« 深耶馬渓温泉 温泉民宿 えぼしや ~お風呂編 | トップページ | 満天望温泉 久住高原コテージ »

赤川温泉 赤川荘

赤川温泉 赤川荘 (再訪)

Dsc04378_400Dsc04380_400

大分県は温泉が多いですが、その中でも赤川温泉は濃厚なお湯が楽しめる名湯です。かれこれ12年ぶりに再訪しました。
国道442号線から山道に入り くねくねと進むと、赤川荘の案内看板が見えてきます。建物が見える手前で”車両通行禁止”の看板があるので、その近くの登山口駐車場に車を停めて、徒歩で宿を目指します。
徒歩1~2分程で 山奥の秘湯とは思えないペンション風の外観のお宿が見えてきます。

Dsc04406_400Dsc04401_400

エントランス左の受付で料金を支払って浴室へ。
脱衣所にあるロッカーはお風呂には珍しい,半透明の扉タイプでした。 

Dsc04394_400Dsc04392_400

岩風呂チックな内湯には浴槽が2つあり、手前側は4人程が入れる20℃の低温槽,奥側は10人程が入れる40℃の加温槽になっています。
綺麗な水色半白濁のお湯で、白色細フレーク状の浮遊物が見られ,キシキシした浴感と湯上がりには清涼感があります。 

Dsc04398_400Dsc04397_400

低温槽の湯口や湯尻は淡レモン色の付着物でコーティングされています。
元々こちらは鉱泉であるため、低温槽がより源泉に近く,鮮度が良好です。加温浴槽で充分に温まって,冷熱交互浴をシャレ込むのがよろしいかと思います。

Dsc04390_400

露天風呂はワイルドな岩風呂で、正面奥には滝を眺めることができます。
この日は雨が降っていたため、お湯は温めで薄まっている感じで鮮度も良くありませんでした。手前側は6人程が入れる32℃の浴槽,奥側は6人程が入れる22℃の浴槽でした。
天気の良い日に入ると気持ち良さそうですね。お湯がかなり白濁していて足元が見えないので、浴槽間を移動する際は注意が必要です。 

Dsc04405_400Dsc04385_400

フロント横には赤川温泉濃縮液が配合された手作り石鹸が売られていました。いろんな種類があり,1コ\1300~\2500と結構なお値段設定になっています。

玄関横には立派な飲泉所もあります。 

Dsc04386_400_2Dsc04407_400

「久住生命水」という湧水と,「赤川霊鉱泉」という源泉を飲むことができます。源泉はCa系の苦味,僅かな炭酸酸味,薄い硫黄臭があります。
こちらのお湯を採取し、自炊宿泊地にてご飯を炊いて食べました。その様子は後程ご報告致します。
源泉を飲んだり,入っている間は鼻が慣れているせいか硫黄臭が薄く感じますが、しばらく経ってから服や体に濃厚な硫黄臭が染みついていることがわかります。
源泉口の周囲には白色の析出物がコテコテに付着しており、白い付着物が硫黄系ではなく,Ca系であることがわかります。

玄関横の犬小屋には白いモフモフした犬さんがいらっしゃいました。あ、こいつは!飲泉犬だ!! 前回訪問時に 鎖につながれずに自由に敷地内を歩き回っていた犬さんですな。湧水ではなく,源泉を選んで飲んでいたので我々の間では健康に気を使った犬,「飲泉犬」とお呼びしていたのでした。
あれから12年が経過してかなりの老犬になったと思いますが、毛並みも良くキリリとした顔をしています。この温泉の効能を証明している犬さんだと思います。
  

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:ペンション風温泉旅館型 濃厚冷鉱泉温泉
ようござんす度:A(濃厚良泉で健康になりそう。)

****  施設データ *************

赤川温泉 赤川荘
住所:大分県竹田市久住町大字久住4008-1
源泉名:赤川荘 (岩の湯)
泉質:含二酸化炭素・硫黄-Ca-硫酸塩冷鉱泉,18.4℃,pH:4.9,120.0L/分 自然湧出,成分総計:2.621g/kg
電話番号:0974-76-0081
営業時間:9:00~19:00
入浴料:\500

|

« 深耶馬渓温泉 温泉民宿 えぼしや ~お風呂編 | トップページ | 満天望温泉 久住高原コテージ »

61.大分の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深耶馬渓温泉 温泉民宿 えぼしや ~お風呂編 | トップページ | 満天望温泉 久住高原コテージ »