« さんふらわあ さつま 鹿児島→大阪 | トップページ | 大阪建物探訪2 »

大阪建物探訪1

大阪建物探訪 ’12

【大阪市環境局 舞浜工場】

Dsc05798_400_3   

カラフルでヘンテコで、異国情緒を感じるかなりデーハーな外観。大阪市の環境局(ゴミ焼却施設)の建物です。
設計はオーストリアの芸術家、フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー。彼は母国のウイーンでもシュピッテラウ焼却場を設計しており、その面影が随所で見られます。
(デザイン代6000万円,総工費610億円をかけて造られたとのことですが、今回は純粋に建物意匠のみを楽しみたいと思います。)

実はこちら、以前 大阪遠征の際に1人で来たことがあります。ユニバーサルシティ駅で下車して,そこから1時間以上かけて徒歩で行き、すっごい大変だった記憶がありますが、今回は相方A氏運転の車だったので楽々。

Dsc05749_400 Dsc05764_400

建物のてっぺんには大阪市のマークが。
入口の門柱やエントランス屋根には曲線が多用され、所々に貼られたガラスタイル(?)がアクセントに。壁の市松柄を歪ませてあったり、トリッキーです。

Dsc05765_400Dsc05766_400  

エントランス屋根の上には正面ガラス張りの建物が渡り廊下でつながっています。格子状窓枠の大きさもランダムに組み合わされ、ピエト・モンドリアンの抽象画のようです。

そしてひと際目につく煙突!最上部には宝珠のような金ピカオブジェが置かれ、煙突の途中にはランダムに小窓やベランダ風のものが付けられていました。

Dsc05792_400Dsc05790_400 

煙突の裾は分岐しており、ちょうちんパンツみたいに膨らみがあります。地面にはその柱に合わせて凹凸がつけられています。詳細箇所まで妥協を許さない,強いこだわりが感じられます。 

Dsc05781_400

建物には、ランダムな場所に色んな形・大きさの窓が付けられています。出窓風だったり、窓枠から植物が顔を出したりして、何だかカワイイ。
この窓が単なる飾りなのか?きちんと窓として機能しているのかが気になるところ。内部を見てみたいですね。 

Dsc05784_400

あ!ゴミ収集車だ!!やっとゴミ焼却施設であることがわかる光景が見られました。 

実はこちら、10日前までに事前予約があれば(日曜日を除き)内部見学できるそうですが、見学ツアーは1番早くて10時から,所要時間は1時間半とのこと。
訪問時は朝の8:00で、そこから大阪→栃木まで車で移動することを考えると…今回は断念せざるを得なかった。内部も相当カッコイイらしいので、近いうちに大阪へ行く用事を作らねば。
 

住所:大阪市此花区北港白津1-2-48
電話番号:06-6630-3353 (大阪市観光局施設部施設管理担当)
外観見学:自由
内部見学:月~土曜日(祝祭日除く) 10:00~,13:00~,15:00~
(所要時間は各々1時間30分程度,10日前までに要予約,無料)

|

« さんふらわあ さつま 鹿児島→大阪 | トップページ | 大阪建物探訪2 »

e,近畿」カテゴリの記事

建物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さんふらわあ さつま 鹿児島→大阪 | トップページ | 大阪建物探訪2 »