« 赤城温泉 赤城温泉ホテル | トップページ | 赤城温泉 御宿総本家 ~建物編 »

赤城温泉 湯之澤館

赤城温泉 湯之澤館

Dsc03179_400Dsc03181_400 

湯之澤館へ行く道はちょっと入り組んでいます。「新嶋館」を右手に眺めつつ細道を進むと突き当たりが「総本家旅館」です。

Dsc03186_400Dsc03188_400

そこから左にある 赤い鉄製の急勾配な階段を下りて道なりに進みます。道路脇の山肌には温泉が流れた跡があり、析出物が付着していました。 

Dsc03190_400Dsc03192_400

少し歩くと「湯之澤館」の正面玄関が見えてきます。外観は小ぢんまりとした民宿のように見えますが、中に入ると結構広々としています。
エントランスは純和風で 鄙びと古びの中間的な雰囲気を醸しています。 

Dsc03193_400Dsc03195_400

館内は増築を繰返したような複雑なつくりをしており、かなり年代物の防火シャッターがあったりして面白いです。
浴室は離れた場所に2カ所あり、時間で男女交替利用しているようです。訪問時は「瀬音露天風呂・洞窟風呂」は混浴,「赤城名月風呂」は女性利用でした。

Dsc03197_400Dsc03224_400

早速「赤城名月風呂」の方へ向かいます。かなり使い込まれた建物の狭い廊下を 案内板に従って進みます。
こちらのお風呂には脱衣所の前室があり、洗面所,ドライヤーが備えてあります。
右手には扉がいくつか並んでありますが、一番手前の扉から脱衣所へ入るようです。 

Dsc03225_400Dsc03200_400

事務所にあるような可動式の椅子にフットマッサージ器があり、お一人様限定でくつろげる空間になっております(笑)
脱衣所は結構狭く,古びた感じです。 

Dsc03205_400Dsc03206_400_2

Dsc03207_400

浴室は低い船底状の天井で、真ん中に4人程が入れる円形浴槽があります。確かに「名月風呂」といわれると、湖にぽっかり浮かんだ満月のようかも?和の拵えで コンパクトに纏められた箱庭風情があります。
浴室に2カ所の出入口がある構造から察するに、以前は脱衣所が男女別の混浴風呂として使われていたのでしょうか。 

緑褐色白濁(透明度:30㎝)のお湯は41℃ですが 実温よりも高く感じます。微炭酸鉄臭味,薬エグ味,つるつるきしっとした浴感があり、今回3軒入った赤城温泉の宿の中では炭酸や土類系の成分が薄く,しゃっきりとしている感じがあります。

Dsc03208_400Dsc03213_400

湯口からちょろちょろ出ているお湯は かなり温く,お湯が溢れていないため、浴槽内で加熱循環している可能性があります。
湯口付近の岩にはコケが もふもふと植えられてあり 粋です。よく手入れされているのか 環境が良いのか、ビロード状で毛並みも色艶も良好で思わず頬ずりしたくなります。 

Dsc03219_400Dsc03220_400_2

浴槽周りの付着物は控えめで ちょっとトゲトゲしている程度です。
洗い場スペースは小ぢんまりとしていますが しっぽりとした雰囲気で、ほぼ1人で貸切状態だったので 快適に利用できました。

Dsc03226_400Dsc03229_400

露天風呂は混浴とのことなので、様子を見にいきました。掲示板の案内に従って階段を下り、窓際の細い廊下を進むと控えめな「ゆ」の暖簾が見えました。 

Dsc03228_400_2Dsc03230_400

扉を開けると広々とした渋い脱衣所があります。レトロな体重計が素敵です。
隙あらば入浴してみたかったのですが、殿方の先客が7~8人ほどいらっしゃるようだったので、今回は遠慮しました。
写真が貼ってありましたが景色の良さそうな露天風呂ですね。

全体的に古びた感じがありますが、それが味だと思える人向けの温泉です。
ただし日帰り入浴客は歓迎されていないのかなと思うくらいに スタッフの対応が超クール(超無愛想ともいう)だったので、宿泊先として選ぶことはないだろうな。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪
総括:中規模温泉旅館型 コケもふもふ湯口系温泉
ようござんす度:B(古びた温泉旅館の雰囲気を楽しむ。)

****  施設データ *************

赤城温泉 花の宿 湯之澤館
住所:群馬県前橋市苗ヶ島町2027
源泉名:赤城温泉・新島の湯
泉質:Ca・Mg・Na-炭酸水素塩温泉,43.2℃,pH:6.5,成分総計:3.15g/kg
電話番号:0120-268-225
営業時間:11:00~17:00 不定休
入浴料:\600       

|

« 赤城温泉 赤城温泉ホテル | トップページ | 赤城温泉 御宿総本家 ~建物編 »

22.群馬の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤城温泉 赤城温泉ホテル | トップページ | 赤城温泉 御宿総本家 ~建物編 »