« ふぐ料理 たまや本店 | トップページ | 船小屋温泉 すずめ湯 »

花立山温泉 カルナパーク 花立山温泉

花立山温泉 カルナパーク 花立山温泉

Dsc03747_400Dsc03697_400

福岡県筑前町にある比較的新しい入浴施設です。田園地帯の中の小高い丘の上にポッカリと大きな建物が見えます。
下の方にある駐車場からは専用のミニケーブルカーが、建物前の駐車場まで連れて行ってくれるようです。 

Dsc03698_400Dsc03701_400

建物前の駐車場に停めたのでケーブルカーには乗りませんでしたが、今から考えれば用事がなくても記念に乗っておくべきだったと反省会。
ドーンと広い敷地に、ドーンと建つ近代的な建物がカルナパーク 花立山温泉です。

Dsc03705_400Dsc03707_400

エントランス,ロビーは広々&ピカピカ。玄関は営業時間前に開くけど、温泉は時間になるまでおあずけです。オープンを待つお客さんが次から次へとやって来ます。

【美神の湯】

Dsc03732_400Dsc03738_400 

脱衣所にはロッカーが事務的にズラリと並びます。別スペースにあるパウダールームは1人用ずつ区切ってありゴージャス感があります。 

Dsc03718_400_2

横長な浴室は2面が窓で明るい雰囲気です。所々にヨーロピアンな白い石像風のオブジェが置いてあり、床に敷かれた赤い滑り止めマットはレッドカーペットのようにも見える(?)ので、疑似成金貴族的な入浴時間を楽しむことができます。

円形の浴槽が3つ並び、真ん中にあるのは30人程が入れる37℃の浴槽,その左右には15人程が入れる40.5℃の浴槽が配置されています。向かって左端には3人程が入れる小さなジェット風呂もありました。

お湯は無色澄明,微かに硫化水素系の卵臭味と清涼甘味があり、つるつる(つるつる度①)とした浴感があります。真ん中の大きな浴槽よりも、左右にあるやや温度を高めに設定している浴槽の方が鮮度が良く,つるつる感も高く感じました。

Dsc03710_400Dsc03715_400

 

 

かけ湯槽や休憩用のベンチも古代ヨーロピアンな感じで ちとビビリます。
今回は利用しませんでしたが、サウナや水風呂もありましたよ。 

Dsc03720_400Dsc03722_400

外への扉を開けて屋根付き回廊に導かれるように進むと、パルテノン風の柱で八角形の屋根架けをした露天風呂がありました。浴槽の中央にはやっぱりルネサンス系?石像風オブジェが配置されています。
30人程が入れる41℃の浴槽で、お湯は内湯とほぼ変わりありません。

Dsc03725_400Dsc03721_400

露天風呂は高い石の壁で囲われ、ここにもルネサンス系?石像が配置されています。かと思うとソテツが植えられていたり、木目調の自販機が置いてあったりします。 

Dsc03728_400Dsc03729_400

洗い場は27コあり、それぞれが区切られているので気兼ねなく使えます。衝立には色んな花の絵と その花言葉が貼られてあり、勉強になります。
大浴場は男女週替わりで使用しているようで、もう1つの浴室【夢の湯】は檜を使用した和風だったそうです。

Dsc03731_400Dsc03744_400

立ちシャワーが4カ所あり、そのうちの1カ所に「源泉シャワー」があるのも嬉しいですね。
帰りは自動清算機が複数台あるので、待たずに楽々清算できます。
特に大きな個性のあるお湯ではありませんが、鮮度もなかなか良好で普段使いには最適なお湯質かと思います。

1回入浴で利用するにはちょっと割高感がありますが、ゆっくりする時間があるならば、設備が整った綺麗な施設でゴージャス感を味わうのも良いでしょう。
会員になると入浴料が\600になるそうで、もう少し近くに住んでいれば会員になるところでした。

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪
総括:ゴージャス施設型 つるっと柔らか温泉
ようござんす度:B(お湯,施設は良好だが、ちと高い。)

****  施設データ *************

カルナパーク 花立山温泉
住所:福岡県朝倉郡筑前町上高場795
源泉名:花立山温泉
泉質:アルカリ性単純温泉,37.9℃,pH:9.8,成分総計:0.23g/kg
電話番号:0946-23-0001
営業時間:10:00~22:00 第2・4水休
入浴料:\800

|

« ふぐ料理 たまや本店 | トップページ | 船小屋温泉 すずめ湯 »

60.福岡の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふぐ料理 たまや本店 | トップページ | 船小屋温泉 すずめ湯 »