« 妙見温泉 妙見館 ~宿泊編 | トップページ | 飫肥の天ぷら&厚焼きたまご »

妙見温泉 妙見館 ~お風呂編

妙見温泉 妙見館 ~お風呂編

Dsc05487_400_2

鹿児島県の妙見温泉にある湯治宿,妙見館です。今回は宿泊しましたが、\300で立寄り入浴も可能です。

【打たせ湯(ひょうたん風呂)】 

Dsc05539_400Dsc05533_400

2階(玄関と同じ階)にある男女別の浴室です。脱衣場は使い込まれて古びた感じです。 

Dsc05524_400Dsc05523_400

浴室に入ると、お湯を注ぐドッパドッパという音が響いています。 

Dsc05528_400Dsc05525_400

赤茶に染まった湯口からは大量のお湯が滝のように注がれており、その迫力とは裏腹に湯口の上には毬と戯れる猫の石像が飾られているのがイイ味を出しています。 

Dsc05521_400Dsc05530_400

主浴槽の湯尻から溢れ出るお湯の量は半端ではありません。オーバーフローのお湯は床全体を洗い流し、床にはコテコテ棚田状の茶褐色析出物が大量に付着していました。

主浴槽は20人程が入れる42℃の浴槽で、緑褐色半濁,しっかり金気臭味,弱炭酸シュワ酸味,石膏味,土類風味があり、肌に吸いつくようなキシキシ浴感があります。
お湯の鮮度がかなり良く、湯温は42℃と温めにも拘らず汗がダラダラ出てきて、よく温まるお湯です。

Dsc05532_400

ケロリン桶にもかなり湯の成分がこびり付いていました。
窓近くにある小さな浴槽は水風呂で、窓の外には打たせ湯が1本あります。

宿泊客は24時間入浴可能なのも嬉しい限りです。滞在中は”ちょっと体が冷えてきたら ざぶっと入る”を何度も繰返して湯治気分を満喫しました。
 

【元湯(ひのき風呂)】 

Dsc05538_400Dsc05540_400

1階にも男女別の浴室があります。 

Dsc05558_400Dsc05542_400_2

ちょっと無機質で古び風な脱衣場ですが、掃除は行き届いていました。 

Dsc05573_400

浴室には木製の浴槽が2つあり、洗い場の床にも木板が張られてあります。 
元々タイル製だった浴室をムリヤリ和風にしたような中途半端な造りが、逆に安っぽく見えてしまうのがちょっと残念なような。
湯気抜きが結構大きい上,正面の大窓が開いていたので、浴室内がちょっと寒く感じました。

Dsc05546_400Dsc05547_400

手前側は膝丈の浅い寝湯仕様で、4人程が入れる42℃の浴槽。主浴槽のオーバーフローが注がれ、湯尻からは大量のお湯が溢れ出ています。
奥の主浴槽は8人程が入れる42℃の浴槽で、微かに緑褐色を帯びた微濁のお湯。臭味は「ひょうたん風呂」とあまり違いはありませんが、鮮度,風味,入り応えはやや劣る感があります。 

Dsc05551_400Dsc05576_400

主浴槽の湯口からはお湯がドボドと注がれていますが、全体的にあっさりとして おとなしい印象です。湯口や洗い場の床にはほとんど析出物が見られません。

でも窓の外の風景が良いです。天降川の流れを間近に眺めながらの入浴は心癒される気分になります。窓際で猫さんが日向ぼっこしていたり、川で水鳥たちがピョコピョコ泳いでいたりして のどかです。
ついつい釣り糸でも垂れたくなりますが、対岸からが丸見え系なので注意が必要ですね。大きめなタオルを準備して、知らずに入ってきた後客のために窓は開け過ぎないように配慮が必要かと思います。 
 

****  個人的評価 *************

雰囲気:♪♪♪♪
お湯  :♪♪♪♪
コストパフォーマンス:♪♪♪
総括:鄙びた湯治宿型 源泉ドッパドッパ系温泉
ようござんす度:A(腰痛に効く名湯で湯治気分を味わう。)

****  施設データ *************

妙見温泉 妙見館
住所:鹿児島県霧島市牧園町宿窪田4235
源泉名:妙見温泉12号
泉質:Na・Ca・Mg-炭酸水素塩温泉,52.4℃,pH:6.5,ラドン含有量:1.2×10^-10Ci/kg,成分総計:2.464g/kg
電話番号:0995-77-2211
営業時間:8:00~21:00くらい
入浴料:\300

|

« 妙見温泉 妙見館 ~宿泊編 | トップページ | 飫肥の天ぷら&厚焼きたまご »

66.鹿児島の温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 妙見温泉 妙見館 ~宿泊編 | トップページ | 飫肥の天ぷら&厚焼きたまご »