« 服部植物研究所 | トップページ | 松山温泉 »

海潟温泉 江之島温泉

海潟温泉 江之島温泉

Dsc05587_400Dsc05622_400

鹿児島県の垂水市へ移動する車内にて、振動波を感じて窓の外を見てみると…桜島が噴火しておるΣ(゚□゚*)。
その後、桜島はずーっと噴煙を出し続けており、嫌な予感がします。その風下方面に我々の目的地があるような…。

Dsc05625_400_2Dsc05627_400

目の前をスジ状の火山灰が横断しているよ(;ω;) 目的地の看板が見えてきましたよ。 

Dsc05630_400Dsc05632_400

建物裏の駐車場に車を停めると、海越しに桜島と,こちらへ向かってくる噴煙が見えました。うわっ粉っぽくて 目がチカチカする。あわてて建物の方へ避難開始です。

Dsc05636_400Dsc05638_400

 
こちらが垂水市にある公衆浴場「江之島温泉」です。
前回の鹿児島湯巡り旅の際,わざわざ遠回りをして立寄ったのに臨時休業で、打ちひしがれた記憶がある入浴施設でしたが、今回やっとリベンジに成功しました。
建物内には番台がありますが、不在の場合は母屋に支払いに行くか料金皿の上に置いておくシステムになっているようです。
呼出ボタンが設置してあり、「お釣り,ジュースなどご用命の際は押してください。」とのことでした。

Dsc05639_400Dsc05651_400

脱衣場は使い込まれた感じはありますが、広くて明るくて清潔です。

Dsc05660_400Dsc05666_400

浴室に入ると、中央には2つに区切られている長方形の浴槽があります。
湯口がある奥側は4人程が入れる45℃の浴槽で、手前側は そのオーバーフローが注がれる42℃の浴槽になっていました。

Dsc05662_400Dsc05656_400

パイプ管むきだしのハンマーヘッド型湯口からは ドバドバとお湯が注がれ、浴槽縁から溢れて流れ去っていきます。
ほぼ無色澄明で小さな白色膜状浮遊物が多く舞っていました。卵臭味コク旨で、つるるきゅっとした浴感,つややかで新鮮なお湯を堪能いたしました。

Dsc05658_400Dsc05661_400

「天井がお粗末な状態で申し訳ありません。対策を検討中ですのでしばらくの間、我慢して頂きますようお願いします。」の貼り紙があり、ん?と天井を見てみると確かに一部剥がれています。
今のところ実用上は無問題ですが、老朽化が進んでいるようです。
浴室の隅にある、湯桶やイスを置く台がレトロカワイイなあ。

洗い場の湯カランからも源泉が出てきます。
後から来た常連さん達が、大タライにお湯と シャワーの水を溜め始め、「これで髪を洗いなさい。」とヨソ者の私に勧めてくれました。この後まだ他の温泉に入るので、ここで髪を洗う予定ではなかったのですが、有り難く頂戴しました。(;ω;)ヤサシイ

桜島の噴煙を浴びた常連さんたちが続々いらっしゃって、髪を洗っておりました。皆さんの脱衣籠の上には つばの大きな帽子が置いてあります。この時季特有の風向きで降灰することが多いらしく、帽子は必需品のようです。 

Dsc05647_400Dsc05670_400

「お手洗い ご自由にご利用ください」と案内図があったので、それに従って行ってみると古い立派な一般宅(母屋)の中にあるようです。玄関で一声をかけて上がりましたが、近年タブー化しつつある”出先の見知らぬ家でトイレを借りる”的な感じで、古き良き時代にタイムスリップしたような気分になりました。

脱衣場に「五月中旬ころより新しい温泉掘削工事を予定しております。」のお知らせが貼られてありました(訪問時:5月初旬)。いいお湯が出るといいですね♪ 鄙びた風情もそのままで 在り続けて欲しい公衆浴場でした。
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪♪
総括:海沿い公衆浴場型 鄙びきれい系つるつる温泉
ようござんす度:A(お湯良し,人良し,風情良し。)

****  施設データ *************

海潟温泉 江之島温泉
住所:鹿児島県垂水市海潟541-1
源泉名:12号(4%)・13号(87%),8号(9%) (3種混合温泉)
泉質:アルカリ性単純温泉,46.8℃,pH:9.4,ラドン含有量:2.6×10^-10Ci/kg,成分総計:0.5101g/kg
電話番号:0994-32-0765
営業時間:8:30~21:00 不定休
入浴料:\200      

|

« 服部植物研究所 | トップページ | 松山温泉 »

66.鹿児島の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 服部植物研究所 | トップページ | 松山温泉 »