« 2013年7月 | トップページ | 2013年12月 »

会津みなみ温泉 里の湯

会津みなみ温泉 里の湯

Dsc09992_400

福島県は併設系温泉の宝庫です。今まで食堂,肉屋,魚屋,デイサービス,蕎麦屋,ドライブイン(手洗の駅〉など、色々な併設系に入浴してきましたが、今回訪問したのは「電気屋系」という新しいジャンルの施設になります。
目指す温泉は南会津町市街の国道401号線沿いにあるPanasonicのお店『谷地電気』にあります。電気屋の玄関の隣に 「天然温泉 里の湯」と書かれた扉があるので、こちらからお邪魔します。 

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

二岐温泉 新湯小屋旅館

二岐温泉 新湯小屋旅館

Dsc09838_400

福島県天栄村の二岐温泉に存在する、奇跡のような佇まいの温泉です。以前から狙っていたのですが、今回やっと訪問することができました。
…こちらが、新湯小屋温泉の入口です。何という風情!Σ(・ω・ノ)ノ これを風情という言葉で済ましてしまって良いのか!?という自問自答はさておき、玄関を開けようとしましたが 鍵が掛かっていて開きません。
共同管理人の方の1人にお電話で確認してみると、本日の開店はおそらく14時頃になります。とのこと。一旦引き揚げて再度出直すことにしました。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

休石温泉 太田屋

休石温泉 太田屋

Dsc09884_400

福島県郡山市の山間に佇む休石温泉の一軒宿,太田屋へ立寄りました。平安時代後期に八幡太郎義家という武将が発見したと伝えられています。建物は数年前に改装され、綺麗でお洒落なお宿になっていました。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

芦ノ牧温泉 ドライブ温泉

芦ノ牧温泉 ドライブ温泉

Dsc09851_400

福島県会津若松市の国道118号線沿いにある「芦ノ牧おみやげセンター」に立寄りました。
こちらのドライブイン内には温泉があるのですよ。その名も「ドライブ温泉」。
ベタ過ぎてむしろ潔いネーミングが素敵です。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?) 

| | コメント (0)

岩瀬湯本温泉 源泉亭 湯口屋旅館 ~お風呂&食事編

岩瀬湯本温泉 源泉亭 湯口屋旅館 ~お風呂&食事編

Dsc09736_400帳場の隣に食堂がありますが、夕飯はその向かいにある大広間でいただきます。
広間を囲む廊下側の壁2麺は襖戸になっており、良く手入れされた古い木材が黒光りしていて貫録があります。
囲炉裏のある広間は天井が高く、天井扇を設置するなどオシャレに改装されているようですが、風格のある立派な梁は健在。
この日の宿泊客8名(私以外は全員殿方)が囲炉裏を囲むように席が配置されていました。火棚や自在鉤がある、昔ながらの囲炉裏です。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

岩瀬湯本温泉 源泉亭 湯口屋旅館 ~建物編

岩瀬湯本温泉 源泉亭 湯口屋旅館 ~建物編

Dsc09783_400

福島県天栄村の山中にある岩瀬湯本温泉は、開湯1200年ともいわれる古湯です。今回は創業270年の老舗旅館「源泉亭 湯口屋旅館」に宿泊しました。何より『湯口屋旅館』というネーミングが、いかにもお湯が良さそうで 惹かれました。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

沼尻温泉 旅館ひいらぎ

沼尻温泉 旅館ひいらぎ

Dsc09645_400

福島県猪苗代町の沼尻温泉にあるお宿です。ここの前に立寄った中ノ沢温泉と同じ、沼尻元湯が源泉となっている温泉地です。
以前訪問時は”沼尻高原ロッジ”に立寄り入浴したので、今回は他の施設に…ということで、こちらに立寄ってみました。
外観はペンション風の小奇麗な建物ですが、人の気配がしないので やっているのかちょっぴり不安。でも玄関を開けると犬がワンワンと吠えてお出迎えしてくれました。
立寄り入浴を快諾して頂き、早速浴室へ向かいます。 

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

中ノ沢温泉 西村屋

中ノ沢温泉 西村屋

Dsc09583_400

福島県猪苗代町にある山間の温泉地です。安達太良山の噴火口近くにある沼尻源泉からお湯を引いています。西村屋は県道沿いにある鄙びた雰囲気の中規模旅館です。間口が広いオーバーハングの建物が特徴的です。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

なみえ焼きそば 杉乃家

なみえ焼きそば 杉乃家

Dsc09550_400

福島県二本松市で”なみえ焼きそば”を食べることができると聞き、行ってみました。
福島県浪江町は東日本大震災により発生した原子力発電所事故のため 全町避難を余儀なくされており、住民の方々の多くは二本松市に避難されています。その避難先で浪江町の老舗食堂「杉乃家」が営業を再開しているそうです。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

二岐温泉 柏屋旅館

二岐温泉 柏屋旅館

Dsc09454_400

二岐温泉は福島県天栄村の山中にある古湯です。何でも開湯は842年(承知9年)で、1200年の歴史があるとのこと。二岐川沿いに旅館が点在し、柏屋旅館はその最奥にあります。
パッと見,外観からは平屋建てに見えますが、実は玄関は4階にあるということで、階段を下りて1階まで行きます。まずは こちらの名物風呂、巌風呂を目指します。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

のんびり温泉(郡山市)

のんびり温泉(郡山市)

Dsc09424_400_3

福島県郡山市の県道295号線から少し脇に入った、丘の上にある立寄り入浴施設です。
浴室は広々としており、大きな窓があるので明るく,開放的な雰囲気があります。 丘の上にあるので景観は良好で、安積野の田園風景を一望できます。

(つづきはこちら→よござんす日誌Rへ跳んでみる?)

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年12月 »