« 和食麺処 サガミ | トップページ | 浜松市楽器博物館 »

恵那峡温泉 恵那峡グランドホテル

恵那峡温泉 恵那峡グランドホテル

Dsc02643_400Dsc02575_400

岐阜県の恵那峡温泉にある大型観光ホテルです。外観はちょっと鄙びた感のある建物ですが、エントランス・ロビーは広々として綺麗です。

Dsc02616_400Dsc02619_400

この日の夜はロビーの特設ステージで、琴と尺八のアンサンブルミニコンサートがあり、自由に聴くことができたようです。
今回宿泊するお部屋は「曽水亭」という新館で、比較的新しいため綺麗で廊下の幅も広々としています。

Dsc02576_400Dsc02577_400

ツインの洋室で部屋は広々としており10畳くらいあるかもしれません。防音もしっかりしているようで快適です。 

Dsc02578_400Dsc02580_400

トイレ,バスの他に広々とした洗面台が備え付けており、その横に冷蔵庫,湯沸かしポット,冷水ポット,お茶セット等が置いてあるので使い勝手が良いです。
クローゼットの中には浴衣や貸バスタオル,手拭いタオル,歯ブラシ等が入っています。
 

【大浴場】

浴室は2つあり、翌朝には男女湯が交替となります。

Dsc02614_400Dsc02599_400

この日は女湯が大浴場を使用。夜は24:00まで入浴することができます。
スリッパを脱いで上がると 細長い畳敷きの通路にベンチと冷たい水が置いてあるので、湯上がりにはここで小休止することができます。

Dsc02585_400Dsc02612_400

脱衣所は広々としており、パウダースペースに至っては1箇所ずつ区切られていて快適です。 

Dsc02601_400

鳥のタイル絵が印象的な内湯は、脱衣所側,洗い場側にも大きな窓があるので広くて明るく感じます。17人程が入れる大きさの浴槽は湯温42℃と適温になっていました。 

Dsc02592_400Dsc02591_400

浴室に入ってすぐにそれとわかる塩素臭がありますが、耐えられない程ではありません。湯口からお湯がドバドバと注がれ、溢れたお湯が湯尻から流れ去っていきます。湯尻付近には茶褐色コテ系の析出物が付着していました。
ほぼ無色澄明のお湯は塩素臭の他に臭素臭も感知でき、濃いピリ塩味+エグ激苦味+塩素系薬味,キシっとした浴感があり、キズや逆剥けなどは染みます。循環ろ過有とのことですが、お湯の個性は残されているのが嬉しいですね。

【付属露天 胞山の湯】  

Dsc02604_400_2

大浴場から外へ出ると屋根付きの露天風呂があります。檜縁で20人程が入れる大きさで、湯温は43℃とやや熱めの適温です。 

Dsc02606_400Dsc02607_400

湯口から お湯がドバドバと注がれ、湯尻周辺には溢れたお湯によって作られた茶褐色棚田状の析出物が付着しています。循環・ろ過有と掲示されていますが、鮮度はそれ程悪くありません。塩素臭もありますが、外にあるので臭気がこもらず 内湯よりも快適です。

Dsc02605_400Dsc02609_400

サウナと水風呂も露天スペースにあります。
夜なので景色はよくわかりませんが、水面に灯りが映って綺麗です。明朝は恵那峡の絶景が楽しめるはず♪

【貸切露天 恵那山の湯・笠置の湯】    

Dsc02613_400Dsc02597_400

大浴場の脱衣所入口の奥の方に貸切露天風呂が2個あります。
有料になっており、45分間で\2100 。日帰りでも12:00~14:00の時間帯で使用できるそうですよ。

 

【檜風呂】 

Dsc02625_400Dsc02627_400

朝6:00~は男女交替になります。昨日入った大浴場と比較すると脱衣所が小ぢんまりとしています。 

Dsc02633_400

浴室に入ると大きな窓があり、恵那峡の景色を眺めることができるはずでした。
しかし「なんてこと~。なんてこと~♪」(BGM:なんてこと byさねよしいさ子)が頭の中でエンドレス再生されております。朝霧が立ち込めて全く景観が望めません。

Spa02_img03_3 

公式HPより拝借した写真によると、↑のような絶景が望めるはずだったの…。  

Dsc02635_400

25~30人程入れる大きさ,42℃の浴槽で、お湯は昨日入った大浴場とほぼ同じです。
鮮度も悪くなく,濃厚な食塩泉の割にふんわり柔らかく、キシっとした後につるっとした浴感で気持ち良いお湯でした。これで塩素臭がなければ最高なんだが…。

【付属露天 奥戸の湯】 

Dsc02637_400Dsc02639_400

こちらの露天風呂は屋根付きで10人程が入れる43℃の岩風呂です。 

Dsc02638_400Dsc02642_400

霧が晴れるまでしばらく待ってみたのですが、一向にその気配はありません。
今度来る時は晴れの日の昼間がいいかなあ。

 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:観光温泉ホテル型 絶景&濃厚食塩泉系温泉
ようござんす度:B(個性的な湯と、晴れたら絶景を楽しむ。塩素臭が残念。)

****  施設データ *************

恵那峡温泉 恵那峡グランドホテル
住所:岐阜県恵那市大井町2709-77
源泉名:恵那峡奥戸温泉
泉質:Ca・Na-塩化物温泉,35.7℃,pH:7.6,湧出量:266L/分,ラドン含有量:9.20×10^-10ci/kg(2.53マッヘ),溶存物質:19470g/kg
電話番号:0573-25-5375
日帰り営業時間:11:00~21:00 (土曜,休前日: ~16:00)
入浴料:\800
宿泊:楽○トラベル 素泊まりプラン2名1室  \6500/人

|

« 和食麺処 サガミ | トップページ | 浜松市楽器博物館 »

36.岐阜の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 和食麺処 サガミ | トップページ | 浜松市楽器博物館 »