« 犬飼温泉 犬飼温泉公衆浴場 | トップページ | 妙見温泉 妙見館 ~お風呂編 »

妙見温泉 妙見館 ~宿泊編

妙見温泉 妙見館 ~宿泊編

Dsc05484_400Dsc05487_400

鹿児島県霧島市牧園町にある有名な温泉地です。1泊\50000以上の部屋がある高級旅館から、1泊\2000代の湯治宿まで守備範囲が広いのも特徴です。

今回宿泊したのは「妙見館」。「薩摩隼人・妙見ホテル」の姉妹館で、湯治専門宿です。
建物屋上の駐車場が便利なのですが、満車だったため 国道223号線沿いの駐車場に停めて 立派な橋を渡って宿へ向かいました。以前はこの橋のたもとに飲泉所があったのですが、撤去されていたのが残念。

Dsc05488_400_2Dsc05489_400_2

天降川の上に架かる橋の上からは自然に囲まれた温泉街の様子がわかります。妙見館1階の客室からは釣り糸を垂らしているお客さんもおり、ゆったりと時間が流れているのを感じます。

Dsc05490_400Dsc05578_400

橋を渡り切る手前にある看板に従って階段を下りると「妙見館」入り口があります。
小ぢんまりとしたエントランスの正面には受付があり、イイ感じにマイペースなスタッフ(ご主人?)が対応してくれました。

Dsc05493_400Dsc05494_400

その後女性スタッフが部屋まで案内してくれましたが、連休中のためお客さんがいつもより多いようで、大忙しといった感じにバタバタと走り回ってました。活気のある湯治宿というのも よござんすね。
靴は各部屋の前にある靴箱に保管します。近くの裏口(屋上駐車場)から好きな時に出入りできるので自由度が高く、この適度な放置感が湯治宿の良いところです。

Dsc05491_400Dsc05492_400

今回宿泊したのは35号室。和室6畳+クローゼットスペース半畳と手狭な感じですが、1泊素泊りで\2000~という格安な価格設定であるため贅沢を言ってはいけません。でも窓から川が望めないのが残念っちゃ残念。

部屋にはテーブル,灰皿,カラーボックスのみの超シンプルな設備があるのみです。 

Dsc05505_400Dsc05501_400

宿帳と一緒にお茶セットと保温ポットを持ってきてくれました。
湯治部屋は布団,TV等はオプションで別料金になっています。部屋代(\2000/人)に布団代(\700/1組1泊),TV代(\300/1台1泊),エアコン代(\500/1台1泊) 等をプラスしていくわけです。
もちろんトイレ,洗面,お風呂は共用になっています。布団はチェックイン時にお願いすると 夕方頃に宿のスタッフが運んで来てくれました。 

Dsc05502_400Dsc05496_400

炊事場完備で、こちらは自由に使用できます。鍋関係はあり,調理器具もある程度は備えてありますが、充実しているとは言い難いので、最小限の調理器具,お皿,調味料関係は持参した方が安心だと思います。
炊事場と廊下に共用の冷蔵庫もあるので、食料や飲み物の持ち込みもできます。 

Dsc05579_400Dsc05514_400

宿の周辺には猫さんが数匹がのどかに徘徊していますが、↑の猫さんはエントランス等に自由に出入りしていたので、飼い猫さんかも知れません。

私的な出来事ですが、相方A氏は大変な猫好きなのに 何故か猫に嫌われるタイプです。今回の猫さんは、相方A氏が近づくと階段の下に頭を突っ込んで出てきませんでした。背中全体を使って彼の存在を拒否しています。こんなに嫌われる相方A氏って…(;ω;) 
 

妙見温泉 妙見館
住所:鹿児島県霧島市牧園町宿窪田4235
電話番号:0995-77-2211
1泊素泊り料金:\ 2910/人(湯治部屋代\2000+布団\700/1組1泊+TV゙\300/1台1泊) +入湯税\60      

|

« 犬飼温泉 犬飼温泉公衆浴場 | トップページ | 妙見温泉 妙見館 ~お風呂編 »

宿泊」カテゴリの記事

66.鹿児島の温泉」カテゴリの記事

コメント

【リンク報告】
 こんにちは。私は、カミタク
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/
と申します。

 私が運営しております、鹿児島温泉(鹿児島市内温泉)を中心にして、鹿児島県内外の温泉と観光を紹介するホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内の「妙見温泉など新川渓谷温泉郷案内」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/MYOKEN.HTM
の中のサブ・コンテンツ「湯治の宿妙見館・妙見元湯入湯記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGOON95.HTM
から、この貴ブログ日記記事にリンクを張りましたので、その旨、報告申し上げます。

 今後共、よろしくお願い申し上げます。

投稿: カミタク(リンク先は「湯治の宿妙見館・妙見元湯入湯記」) | 2013年1月26日 (土) 00時00分

カミタクさん
ご連絡ありがとうございます。
今後とも,宜しくお願い申し上げます。

投稿: ELE-FAN | 2013年1月26日 (土) 06時55分

いい感じに苔生して私好みな、?、え?、、この釣竿は。。。
旅慣れた、いや、釣り慣れた方がご宿泊なさってたよーで(^_^;)

こちらのロビーにはずいぶんと犬の置物がありますが、、、
ご主人、猫を飼いながら本当は犬好きなのかもしれませんね(^o^)

憧れの湯治宿、ひとアイテム毎の追加料金システムなんですね~
心得ておきますです!

投稿: りす吉 | 2013年1月31日 (木) 18時59分

”宿泊部屋から釣り”って すっごく憧れなんです~。
でもそれ以前に釣り針に虫(餌)を付けることができないし…(;ω;)

そうなんですよ。エントランスや湯口の上まで犬の置物があるんで、ここのお宅は犬好きだと思います!

布団までオプションというのは最近ではちょっと珍しいですよね。以前は布団持ち込みで1カ月以上滞在するというのが湯治のスタンダードだったからかな?
この周辺の湯治宿では未だこのシステムが健在で、ちょっと嬉しかったりします^ ^。

投稿: ELE-FAN | 2013年2月 3日 (日) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犬飼温泉 犬飼温泉公衆浴場 | トップページ | 妙見温泉 妙見館 ~お風呂編 »