな。 

Dsc00297_512_2

浴室は一面が窓で明るく,天井はコンクリート打ちっぱなしのクールな雰囲気です。
30人+浅瀬6人程が入れる大きな浴槽は42℃と適温。 

Dsc00298_512_2Dsc00304_512_2
Dsc00303_512_2

湯口からはお湯がドッパドッパと注がれています(この湯口,どことなくネコバスに似てる??)。ほぼ無色澄明,何かの鉱物臭味,つるつるとした浴感があります。

Dsc00299_512_5Dsc00305_512_2

湯尻からはお湯が溢れてかけ流しになっています。投入量は大量ですが その分浴槽も大きいので、まずまずの鮮度でした。
洗い場が広かったり,浴槽の浅瀬部分が広かったり,浴室内に熱気がこもっていたり,脱衣所の床の一部が温かったりと、どことなく 水神温泉の「湯元東館」に造りが似ています。
 

【露天風呂】

Dsc00307_512_2Dsc00308_512_2Dsc00309_512_3

露天風呂は離れた場所にあるので、一旦服を着て向かう必要があります。階段を21段下りると地階に小さな「ゆ」の暖簾が見えました。 

Dsc00328_512_2Dsc00310_512

脱衣所は小ざっぱりとしています。
浴室には4人程が入れる43℃の内湯がありました。
  

Dsc00312_512_2Dsc00320_512_2

湯口からはドパドパとお湯が注がれ,イイ感じにかけ流されていました。
爽やかな鉱物臭味,つるぬる浴感が気持ち良く,この浴槽が一番お湯の鮮度が良好でした。浴槽が小さいので,お湯の交換効率が良いのでしょうね。
 
Dsc00318_512_2

奥の細長いスペースには洗い場が並んでいます。薄暗く コンクリート打ちっぱなしなので、ちょっと殺風景な感じです。

Dsc00316_512Dsc00317_512_2

露天風呂への扉を開けると、すぐに岩風呂がありました。狭い敷地内ギリギリに浴槽を作った感じで、15人程が入れる大きさでした。
やや深め(約70㎝)の浴槽なので、浴槽内の階段はもう少し細かに作った方が安全かな。突然深くなるのでビックリします。手摺りもあった方が良いでしょう。

Dsc00314_512_2

湯口からはお湯がドボっと注がれていますが、それ程投入量は多くありません。お湯の鮮度は露天内湯の方が全然良く,内湯ばかりに入ってしまいました。
囲いがあり景観は望めませんので、ただ外にあるお風呂という感じですが、涼しい風に当たりながらの入浴は楽しめます。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:田園地帯の中規模温泉旅館型 つるつる系温泉
ようござんす度:B(つるつる湯を 広々した施設で楽しめる。)

****  施設データ *************

千貫石温泉 湯元東館
住所:岩手県胆沢郡金ヶ崎町西根二枚橋5-1
源泉名:千貫石温泉(湯元幸輝の湯)
泉質:Na-炭酸水素塩・塩化物泉,50.5℃,pH7.9,ラドン含有量:2.15×10^-10ci/kg,成分総計:1.431g/kg
電話番号:0197-43-3300
営業時間:7:00~20:30
入浴料:\300         

|

« 水神温泉 湯元東館 | トップページ | 永岡温泉 夢の湯 »

12.岩手の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水神温泉 湯元東館 | トップページ | 永岡温泉 夢の湯 »