« 人吉温泉 新温泉 | トップページ | 人吉温泉 中神温泉 »

湯の児温泉 山海館

湯の児温泉 山海館

Dsc04811_400Dsc04812_400

熊本県水俣市の湯の児温泉にある比較的大きな老舗温泉旅館です。外観は近代的な建物ですが、エントランス・ロビーはちょっと古びて色褪せた感じがあります。びっくりするくらいロビーは広いですが、結構狭い間隔で大きな柱が立っています。

Dsc04813_400Dsc04816_400

エントランスの片隅に隠れるようにある券売機で購入した入浴券を受付に渡すと、こちらの特殊なお風呂について簡単な説明をしてくれます。そしていざ、浴室へ。 

玄関,ロビーがあるのは新館「渚館」の5階。その他に創業当時(昭和30年)からの木造建築「磯館」と それよりも少し新しい「岬館」の3つの建物からなり、目指す浴室は「磯館」にあります。

Dsc04830_400Dsc04831_400_2

階段を下り、案内板に従って進むと見えてきました。”姫”の暖簾が女湯です。脱衣所は使い込まれた感はありますが、広々としており清潔です。 

Dsc04815_400Dsc04839_400

実はこちらの温泉は洞窟風呂が有名です。ノミで掘った手掘りの洞窟は 当初混浴だったようですが、後に女性専用の洞窟風呂も掘られ、現在別浴になっています。

脱衣場には浴室の見取り図が貼ってあり、受付で説明されたように男女の洞窟風呂は途中で交差するような構造になっています。その一瞬(2.5m)だけ混浴になっているとのこと。これが粋な遊び心なのか、掘削がズレたためなのかは不明。

脱衣所を開けると…赤いぜ?手前は洗い場になっており、壁が鮮やかな赤色で塗られていて ちょっと落ち着きませんな(^-^; 

Dsc04841_400

洗い場を抜けると浴槽が見えます。柱と天井が鮮やかな赤で、壁はポップな感じのモザイクタイルです。 

Dsc04850_400Dsc04847_400

ここでもう一つ驚くのはコテコテの析出物です。湯口は湯の成分でコーティングされており、原型をとどめていません。そして浴槽内の側面や階段部分はアイボリー色の析出物でコーティングされています。炭カルでしょうかね。手摺りの湯面部分も成分が付着して太ってます。

Dsc04843_400Dsc04851_400

浴槽は6人程が入れる41℃で、無色澄明,ほぼ無臭で、微かに甘味のあるまろやかなお湯ですが、粉っぽい炭カル(石灰)系味が口に残ります。やや強いつるつる感(つるつる度:③)があり、鮮度も良好な気持ちの良いお湯です。
そして浴槽正面の壁にはトンネルがあり、その奥が洞窟風呂になっているわけです。 

Dsc04852_400Dsc04854_400

洞窟風呂の内部は浅めで ひざより下の水位です。少し歩くと扉があり、「これより先2m 混浴通路です。その先は再び女性専用の洞窟となります。」の看板があります。
扉を開けると別の洞窟風呂と交差しており、正面の壁には「女性洞窟入口 続きはこちら 2.5m先左」の看板があります。矢印の(右手)方向を見ると… 

Dsc04857_400Dsc04862_400

男湯へ向かう洞窟風呂のすぐ左側に扉が見えます。その扉には「これより先は女性専用です」の看板があるので、誰にも会わない内に中へ。
混浴エリアでは殿方と遭遇してしまうかも知れないので、大きめなタオルを持参した方が良いかもです。連れと混浴エリアで話ができるので 待ち合わせ時間の確認等ができ、便利っちゃ便利かも。

Dsc04863_400Dsc04869_400

洞窟の奥の方は蒸気がこもり、ミストサウナ状態での歩行湯となるため、汗が出る出る。良い運動になります。
洞窟壁の湯面下側にも析出物が結構な厚さで付着しており、これは定期的に削らないと 浴槽がどんどん小さく,浅くなっていくのではないでしょうか。
全長約29歩(約20mくらいかな?)で洞窟風呂の出口に着きましたヽ(´▽`)/ 

Dsc04883_400

こちらが洞窟出口側の浴室。柱と天井が鮮やかな赤に塗られ、両側の壁はポップな感じのモザイクタイル。入口側の浴室とあまり変わらないデザインですが、浴槽は12人程が入れる大きさでした。

Dsc04870_400Dsc04873_400

こちらも湯口や階段付近にコテコテと析出物が付着しています。 

Dsc04875_400Dsc04892_400

洗い場もオーバーフローしたお湯の成分によってコテコテにコーティングされ、棚田状の模様が付いていました。

こちらの浴室は正面の窓を開けるとベランダのようなスペースがあり、露天風呂が設置されています。

Dsc04895_400Dsc04885_400

海風に当たりながら、八代海や浮かんでいる小さな島々を眺めつつ 入浴を楽しめるのが贅沢です。白いバスタブはリゾート風を狙っているのかしら。和風の方が落ち着いていいかなあ。

Dsc04818_400

湯上り処として「磯館」の一部屋が開放されていますが、木造の老舗風情たっぷりで素敵です。海を眺めながらしっとりとした雰囲気で過ごすことができ、こんな部屋なら宿泊してみたいなあと思わせます。

Dsc04900_400Dsc04828_400_2

廊下の窓から見える浴槽が気になって館内図を見てみると、磯館の海側1階出口付近にあると判明したので、行ってみることに。閑散としたエントランスから外に出てみると… 

Dsc04823_400Dsc04821_400

わーいヽ(´▽`)/亀形の浴槽だー!露天風呂なのかしら?裏口とはいえ従業員の人とか普通に通るので、さすがにここには入れません!(笑) 

Dsc04822_400Dsc04829_400

細長い足湯もありましたが、お湯が止まっており温かったので入りませんでした。その他にも沢山の亀型石像がいらっしゃいました。 

Dsc04827_400

館内に戻ろうと建物の方に振りかえると、純和風の磯館の外観が目に飛び込んできました。木造5階建てで瓦葺屋根の所々に千鳥破風がぴょこぴょこあり、玄関の唐破風には松と鶴の兔の毛通しがあります。玄関破風の両端で唐獅子が逆立ちしているのがラブリーです。木鼻は雲型でしょうか。重厚な造りにビックリ!w(゚o゚)w

Dsc04901_400Dsc04902_400

広々ロビーの大きな窓からはワイドビューな景色が楽しめます。
そんなロビーには見るからに手造りの子供用の乗り物が置いてありました。最初はコックローチ型の乗り物かと思い ちょっと怯えましたが、よく見ると塗装が剥がれた亀の乗り物でした(笑)。

人吉温泉の湯巡り中に足を延ばして開店直後を狙って訪問しましたが、洞窟風呂もお湯質も建物も個性的で楽しめました。ちょっと無理してでも行って良かったです。

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:大きめ老舗温泉旅館型 手掘り洞窟系コテコテ温泉。
ようござんす度:A(洞窟風呂でのミストサウナ歩行湯と、混浴エリアでの緊張感を楽しむ(?))

****  施設データ *************

湯の児温泉 山海館
住所:熊本県みなまた市浜4083
泉質:Na-炭酸水素塩・塩化物泉,52.3℃,pH:6.85,10.9×10^-10Ci/kg,成分総計:2.084g/kg
電話番号:0966-63-1092
営業時間:10:30~14:30
入浴料:\700

|

« 人吉温泉 新温泉 | トップページ | 人吉温泉 中神温泉 »

62.熊本の温泉」カテゴリの記事

コメント

お待ちしておりました、更新!
流石の充実内容、読むに見るに1時間じっくり楽しませて頂きやした(^。^)

また面白いとこ掘り出しましたね、山海館。
赤い風呂場に、交差する洞窟風呂に、亀アイテムまで、
オーナーの趣味に引っ張られてる感が、アハ、好きです(^∇^)

因みに、よござんすさんがコックローチと見間違えたあの亀車、乗ってみました?みませんよね???
跨りたくないけど、周りに誰もいなかったらちょっと乗って動かしてみたくなる、変な欲望をそそる逸品ですー。

どーして赤い風呂場にしたのか聴いてみたいですよね(^ ^)
東京の深大寺にある「ゆかり」という温泉施設内にも赤い風呂場があって、これもかな~り落ち着きません(^ ^)
そこの説明には「やる気をもたらし免疫性を高める」と書かれてました。私的にはやる気というより妙な幻惑にのぼせる感、でしたが。。

早朝5時の堤温泉、いいですね!
写真の早朝具合に惹かれますー。

また、up楽しみにしてますー、ありがとうございました!
長々すみませーん。

投稿: りす吉 | 2012年12月17日 (月) 10時48分

りす吉さん。いつもありがとうございます。
そんなにじっくり読んで頂いているとは嬉しいな♪
誤字,脱字を発見したら、こっそり教えてくださいね(笑)

亀車(笑)は、乗ってないです~。台車と本体が離れかかって、見るからに瀕死の重傷だったもので…(゚ー゚;
もう少し健康そうな亀だったら、間違いなく乗ってました!( ̄^ ̄) エッヘン

赤いお風呂場は…トリッキーな感じで落ち着きませんな。でも「やる気をもたらす」お風呂なのかあ。
まあ山海館のオーナーさんに限って”そんなに深く考えてないだろう”に2500点。

投稿: ELE-FAN | 2012年12月18日 (火) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人吉温泉 新温泉 | トップページ | 人吉温泉 中神温泉 »