« 千貫石温泉 湯元東館 | トップページ | 巣郷温泉 でめ金食堂 »

永岡温泉 夢の湯

永岡温泉 夢の湯

Dsc00331_512

岩手県金ヶ崎町のゴルフ場に隣接した立地の温泉宿です。外観は公共立寄りチックな佇まいです。 

Dsc00332_512Dsc00333_512

エントランスは広々としており、小上がり風の小粋な休憩室もありました。 

Dsc00334_512_2Dsc00347_512

ここの温泉で面白いのは脱衣所のスリッパ置き場。殺菌灯付の棚になっております。
また、脱衣所の床は畳敷きになっていて かなり個性的です。

 
 

Dsc00345_512Dsc00344_512

主浴槽は30人程が入れる大きなもので、湯温は41℃と適温。何故か浴槽の角っこにカーテンが引いてあり、その中には素敵な湯口がありました。
高い場所にある湯口からドッパドッパと大量にお湯が注がれており、浴槽からは湯尻とか関係なくお湯が溢れていました。
打たせとして利用した場合に飛沫が周囲に飛び散らないためのカーテンと思われますが、大量の新鮮な源泉を独り占めした気分になれる 隠れ家的空間になっていて、ちょっぴり幸せ(^0^)
やや緑色を帯びたような透明湯で,何かの鉱物臭,まろやかな中にミネラル(Ca,Mg)系の味があります。つるすべ!とした浴感があり、何よりも鮮度が良好でかなり気持ちの良いお湯でした。

Dsc00336_512_2

区切られたブース内にはもう1つ小さな浴槽があります。3人程が入れるひのき風呂になっており、こちらもかけ流しになっていました。湯温41℃と適温で、鮮度もなかなか良好です。
このブース内は何故か熱気がこもる室内になっていましたが、この周辺の流行りでしょうか?(この前とその前に行った 水神温泉,千貫石温泉でも 浴室に熱気がこもっていたよ。寒い冬に備えてるのかしら?サウナによる相乗効果をねらっているのかな?) 

Dsc00355_512Dsc00352_512

こちらのお宿で もう1つ気になることが。部屋の名前ですが、「りんご」とか「もも」とか果物の名前は まあ解りますわ。
でも「おとうさん」とは?そんな部屋名は付けないでしょう?普通。 

Dsc00351_512Dsc00354_512

と思っていたら、「おかあさん」「おねえさん」もありました。もちろん「おにいさん」もあります。どういうことなんだろう。まさか宿経営者家族の個室?_?これは現在も謎のままです。
何かとても細かいところで個性的な温泉宿でした。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:ゴルフ場隣接温泉宿型 新鮮つるすべ!系温泉
ようござんす度:A(大量掛け流しの新鮮湯に入れる、個性派施設)

****  施設データ *************

永岡温泉 夢の湯
住所:岩手県胆沢郡金ヶ崎町永沢石持沢6-284
源泉名:永岡温泉 2号泉
泉質:Na-塩化物泉,41.9℃,pH7.24,ラドン含有量:2.69×10^-10ci/kg,成分総計:3.223g/kg
電話番号:0197-44-3420
営業時間:10:00~21:00
入浴料:\380

|

« 千貫石温泉 湯元東館 | トップページ | 巣郷温泉 でめ金食堂 »

12.岩手の温泉」カテゴリの記事

コメント

私と妻で2014年のお盆休みに永岡温泉 夢の湯と隣接の粟駒ゴルフ倶楽部に行っ参りました。新幹線で岩手までは大分遠い、時間かかると思っていましたが、比較的近く感じました。非常に印象に残る温泉旅行とゴルフでした。
初日は早朝早く東京を出て、9時半過ぎに水沢江刺駅着。はやてで2時間半かからなかったです。新幹線の駅まで夢の湯の車で出迎えていただきました。初日はすぐ提携し、隣接の栗駒ゴルフ倶楽部に直行しました。なかかな良いゴルフ場でプレイ後にすぐ夢の湯にチェックインして風呂につかりました。毎分720リットルも湧き出る豊富な源泉をかけ流しにした、体の芯から温まる温泉でした。栗駒ゴルフ倶楽部とはは駐車場つながっておりで移動はゴルフ場から夢の湯の宿泊施設まで2分とかからなかったです。
お風呂は本当に良かった。大きなお風呂で湯温は41℃と適温。
高い場所にある湯口から大量にお湯が注がれており、浴槽からお湯が溢れて出ていました。、
何度も入りたくなる良いお湯でした。当然24時間いつでも入れます。来年もう一度行きたい場所です。

投稿: トニー広田崇行 | 2014年8月15日 (金) 22時40分

トニー広田崇行さん こんばんは。
奥様と楽しい旅をされたようですね!素敵なコメントありがとうございます。
24時間入れるという事は宿泊されたということですね?
ドパドパ大量かけ流しの新鮮湯に好きなだけ入れるというのは、とても贅沢な事ですね。
私もここのお湯が好きなので何回か再訪していますが、今度は宿泊してゆったり過ごしてみたいです。

投稿: ELE-FAN | 2014年8月16日 (土) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千貫石温泉 湯元東館 | トップページ | 巣郷温泉 でめ金食堂 »